田舎のどスケベ娘と生セックス

この体験談は約 4 分で読めます。

<スペック>
俺:30代後半、小柄、痩せ型。
顔は東野幸治。

相手:18歳、身長168センチくらい、ムチムチのスポーツ娘。
顔は、クラスで8番くらいの可愛さ。

大学を出たてだった俺はフリーター状態だった。
バイト以外では特に打ち込むものもなく、出会い系で女を漁るのが趣味と化していた。
出会い系にはそこそこ学生時代からはまってた。
初めの1年はサクラに騙されてすっぽかしを食らうこともあった。
が、あとは手慣れたもの。
サクラを嗅ぎ分け、若い娘やら熟女やらを食いまくった。

当時、まだ車どころか免許もなかった。
だから待ち合わせにはマウンテンバイクや原付で駆け付けてた。
で、タクシーで来たことにしてた(笑)

で、繋がったのが、その女。
顔は篠田麻里子が一重まぶたになった感じ。
カラダは全盛期の藤原紀香だな
ところが、篠田が住んでいる所は、俺の町から100キロ以上離れた田舎町だった。
会うことは不可能に近い。
仕方なく、初めの頃はエロ話をしながらテレホンセックスをしていた。

篠田は高校を卒業したての暇っ子だった。
あとで判明したが、田舎の不動産屋の娘だった。

そして、ついに転機が訪れた。
篠田が俺の住んでる町に遊びに来ることになった。
で、夜中に会うことになった。
俺はもちろん原付で30分かけて会いに行った。

夜中に初顔合わせ。
海辺のラブホにGO!

話を聞くと素朴で天然な篠田は、エッチは経験済みのようだ。
たぶん、相手は出会い系で知り合った男だろう。
しかし、まだまだ覚えたての小娘。
さっそく嬉しい一言が来た。

篠田「東野さんに色々教えてもらいたい」

さらに嬉しいことに、篠田のブラとパンツはレースの入った青だった。
JK卒の女は、普通はこんなの着けない。
下手くそなアニマル柄とか小悪魔なツルツル素材がいいとこだ。
そんな一般的な下着で、この俺が燃えるはずがない。

(青・・・)

テレホンセックス中に冗談半分でリクエストしたやつだ。
まずはフェラしてもらった。
ほとんど未経験のはずなのに、普通に上手い。

篠田「ビンで練習したの」

JK卒がビンでフェラの練習。
脳の裏に静かな雷が落ちる。
で、そのあとのエッチの激しいこと激しいこと。
クラスで8番目に可愛い素朴で天然な篠田麻里子がイキまくるのだ。

篠田「んんっ、はあっ、あっ」

声を詰まらせ、声を殺そうとしても我慢できず、最後は吠えるようにして・・・。

篠田「くっ~~!」

俺は遅漏なので30分はピストンできる。
その間、篠田はずっとイキまくるのだ。

俺「イクときは言えよ」

篠田「うん。あっ、あっ、いっ、イッちゃう!イクっ」

俺「イッたのか?」

篠田「・・・うん」

俺「いやらしやつめ。何回目だ」

篠田「わ、分かんない」

俺「ん?5回目だろ!おらおら」

篠田「あ、ん、ふ、は、あっ、またイク!っ~~」

俺「これで6回!」

以上、30回は繰り返した。
俺も若かった。
さんざんピストンして、最後はゴムに発射。
朝を迎え、近くのコンビニでおにぎりを買って、2人で海辺で食べた。
その日は、確かそれで終了。

また後日、会うことになった。
あまりにも激しくやったので、篠田はまた俺とやりたくなったようだ。

篠田「東野さんのチソポすごかった。あんなになったことなかった」

俺「またやる?」

篠田「うん!」

俺は今度は大人に振る舞おうと、バーで酔わせてからセックスに持ち込むことにした。
今考えると、必要なかった出費かもしれない。
でも、篠田が恋愛の対象に入ってたのだと思う。
何度か顔を出していたジャズバーに行き、話をして、適当に飲んだところで店を出る。
マスターが帰り際に手品を見せてくれて、篠田は素直に感動してた。

さて、ここからがお楽しみタイム。
ホテルでは、また激しいプレイが始まった。
イカせて、イカせて、これでもかとイカせる。
極度の遅漏のため、セックスで相手を疲れさせてしまい、「もう疲れた」「痛くなってきた」「まだイカないの?」「もうやめて」と言われたこと数多。
激しい腰の動きに汗もかくかく。
汗かき選手権があれば県大会レベルだろう。
正常位から篠田の足を肩に担ぎ、中をえぐるようにピストンピストン。

篠田「東野さん、まだイカないの?」

俺「うん、遅漏なんだよね。ゴム外したらイクと思うけど」

篠田「えぇ、それは・・・じゃあ、ちょっとだけよ」

キター!

「ちょっとだけよ」の意味はよくわからないが・・・、今までの経験上、この流れになってナマセックスになる確率は95パーセントだ。
日頃の身だしなみがきちんとしてて清潔感があれば、中に出さない約束さえ信じてもらえれば、ゴムの壁は崩壊する。
で、最後の追い込みタイム。

俺「どうや、気持ちいいか、ナマ?」

篠田「うん」

俺「『東野さんのチンポ気持ちいい』って言え!」

篠田「気持ちいい!東野さんのチンポ気持ちいい!」

そして目論見通り、中にフィニッシュ。
力を使い果たし、2人は落ちるように眠りに就いた。