処女説が囁かれる美人女教師を物にしたくて

この体験談は約 4 分で読めます。

俺の名は学(まなぶ・仮名)。
最近、スポーツの盛んな某県立高校に転入してサッカー部に入ってる。
軽く自慢だが、とにかく俺はモテる。
モテ過ぎて俺様状態。

だってさ、親父の仕事の関係で中学までニューヨークで暮らしてたから英語はペラペラ。
サッカーの才能もブラジルに1年サッカー留学したほどの本格派。
日本に帰国して高校に入ったが、180センチのガタイでキックボクシングもかじってた俺のこと、あっという間に某暴走族の頭にのし上がった。

おまけにワイルド系イケメンだし、これでモテないわけがない。
こんな田舎高校の純朴な女子生徒なんか食い放題。
ちょいと抱き寄せて、「な?いいだろ?」と囁くだけで大抵の女生徒はうっとりと上気して股を開く。
これじゃあ尊大な俺様野郎にもなろうってもんだ。

だけど最近、さすがにイモっぽい小娘の初物食いにも飽きてきた。
なんか新鮮味のある変わった物を食ってみたくなったんだよ。
そこで目に付いたのが英語の亜希子先生。
聞けば先生は35歳で独身だそうだが、天海祐希似の気品のある顔立ちと、細身だが出るとこ出てるスタイルは年齢を感じさせないどころか非常にそそる。
嘘か誠か、この歳で男性経験なしという噂もある。
ならばなおさら物にしたい。

亜希子先生は放課後、なぜか職員室よりも自分の担任する3階にある教室で小テストなどの採点をしてることが多い。
それに部活が盛んな学校だから放課後はみんな部室に直行で、教室にいるヤツなんか誰もいない。
だから決行した。

ある放課後。
案の定、亜希子先生は何かの採点をしていた。
もちろん生徒は誰もいない。

「やあ、亜希子先生」

「あら、あなたは確か・・・学君だったっけ?部活はどうしたの?」

「ああ、ちょっと腹筋を痛めて今日は休み。酷く痛むんだ。ちょっと見てくれない?」

俺は亜希子先生に近づくと先生の手を取り、有無を言わせずズボンの中へ入れさせ、すでに半勃ち状態で上向きになってるオチンチンを触らせた。
突然のことに呆気に取られていた先生は我に返り、手を引き抜いて叫んだ。

「や、やめて!一体なんのつもりよ!大声出すわよ!」

「別にいいよ。叫んでも誰も来ないし」

そう言うなり俺はおもむろに制服を脱いで全裸になると先生に迫っていった。
先生は俺の全裸、特に初めて見るであろう性欲を漲らせた天を突くチンポに狼狽えてドアの方へ逃げようとするが、俺は先生の両肩を掴んで教卓の方へ引き戻した。
そしてそのまま教卓の上に乗せるように押し倒す。

「先生、いいモノやるからな!気持ちいいぜ。きっと好きになるぜ。これからは俺を見る度に欲しくなるから」

「いや!いや~!お願いやめて!いやぁ~!」

叫ぶ先生にかまわずに俺は先生の頭上で両手首を掴んで抵抗を封じ、先生の綺麗なシルクのブラウスに手を掛けた。
ブチブチとボタンが千切れ飛び、左右に大きく開かれてしまったブラウスの中から純白のブラジャーに包まれた胸元が露わになった。

「いや~!」

羞恥心から上気したのか、顔と体が桜色に染まってゆく。
俺はそのブラジャーの真ん中に手をかけると一気にむしり取った。
ブラが左右に引き裂かれ、小振りだが仰向けでもしっかりとお椀型を保つ美乳が露わになった。
薄小豆色の乳首に吸い付きたいが、今はそんな余裕はない。

「いやあ~!」

大きく叫ぶ亜希子先生。
次に俺は先生のセミロングの巻きスカートの中のパンティーに手を掛ける。

(ん?これはガードルか・・・)と気付いたが、容赦なくむしり取った。

「いや!いや!いやあ~!!」

一際大きく泣き叫ぶ亜希子先生。
次に俺はあの噂を確かめるべく、先生の濡れてない割れ目をかき分け、膣口に指を這わせた。

(ビンゴ!)

やっぱり噂通りの処女だった。
指先に明らかな環状処女膜の存在を確認した俺は、「そう固くなるなって。初めは痛くてもすぐに良くなるさ。そしたら天国だぜ」と声を掛ける。
すると先生は最後の力を振り絞って抵抗を試みてきた。
だが呆気なく俺に押さえ込まれ、観念したのか大人しくなった。

(よし、今だ!)

俺は片手で先生の両手首を頭上に固定すると、エレクトしたチンポの先っぽを膣口に当てて狙いを定めた。
そして先生の頭を押さえ付けるように体を引き寄せる、一気に挿入した。
挿入の一瞬・・・処女膜の押し広がる感触の後に、ブッ、ブチッという鈍い感触がして、一気にチンポが吸い込まれていった。

「あうっ!!」

そして間髪入れず、「ああああ~ッ!!痛ああああぁ~い!!!」と処女喪失のもの凄い絶叫!
やはり35年間も守り通してきた処女膜は硬くなっていたのだろうか。
数ヶ所が破れたと思われ、相当な激痛だったのだろう。
初物食いは飽きるほどしてきた俺だけど、こんな絶叫は初めて聞いた。
だが鬼畜な俺は躊躇なく動かし始める。
濡れてないのでチンポの皮が突っ張るのが気になるが、このシチュエーションと処女の締めつけ・・・それは最高の快感に昇華された。

「うっ、うぐうっ、お願い、やめて!血が出てる!」

急に滑りが良くなった原因が破られた処女膜からの出血だと悟ったのか、先生は泣きながら訴えてきた。

「うるせえよ!」

俺はそんな訴えを無視してさらに荒々しく奥深くまで貫き突き上げた。

「うぐっ、あああっ!」

そんな俺の動きの全てが潤っていない処女の膣には負担となり激痛となって股間を襲うのか、先生は悲鳴を上げ続けている。

「やめて!お願い、やめて!やめて!・・・」

号泣しながら訴え続ける亜希子先生。
あまりの快感と興奮に、さすがの俺も速攻で果てた。
俺は真っ赤な血に染まったチンポをハンカチで拭くと、教卓の上で号泣したまま横たわる先生をそのままにして教室を後にした。