合法店だったのか裏風俗だったのか?

この体験談は約 4 分で読めます。

俺の初体験も語らせてくれ。

30歳超えて未だ童貞だった俺はさすがに焦っていた。
ちんこの立ちが鈍くなっていることも焦る要因だった。
オナホも色々試した。
とにかくもう慢性的なオナニーでは、気持ちよくても心が満足しなかった。

このままでは、いずれ犯罪を犯してしまうかもしれない・・・。
気が狂いそうだった。
普通に働いているので、お金がないわけじゃない。
だけど、そういう店に行く勇気がなかった。

だけど、ついに意を決してソープに行くことに決めた。
電話予約なんて怖くてできなかったら飛び込みで。

(もう誰でもいいから俺の童貞を奪ってくれー!)

そんな気持ち。

(今度の土日のどっちかに必ず行こう)

俺はそう思って布団に入ったが、まったく寝れなかった。
どうにか寝ようとするが緊張のあまり眠れない。
お酒は立ちが悪くなるという知識はあったが、とりあえず飲んで無理やり寝た。

が、それでも朝6時に目が覚めた。

(うーん、でも冷静に考えたら、ソープって早朝からやっている店も多いよね)

と、思い直して家を出る。
少しお酒も残っていたので、ちょっと気が大きくなってた。

吉原に行きたかったけど、よくわかんなかったのでとりあえず新宿に。
新宿って言えば歌舞伎町ってイメージ。
とりあえずソープのある場所まで歩くことにした。
しかしさすがは歌舞伎町。
早朝だというのに客引きがいる。
1人目は無視した。
そしてとりあえずこの店に入ろうと思っていたソープが見えてきた。

しかし、ここで事態は急変した。
2人目の客引きだ!
断ろうとした。
しかし、「セックスできるよ、お兄ちゃん!」という言葉を聞き、半信半疑ながらも、それも悪くないと思ってしまった。
悪質な客引きが多いと言われる新宿だけど、お酒の力が判断力を鈍らせた。

(もういいや、このおっちゃんについて行こう)

とりあえず何もわからないまま、おっちゃんと2人で歌舞伎町を歩く。

「奥さんは心配しないかい?」と聞かれたときは、『童貞なんだから、そんなもんいねーよ!』と心の中で毒づいた。

色々とシステムらしきものを聞きながらレンタルルームへ。
そこで、「どんな子がいい?」と聞かれたが、正直もう女ならなんでも良かった。
どうせなら会話がスムーズに行けたらいいと思い、「おしゃべりで明るくて面白い子がいい」と言った。
今思えば注文が多すぎたかもしれん。
それでもも客引きのおっちゃんは、ちゃんとその注文に応じてくれた。
が、申し訳なさそうに、「すっごい若い子だけど大丈夫?」と聞いてくる。
俺も30歳のオッサンなので、熟女のほうがいいのではと勝手に判断されたらしいが、(超ウェルカムですよ!)と心の中で思いながら、「いや、全然かまわんよ」と余裕をかましておいた。

レンタルルームの中でお金を払って待つことに。
そこに現れたのは・・・。
すっごいピチピチで若々しいギャル!
すごく明るくて、外見も中ぐらいなので、当たりといえば当たりだろう。

さっそくシャワーを一緒に浴びる。
股間を洗ってもらった時点ですでに半起ち。
その後、フェラをしてもらう。

(って、生フェラですか!おおぅ、童貞で生フェラって、ちょっといきなりハードル高くないですか!)

などと思いつつも堪能。
そして攻守交替。

「舐めてね」と言われて初クンニ。

嫌な匂いはなかった、そして今思うと軽い味わい。
臭マンではなかったのでほっとしつつ、(さて、こっからどうやって攻めたらいいんだ?)と思いながら、AVプレイをマイルドにしたような感じで攻めてみた。

女の子の息遣いが変わってきた。
とりあえずむしゃぶりついてみる。
単調な攻めだろうかと不安になったので、手でクリとかも弄ってみる。
意外とどうにかなるもんだ。
いい感じで濡れてきて、「そろそろいいよ」と言われる。
しかし俺は、自分が童貞だということを伝えられなかった。
というか、言える雰囲気でもなかった。
だから、「セックスは下手くそだから」というひどい前置きをした上でゴムを探した。
が、またまた衝撃の一言が俺を襲った。

「生でいいよ」

(ええええ、生!?)

明らかに狼狽する俺。
女の子は勘違いして、「病気はないよ。検査もマメに受けているから大丈夫」と。

(そうじゃない!俺は童貞・・・)

腹を括った。
最悪エイズでもいい、ヤッて死ねるんなら本望だ!
と、初めてなのに生挿入。

(おおおぅ、温い・・・気持ちいい・・・)

とりあえず腰を動かす。
が、動かしているうちに疲れてくる。
だって、童貞だもの。
疲れてきたので、「ごめん、体位変えていい?」と聞くと、「騎乗位以外なら」とのお言葉。

(俺、楽できないじゃないか・・・)

仕方がないのでバックで突いてみる。
が、これも疲れるね・・・。
しかも、していて思った。

(俺、遅漏かもしれない)

オナホに慣れすぎたせいなのか、感動の生まんこのはずなのに、快感が薄い・・・。
そして疲れもピークになり、中折れ・・・。

「わ、悪いけど、もう1回フェラしてくれる?」

申し訳ないながらも、図々しいお願いをする。
文句も言わずフェラしてくれたこの子はなんていい子なんだぁと思いつつ復活。
そして、もう高速で腰を動かさないと、いつまで経ってもイケないぞと思い、腰を一心不乱に振りまくった。
続けてたら、いきなり彼女の膣が凄まじくキュゥーと締まった。
女の子がイッたらしい。
が、その時の俺はそうとは知らず、腰の動きをやめない。
またまた体位を変えてバックで突きまくる。
そろそろイキそうだ。

「さすがに中はマズイよね?」

それはさすがにだめだったので、抜いて大量のザーメンをお尻の上にぶちまけた。
こうして戦いは終わった。

シャワーを浴びて、残り時間は約10分。
ピロートークとは程遠いが、ゆるい会話もした。

「肌がすべすべだね」と言ったら、まだ10代とのこと。

若いにも程があるだろ!
自分からは込み入った話は聞かないようにしようと思ってたけど、なんと家はなく、漫喫で生活しているとのこと。
もしかして家出少・・10代って、じゅう何歳のこと・・・。
これ以上は知らない、わからない。
俺は深入りせんぞ!
そんな感じで時間となって、その子と別れたのでした。

まさか裏風俗ってことはないよね・・・。