CカップがFカップに育ってた大学の後輩と

この体験談は約 4 分で読めます。

今年、俺は後輩の結衣に電話をしてみた。
2年間会っていなかったので、電話番号が変わってたらもう終わりだって思っていた。
しかし繋がった!!

結衣「もしもし。はい、◯◯(苗字)です」

オレ「・・・久しぶり・・・◯◯です」

結衣「え?◯◯先輩?!」

オレ「久しぶりだね」

結衣「そうですね・・・どうしたんですか?」

オレ「久々にこっちに帰ってきたんだけど、今からどっか行かない?」

結衣「いいですよ!」

オレ「じゃ、△△駅でいい?」

結衣「わかりました」

結衣は大学の頃に知り合った後輩。
学部も同じで、よくテストの時に過去問をあげたりとか情報交換をしていた。
卒業してから、なんとなく疎遠になっていた。
結衣と待ち合わせした△△駅に着いた。

(どこにいるかな?)

俺はもう一度、結衣に電話した。

結衣「もしもし・・・◯◯です」

オレ「今、どこにいる?」

すると急に目隠しをされた。

結衣「先輩・・・」

なんてベタなやり方なんだ(笑)

結衣「お久しぶりです」

オレ「変わってないな、結衣」

結衣「これでも大人になったんですよ!」

オレ「その目隠しのやり方、変わってないからな?」

結衣「先輩こそ変わってないです」

オレ「しばらく会ってないのに?」

結衣「ちょっとは変わったかも・・・2年間って長かったですよ」

オレ「そうだな・・・結衣も就職したの?」

結衣「はい!おかげさまで来年から社会人です!」

オレ「そっか?良かった良かった」

結衣「先輩、ところで突然、どうしたんですか?」

オレ「結衣に会いたいなって」

結衣「私も・・・。先輩、卒業してった後、連絡が途絶えてて・・・」

オレ「ごめん。でも電話番号が変わってなくて良かったよ」

結衣「はい」

オレ「じゃあ。久しぶりに飲みにでも行くか?」

結衣「賛成!」

俺はその日、結衣と一緒に繁華街に出て飲むことにした。

結衣「先輩、お酒強いから、ついていけるか不安です」

オレ「無理だけはするなよ」

結衣「オッケーです!」

結衣のおっぱいが初めて会ったときよりも大きくなっていた。

結衣「先輩って、あれから彼女とかできたんですか?」

オレ「できねぇよ、田舎だから、そもそも若い女の子がいないし」

結衣「そうなんですか?1人で寂しくないですか?」

オレ「鋭いところを突いてくるな」

結衣「まあ、私もいないですけどね」

オレ「そっか、でも付き合ったことはあるんでしょ?」

結衣「先輩が卒業してから彼氏ができたけど、すぐに別れました」

オレ「どうしてまた?」

結衣「『エッチさせろ』ってばっかりだったから」

オレ「それで何て言ったの?」

結衣「『体が目的ならサヨウナラ』って(笑)」

オレ「で、どうなった?」

結衣「謝ってきたんですけど、すぐに連絡先を変えました」

オレ「LINEはブロック?」

結衣「もちろん!」

オレ「そっか。辛かったな」

結衣「それ以来。まあそういう男子って一部ですけど、嫌いです」

オレ「確かに、そういうやつは同性の俺でも嫌だな」

結衣「・・・先輩とならいいですよ」

オレ「え?」

思わず俺は頭を傾げた。

結衣「先輩とエッチならしてもいいかなって」

オレ「またそんなこと言って?・・・昔を思い出すな」

結衣「オープンスクールのときに、まさか先輩にキスされるとは・・・(笑)」

結衣と初めて会った日のことだ。
誰も来ないだろう非常階段で、俺はキスをした。

オレ「そんなこともあったな」

結衣「あのときから私、変わったと思いませんか?」

オレ「おっぱいが大きくなった」

結衣「あっ!先輩のエッチ!」

オレ「実際、そうじゃん」

結衣「気づかれちゃった」

オレ「で、何カップ?」

結衣「Fです」

初めて会ったときはCカップくらいしかなかった女の子が巨乳になってることに興奮した。

オレ「おっきいな!俺の好みだわ」

結衣「じゃあ後輩を抱きますか?」

結衣が真剣な顔でストレートに言ってきた。

オレ「抱きたい、かな」

結衣「先輩に私の初めてを奪って欲しい」

オレ「いいよ」

店を出て、ラブホに向かった。

結衣「先輩・・・」

オレ「ん?どうした?」

結衣「先輩とエッチするって思ったら、もうあそこが・・・」

ラブホに入る前から結衣のオマンコは湿っていた。

オレ「処女なのにこんなに興奮しているの?」

結衣「先輩・・・早く脱がせて・・・」

部屋まで待ちきれず、エレベーターの中で結衣のパンツを脱がした。

結衣「先輩・・・結衣のこと好きにして」

オレ「結衣・・・」

部屋に入るなりベッドへと向かった。

結衣「先輩・・・私のこと、今日は好きにしてください」

オレ「じゃあ結衣、全部服脱いで」

結衣「はい・・・」

結衣は一枚一枚、丁寧に脱ぎ始めた。

オレ「いいおっぱいだね、おっきいし綺麗だよ」

結衣「先輩のも見たいです」

オレ「じゃあ脱がせて」

結衣「もうこんなに大きくなってます」

オレ「結衣を見たらこうなっちゃった」

結衣「先輩、舐めさせてください」

オレ「いいよ。あと、そのおっぱいで挟んでくれる?」

結衣「わかりました」

結衣はフェラとパイズリをしてくれた。

オレ「じゃあ結衣のことも気持ち良くしてあげるからね」

舌を絡ませながらキスをして、そのまま結衣のオマンコに指を入れた。
結衣は潮を吹きながら、俺のチンコを求めてきた。

オレ「今、結衣のオマンコに入れてあげるからね」

結衣「アッ・・・あっ・・・うん・・・先輩のが中に来る」

初めてにしてはそんなに痛くないようで、バックや騎乗位もした。

オレ「あっ・・・結衣、イク!イク!」

結衣「あっ・・・あん・・・先輩・・・あっ・・・先輩の好きなとこに出してください」

俺は結衣のおっぱいに出した。
そして俺は結衣とチェックアウトまで4回エッチをして、翌朝2人で帰った。
来年、結衣が就職して実家を出たら、2人で同棲を始める予定だ。