巨尻が魅力のエロOL・中編

この体験談は約 5 分で読めます。

私は朝結構早くに出社します。
早いときは朝6時くらいには出社して仕事をしています。
もちろん仕事のためだけではありませんが・・・。

その日は6時半に出社しました。
さすがに社内には私だけでした。

その数分後、「おはようございます!」とN子が出社してきました。

N子はまたパッツンパッツンのパンツスーツです。
朝から細身にあの大きなお尻を見せられては、当然僕の股間は黙ってません。
N子が近くに来たときにN子のお尻を触ります。
N子も私の股間に手を当てて擦ってきます。
スーツ上からでもさすがに感じます。
N子は手コキのテクニックも最高なんです!

我慢できなくなったN子はファスナーを開けて手を入れてちんちんを触ります。
今は僕とN子の2人だけとは言え、平日の会社ですから、いきなり誰かが出社してくる可能性はありえます。
見つかってはさすがにまずいので、「女子トイレに行こう」と、N子が言いました。
その言葉にさらに興奮して、2人で女子トイレに行き、個室(洋式)に入りました。
N子は僕のパンツを下げてちんちんを出し、唾液を付けて手コキをはじめました。
そして大きくなったちんちんを咥えました。

じゅるる、じゅぼじゅぼ、じゅるるる・・・。

これもいつものことですが、N子のフェラチオは音がすごく大きくて、気持ちいいんです。
N子は我慢できなくなったのか、一度ちんちんから口を離すと、自分のパンツスーツとパンストを膝まで下げました。
今日のN子のパンティは、綿素材のピンクのローライズでした。
N子はまたしゃがんで僕のちんちんを咥えました。
手を使わずに、口の動作だけでフェラをしながら器用に左手でパンティをずらし、右手で自分のおまんこを弄り始めました。

じょぼぼ、じゅるじゅる・・・。

N子「あぁん、あん、(じゅるじゅる)、おちんちん美味しい。ねぇ気持ちいい?」

僕が、「気持ちいいよ、N子」と言うと、N子はさらにフェラを激しくしました。

我慢できなくなったN子はちんちんを離して僕を洋式の便座に座らせました。
そしてN子はパンティも全部脱いで僕の上に乗り、自らちんちんを挿入しました。
僕は下から突き上げました。
会社のトイレなので小さな声で喘いでいました。
声を我慢しているN子がエロ可愛くて、思いっきり舌から突きまくりました。

僕「あぁイキそう、出そうだよ」

N子は僕に抱きつきながら耳元で、「いいよ、出して。あたしのおまんこの中にそのまま出しして」と言いました。

僕はN子の中に大量の精子を出しました。
ちんちんを抜くときのN子はおまんこに手を当てて、中出しされた精子がこぼれないようにしてました。
そしておまんこから出てきた精子を自分の手のひらに出して、美味しそうに飲みました。
その後で僕のちんちんをフェラで綺麗にしてくれました。
2人で服を整えると、「また今夜ね」と言ってN子はトイレを後にしました。

その夜、仕事が終わったあとでN子と待ち合わせしました。
今日はN子の車に乗りました。
乗るとすぐにN子は車内で私のちんちんを触り始め、ズボンとパンツを脱がせました。
運転中もN子は助手席から身体を寄せてフェラをしてくれました。
N子にドラフェラしてもらいながら、僕は車をある公園に向かわせました。
夜は人気がなく、周りに家もありません。
ちょっとした資料館と公衆トイレがあるくらいです。

僕は車を公園の駐車場に停めました。
N子はフェラから手コキに変え・・・。

N子「ねぇ、今日はあそこのトイレでセックスしよ、もう我慢できないの。でもその前にあたしも気持ちよくなりたいから、あそこのベンチであたしのも舐めて」と言いました。

この時期は外は冷えますが、そんなのお構いなしです。
N子はパンツスーツとパンティを膝まで下ろすとベンチの上で四つん這いになり、「後ろから舐めて」と言いました。
野外で露出されたN子の大きなお尻に我慢できず、後ろから舐めまくりました。
しばらくして仰向けに寝かせ、足からパンティを抜き取ると、股を広げてN子のおまんこを舐めまくりました。
N子は潮を撒き散らしてイキました。
N子の潮でベンチはビショビショ、ベンチ下のアスファルトにも潮がこぼれるほどでした。

N子「今度はおちんちんをあたしのおまんこに入れて」

N子と資料館の横にある公衆トイレに行きました。
トイレは和式だったので、立ちバックで挿入することにしました。
もう後は家に帰るだけなので、「パンティを穿いたままでしよ」とN子は言いました。
僕はN子のピンクのパンティをずらして、立ちバックで突きまくりました。
N子は朝と違い、「あん、あぁん、気持ちいい、ちんちん入ってるよ~、おちんちん気持ちいいよ~」とトイレの中で叫び狂いました。
誰も来ないとわかっているので、大声を出してもお構いなしです。
僕は僕で、N子の大きなお尻を叩きながらガンガンちんちんで突きまくり。

N子「ねぇ、我慢できないよ、さっきのベンチのところでしよう」

トイレから出て、本格的に野外セックスをすることにしました。
N子は一刻も早く入れたいらしく、アスファルトに寝転ぶと、「正常位で入れて」と言いました。
僕も我慢できず、N子のピンクのパンティをずらそうとしました。
N子のパンティは愛液で濡れていました。
特にクロッチ部分の染みはすごかったです。
とにかく、その日のN子のおまんこはすごいことになってました。

僕「N子のおまんこ、濡れまくりだよ」

N子「だって気持ちいいんだもん、興奮してくれてる?」

僕「もちろんだよ」

N子に再びちんちんを入れました。
パンティをずらして挿入すると・・・。

N子「気持ちいい、気持ちいいよ。あぁんあんあん、おちんちん気持ちいい。もっともっと突いて!」

そう言いながらおまんこでちんちんを締め付けてきます。
生挿入ですので気持ちよさも抜群でした。

僕「あぁ、N子、イキそうだよ、出そうだよ」

N子「いいよ、またあたしのおまんこに中出しして。いっぱい出して。あたしのおまんこで搾りとってあげるからいっぱい出して!」

淫乱なことを言います。

僕「あぁ、イク!イク!N子イクよ、中で出すよー!」

N子「あぁん、いいよ!出して、あたしの中でイッて!いっぱい出してー!」

お互いに叫び、喘ぎ、僕はガンガン突いてN子の中で出しました。
出した後はいつもの通り、N子のパンティが戻ってクロッチ部分には中出しした精子が出てきます。
N子のピンクの綿のパンティは、潮と愛液と精子でぐちょぐちょです。
N子にちんちんをフェラ掃除してもらうと、N子はいつものようにおまんこから出てきた精子を指ですくって飲んでいました。

ちなみにN子の彼氏は淡白な男らしく、このような変態的なセックスはしてくれないため、僕となら毎日でもしたいようです。
僕はN子にあることを聞きました。

僕「お尻の穴に入れたことはあるの?」

N子「ないよ。お尻は怖くて入れたことないの。でも興味はあるかも」

僕「じゃあ今度アナルセックスしてみない?」

N子「うん、いいよ。あたしのお尻に入れて。あたしの大きなお尻に入れるの、興奮してくれる?」

僕「もちろんだよ、N子のお尻は最高だから」

今度はアナルセックスにも挑戦する予定です。
N子は胸もAカップだし顔も可愛いほうではないのですが、細身なのにお尻だけ特別大きな、僕にとっては最高の女です。

<続く>