眠っていた淫乱な血を呼び覚ましてくれた娘の家庭教師

この体験談は約 5 分で読めます。

関東在住の主婦です。
女優の中谷美紀さんに若干似てると言われます。
20歳で結婚して以来9年間、真面目に主婦をして、それなりに夫に尽くしてきました。
しかし、8歳になる娘の家庭教師が、私の中に眠っていた淫乱な血を呼び起こすことになってしまいました。

彼は、夫の仕事先の知り合いの息子さんで大学2年生。
今どきの青年にしては礼儀正しく爽やかで、大学でも体育会系のクラブで活躍している文武両道のスポーツマン。
真っ黒に日焼けしてて、全く贅肉のない均整の取れた体つきをしていました。
決して二枚目ではないけど、絵に描いたような好青年でした。
週に2度の授業をお願いしていますが、とても丁寧で面白く教えてくれるので、娘も彼が来る日をとても楽しみにしておりました。

彼は1人暮らしだったので、授業が終わった後に食事を出すようになったのも自然な流れでした。
夫は月の半分以上は出張で家を空けるので、私たち母娘にとっても男の人が家にいてくれるのは好都合でしたし、夫もそのことに賛成してくれました。

彼は私の料理を「すごく美味いっす」と言って、いつもたくさん食べてくれます。
私は父親以外の男性がいない家庭環境で育ち、若い男性が家で食事をする機会など今までなかったので、年頃の、しかもスポーツマンの彼の食欲にはいささか驚きました。
まるでおひつの底まで食べてしまうような食欲。
ただ、そんな彼がとても可愛くて、嬉しく感じていたのも事実です。
それに、ただたくさん食べるだけでなく、出されたものをすべて綺麗に食べて、食べ方も箸の使い方もきちんとしてるんです。

(あー、この子はちゃんとした家庭で育てられたんだなぁ)

そんなことも、さらに好印象でした。

そんな彼が、食事のとき、台所で後片付けをしているとき、帰る際など、私の体をじっと見つめているのに気がつきました。
それまで彼に全く男性を感じていなかった私にとって少々驚きであると同時に、嬉しいような、少し困ったような複雑な感情を持ちました。
でも、後からゆっくり自分を見つめてみると、嬉しいというのが素直な気持ちだったと思います。
最初は思い過ごしかなとも思いましたが、やはりそうではないことにやがて気がついていきました。

私の初体験は高校時代でした。
相手は学校の教師で、20歳も年が離れておりました。
大学時代にお付き合いしていたのはバイト先の店長さんです。
彼ともやはり、ひと回り以上年上の男性でした。
やがて友人の紹介で、ひと回り年上の今の夫を紹介してもらい結婚しました。

そう、私はファザコンの気があり、年齢が少しぐらい上ではまったく男を感じません。
ましてや年下の男性など眼中にありませんでした。
そんな私が彼に男を感じたことに、自分なりに違和感と戸惑いを覚えてもいました。

私はある日、思い切って胸が少し開いたブラウスに、かなり短めのスカートを穿いて彼を迎えてみました。
玄関に入った彼が一瞬、驚きの表情を見せました。
食事の用意をしているとき、テーブルに座っている彼に、わざと前屈みになって料理を運びました。
胸元に彼の視線を強く感じます。
後ろを向けば、彼が私のお尻を見ているような気がしました。

この日、彼が私に女を感じていると確信をしました。
と同時に、私も彼を1人の男として意識したのです。

彼にじっと見つめられただけなのに、その夜は寝付かれず、何度もオナニーをしました。
もちろん彼に抱かれる、いえ、彼を抱く場面を想像しながら・・・。

それ以来、夫が出張で家を空けているときの私の露出度は、格段に高くなっていきました。
さらには、会話の途中で彼の体に何気なく触れてみたりすることも多くなり、彼が帰った後、必ずオナニーをするのも半ば習慣のようになっていったのです。
その気持ちが抑えられずに、ついに私は彼と体を重ねる決心をしました。

(どうすれば彼と自然な流れの中で男と女の関係になれるか?)

色んなシチュエーションを考えました。
そして実行に移しました。

夏休みを使って娘を私の実家に帰し、私と2人きりになるのです。
いつもなら娘と一緒に帰るですが、その日はOL時代の友人と会うということにして、娘だけを先に実家に送ります。
本来ならその日は授業がある日です。
彼には娘がいないことは告げず、いつもと同じように家に来てもらいます。
そして、私のうっかりミスで娘がいないのを伝え忘れたことを詫びて、せっかくだから食事だけでもと、家に上がってもらう・・・。

彼と2人きりでの食事はドキドキして何を話したかあまり覚えてません。
いつもはお酒は出さないのですが、この日は特別ということにして、2人でビールやワインを飲みながら楽しい時間を過ごしました。
食事の後、2人でソファーに移りました。
最初は別々のソファーに座っていましたが、携帯を見せてもらう口実で彼の隣に座り、だんだんと彼との距離を近づいていったのです。
そのプロセスだけで、濡れていく自分をはっきりと自覚しました。

会話が途切れ、どちらからともなく唇が合わさりました。
そして彼が、「最初に会ったときからずっと好きだった」と告白をしてきたのです。
その言葉を聞いた途端、私の感情は抑えきれなくなりました。
自分から彼に覆いかぶさり、激しくキスをしました。

何度もキスをした後、彼の膝元に跪き、彼のジーンズ下ろして、トランクスの上からすでに大きく反応している下半身を弄り、そしてトランクスを下ろしました。
それは今まで経験した誰よりも大きく、硬く、熱いモノでした。
そして綺麗なピンク色でした。
私はどんどん濡れていきました。
気づくと夢中になって口に含んだり、舌で舐めたり、頬ずりをしていました。
彼が切なそうに声を出します。

「もう、だめです。イキそうです」

そう言って私の口から逃げようとします。

「いいのよ。このまま出して」

その直後、彼の精液を口で受け止め、飲みました。
若い男性の精液って、こんなにも多くて濃厚なのかと感動しました。
口の中で何度も波を打つように射精するのです。

次は彼が私をソファーに押し倒し、凄い勢いでシャツを上げてブラもたくし上げ、いつもより感じやすくなっている乳首に吸い付いてきました。
乳首を吸われ、もう片方の胸を揉まれただけで絶頂に達しました。
さらにスカートをたくし上げ、下着を下ろされました。
下着が私の恥ずかしい部分から離れるとき、幾重にも愛液が糸を引いていました。
きっと下着には大きなしみが出来ていたと思います。

彼は私の両ももを自分の肩に乗せ、まるでむしゃぶりつくように舐めています。
私も彼の頭を押さえながら彼の髪を掻き毟って、大きな声で反応しました。
やがて、すでに大きく回復している下半身で一気に奥まで貫かれました。
膣の中を広げるように圧迫するように彼のモノが入ってきて、子宮を突いてきます。
私は誰もいない家の中で遠慮なく大きな声を出し、自ら腰を振って彼のモノを擦り付けました。
何度も絶頂を迎えました。
そして彼も・・・。

彼「もうイキそうです。イッてもいいですか?」

私「いいのよ。そのまま中に頂戴」

彼「えっ?」

私「大丈夫な日だから。いいの。そのまま来て」

一瞬彼のモノが大きくなった感じがして、中で果てました。

彼は終わった後、何度も何度もキスをしてくれます。
主人なんて、セックスが終われば、いえセックスの前だって、最近はキスもしてくれません。
果てた後も私を求めてくれる彼のことを、私はますます愛しく思いました。