ママ友の情報共有の早さに恐怖

この体験談は約 3 分で読めます。

俺は夜の仕事が多い。

妻も働いていて、幼稚園の子供の行事やお迎えは俺の仕事になる事が多い。
そして、そこで人妻達と会う機会も多いと思う。

ある日、友達と飲みに行っていて、偶然隣の席に子供の母親達がいた。
向こうは4人で来ていて、結構飲んでいたみたいで、すぐに同席するように言われてしまった。
他の3人も同じ幼稚園の子供がいるみたいで、そう言われてみれば顔を見たことがあるなと思っていた。
向こうは俺のことを知っていた。
男親が迎えに来たり、行事に出たりするのは目立つらしい。
その中で、Y子が俺にやたらとくっついてきたり、話に割り込んできていた。
今思うと俺を見る目も誘うような、色っぽい目をしていた。

母親と言ってもみんな30歳前の女。
それも人妻の色気をプンプンさせた女たち。
俺も友達も乗せられていた。

帰ることになって、それぞれ別れて、しばらく歩いていると、後ろから自転車でY子が追いかけてきた。

「途中まで同じ方向ですよね、一緒に帰っていい?」
「いいですよ、一人じゃ危ないよね」

「もう私なんかじゃ大丈夫だろうけど、やっぱり怖いから」

Y子は自転車を降りて俺の隣を歩いていた。

話しながらY子を観察すると、胸元が谷間が見えるくらいの服でワンピースがミニ。
下にスパッツみたいなのを履いてたけど、かなりそそった。

「◯◯さんって若いよね」

俺はY子と目が合って、観察してるのがバレたかと思って言った。
実際若く見えていた。

「えっ~、それって服装のこと?」
「違うよ、見た目」

「そうかな、でも嬉しい、◯◯さんこそかっこいいよ」
「うそだよ」

「ほんと、幼稚園のお母さん達にも人気あるよ」
「◯◯さんは?」

ダメもとで聞いてみた。

「私もいいなぁ、って思ってましたよ」

俺はもう我慢限界。
そうやって歩きながらも体を不自然に寄せてくるY子にどうしようもなかった。

「ちょっと休んでいこうよ」

すぐ近くの小さい公園に連れこんだ。
自転車を停めたY子の手をすぐに引っ張って公園の奥に連れて行った。

「あ、えっ、だめよ」と言ってたが、ほとんど抵抗らしい抵抗もなく、1番奥のベンチに座らせた。

そしてキスをしていた。

初めは「むぅうう」と舌が逃げ回っていたが、すぐに絡めてきた。
Y子の体を触りはじめると、脱力したようになり、俺に体をもたれかけていた。
ワンピースなので下から胸まで全部捲って舐め回した。

「恥ずかしい、でも気持ちいい」

感じてくれていた。

足をベンチにあげて、黒のスパッツに黒のパンティーを脱がせて、マンコを責めまくってやると、自ら口を押さえて声を抑えながら体を硬直させながらイッタ。

「俺にも」

ズボンを下ろし、チンポをY子の顔の前に持っていった。
もうギンギンのチンポは反り返っていた。

「大きい」

手で持って舐め始めた。

「硬くて、すごい、こんなの初めて」

俺はその言葉に奮い立った。
Y子を立たせて後ろを向かせて、ベンチに手をつかせると一気に後ろから入れた。

「だめ、溢れる、きついよ、ダメダメ」

夜の公園でかなり大きな声で言われてしまった。
俺は置いていたY子のパンティーを渡して口に入れるように言った。

「だって、すごいもの、全部入れられたら壊れそうだし」
「だいじょうぶだよ」

俺は思いっきり後ろから突きまくった。
Y子は俺が手でお尻を支えてないと崩れていくくらい脱力して、何度もイッタみたいだった。
最後はY子のお尻に放出した。

「ものすごいね、こんなの初めて」
「俺もよかったよ」

「また、会ってくれる?」
「ああ」

そう言って別れた。

それからしばらくしてのことだった。
子供を幼稚園に送り、家に帰って少しだけ家事をしようかと思っていたら、Y子が走ってきた。

「こんにちは」
「ああ」

「この前のことお友達に話したら、◯◯さんの大きいモノ見たいっていう人がいるんだ」
「えっ」

俺は耳を疑った。
誰に話したんだ?

「ほら、あの人」

少し離れた所に清楚な人妻が立っていた。
顔は知っていた。
子供の送りやお迎えで見たことがある。
いつもスカートを穿いていて、清楚な感じの品のよい奥さんだ。

「今度でいいから見せてあげなよ」
「いいけど」

俺はちょっと怒っていたが、その奥さんを見て、すぐにスケベ心に火がついた。

「ねえ、見せるってことは・・・、わかってる?」
「ああ、そっちこそ誰にも言うなよな」

「ごめんね、あと3人は待ってるよ、◯◯さんの大きいモノ」

俺はゾッとした。
ちょっと考えると人妻といい関係になれるから得した気分だが、1週間くらいしか経ってないのに、もうそんなに話が回ってると思うとゾッとしてしまった。

ただ人妻好きの俺は喜ばしいと思う。