ライブチャットの相手は息子の塾講師だった

この体験談は約 4 分で読めます。

俺は50代、息子(中学3年生)が、某有名進学塾に通っています。
高校受験を控えて、親とすれば、すがる思いで通わせています。
そこの進学塾は男性教師8名、女性講師3名で、クラスは小人数制をとっており、熱心に授業をしてくれています。

先日、全体の保護者会があり、その後、個別面談がありました。
息子は3教科を受講しており、それぞれ担当講師から授業の進捗状況が説明され、今のところ概ね問題はないと言われたのでやや安堵しました。

担当講師の中には、真弓先生(38歳、既婚)と泉先生(46歳、既婚)もいました。
正直2人とも美人で、息子の担当講師というよりは、性の対象として見ている自分がいました。

俺は仕事柄外回りに出ることが多く、たまに出会い系サイトを利用しています。
そうは言っても、インするのは平日の午前中が多く、時間もそんなにはできません。
ビデオボックスに入り、プリペイドカードを買って、そのポイント分だけ会話するというものです。

この前に会話した女性で、俺は顔を出さず声だけ、相手の女性は顔は下半分映して、明らかに自宅とわかる部屋からのチャットでした。
夜の仕事をやっていて、午前中はこのサイトに参加しているとのことでした。
しかし女性の後ろに少しだけ映っている本棚の中に、息子が通っている塾の資料があるのが見えました。

(この人・・・もしかして?)と思いつつも、ポイントがなくなってきたので一か八か、「泉先生ですよね?」と言ったら、突然回線が切れてしまいました。

数日して、泉先生から電話がかかってきました。

「折り入ってお話したいことが・・・」

(なんで俺だとわかったんだろ?)

不思議に思いながらも、指定された日に塾に行きました。

談話室に通されました。
平日の昼過ぎということで、塾そのものが閑散としていました。
部屋は真ん中にテーブル、壁側にソファーが置いてある程度でこぢんまりとしています。
これから授業があるのか、泉先生は白のブラウスにタイトスカートといった凛とした女性講師の服装です。

「実は・・・、先日のことで・・・」

「先日の件?何かありましたか?」

あえてとぼけてみました。

「あのぉ、サイトのことです」
「えっ?ああ、この前の・・・じゃあやっぱり泉先生だったんですね」

「雰囲気が・・・◯◯君のお父さんに似てるな~って」
「大丈夫ですよ・・・誰だって秘密の空間は持ちたいですからね。息子が言ってましたよ、『泉先生、最近なんだか元気がないみたい』って」

「えっ、そうなんですか?」
「大丈夫です・・・口外はしませんから、ね」

「そ、そう、ですか、ありがとうございます」
「だけど、この仕事ってやはりストレスが溜まるんでしょうね?」

「はぁ・・・」
「もう、元気出してくださいよ」

「はい、ありがとうございます」
「あっ、この前なんか、真弓先生とチャットしましたよ」

「え?えぇ!真弓先生とですか!!」
「そうですよ、ただね、彼女、顔を半分隠していたし、相手が俺だってまったく気づいてなかったみたいですよ。今日のあなたと同じような服装でした。結構そそりますよね」

「普通の会話で終わったんですか?」
「あはは、彼女には求めましたよ」

「どんなふうに・・・ですか?」

この時は2人でソファーに腰を下ろして会話していました。

「『自分で慰めたりするの?』って」
「彼女・・・何て・・・答えたんですか?」

「そりゃ、無言ですよ」
「そ、そうですか」

「泉先生も自分で慰めたりするんでしょ?」

俺は彼女のスカートの上からゆっくり太腿を撫で回しました。

「ちょっと・・・やめ・・・てくだ・・・さい」

俺は耳元で囁いた。

「嫌だったら、この部屋から逃げ出してもいいんですよ」
「それは」

「このまま一緒にいたら、泉先生、あなたは生徒の父親とセックスをしてしまいますよ?」
「それは・・・困り、ます」

俺はスカートの中に手を入れ・・・、パンティーの上からゆっくりゆっくり撫で回している・・・。

「先生、なんか湿ってますよ」

「イヤぁ・・・言わないで・・・あぁ、あぁ」

パンティーをずらして・・・中指をゆっくり挿入た・・・。

「あぁ・・・いや・・・いや・・・あぁ」

「先生、指を動かしますよ・・・ほぉ~~ら」

「あぁ・・・だめぇ・・・だめだってばぁ・・・あぁ・・・あぁ」

ピチャ、ピチャ・・・。

「先生、卑猥な音がしますよ・・・ほぉ~~~ら」

俺は挿入した指を彼女の中で動かした。

「あぁぁ・・・いぁや・・・だめぇ」

パンティーを脱がして・・・指の動きを加速させた。

「ほ~ら・・・いっぱい、いい音がしてるよ」
「あぁ・・・いぃ・・・あぁ」

「先生、俺の息子があなたの中に入りたがっているよ・・・、入れてもいい?」
「それは・・・それだけは・・・許してぇ~」

「だ、け、ど・・・あなたの・・・ここは欲しがってるよ・・・入れるよ」

俺はいきり立つ肉棒を先生の中に、ゆっくり、深く、挿入した。

「ほ~ら、いっぱい入ってしまったよ」

「あぁ・・・だめぇ・・・、動かなさいでぇ」

ブラウスとスカートを着た女性講師が、ソファーに横たわって片足を男に持ち上げられて、硬直した肉棒を思いっきり挿入されている。

「あぁ・・・も、や、め、て・・・あぁ」
「先生・・・、実は・・・ね。真弓先生ともこの部屋で同じことをしたんだよ。あなたと同じように、ここに呼び出されて」

「だって真弓先生は、チャットの相手があなただってことは知らなかったんじゃないの?」
「あはは、あれはウソだよ。俺が脅したんだよ・・・塾の先生がチャットでいかがわしいことをしてるのをバラすぞって」

俺は挿入のスピードを上げた。

「先生・・・いっぱい締まってるよ・・・ご無沙汰なんだろ?」

「あぁ・・・、もう・・・いやぁ・・・いい・・・いぃ・・・はぁ・・・はぁ」

いつの間にか先生の方から俺の首に手をまわして自ら腰を動かしてる。

「いぃ・・・もっと・・・あぁ」

「先生・・・イクよぉ・・・うっ」

俺は先生の中に大量にぶちまけていた。