学校一の美少女を眠らせて縛って

この体験談は約 8 分で読めます。

学校一の美女を犯った。
名前は真希(仮名)、名前のとおり後藤真希に似ている最高の女だった。
他の学校にも噂が行く程で、よく他校の生徒も見に来ていた。
当然真希に告白する男も多かったが、真希を射止めた男は1人もいなかった。

俺は見た目も悪く、もちろん真希に相手をしてもらえるはずもなかった。
そんな俺はいつも真希をおかずにしてた。
そんなとき、ネットで睡眠薬が購入できることを知った。
俺は頭の中ですでに真希を犯していた。
しかし俺は臆病だったので、バレた後のことばかりを考えていた。

俺は入念に策を練った。
そして、真希の習慣に気付いた。
真希は週末、必ず1人で教室に残り、何かをしていた。
チャンスはこの時だ。

そしてついに実行の日。
いつものように1人で教室にいる真希。
俺は忘れ物をしたふりをして教室に戻った。
真希は振り向いたが、俺に声を掛けることもなく、そのまま何かをしている。
俺はその隙に睡眠薬の用意をした。
気付かれぬよう音を立てずに真希に近づく。
そして一気に真希の口を塞ぎ、睡眠薬を嗅がせた。

「んーっ!」

激しく真希は抵抗した。
俺は持てる力を振り絞って真希を押さえつけた。
しばらくすると真希は眠った。
このままでは見つかってしまう。
俺は真希を抱えてトイレに入った。
個室に入り、わざと扉も開けたままにした。
最後に先生が見回りに来るその時に扉が閉まっていてはバレてしまうからだ。

それからどれぐらいの時が過ぎただろう。
俺はじっと待ち続けた。
目の前にはあの真希がいる。
焦る気持ちを抑えた。

「誰かいるか?」

戸締りの見回りの先生が来た。
俺は息を潜めた。
そして先生が過ぎ去るのを待った。
もう誰もいない。
職員室の電気が消えたのも確かめた。
この学校には俺と真希しかいない。
俺の頭の中には、どうやって犯るか考えがあった。

俺は真希を保健室へと連れ込んだ。
用意してあった紐で両手両足を広がるように四本の柱に縛りつけた。
焦る気持ちを抑えて、まずその姿を写真に撮った。
そしていきり立つ股間を押さえつつ真希が目覚めるのを待った。
この時間がとても長かった。

「んっ、ん~っ・・・」

真希が目覚めた。

「おはよう」

ニヤついた顔で俺は真希に言った。

「んっ、えっ、何!?」

真希は両手両足が縛られていることに気付き錯乱していた。

「真希、お前ってホントに可愛いなぁ」

真希の頬を撫でた。

「やめてよっ、触らないでよ!何考えてんのよ、早く解きなさいよ!」

怒る真希の顔がまたたまらない。

「状況がよくわかってないみたいだなぁ、真希ぃ」

俺はそのまま真希の体を撫で下ろした。

「ふざけないでよ!先生に言うわよ!くっ」

必死にもがく真希。

「言ってもいいよぉ、ただ言えればの話だけどねぇ」

「ウソだと思ってるの、絶対に先生に言ってやる!」

「でも、その前に俺はお前を犯っちゃうよ」

俺はベッドに上がり、真希に馬乗りになった。

「やめてよ!誰かーっ!」

必死にもがく姿が俺の心をどんどんくすぐる。

「もう誰もいねぇよ。先生もみんな帰っちまったよ。さぁて、真希の体を見ちゃおうかな」

俺は真希のネクタイを取った。

「ふざけないでよ!」

そう言っても両手両足を縛った真希には何も出来ない。
俺はその姿を楽しんだ。
俺はゆっくりとブレザーを掻き分けシャツのボタンを一つ一つ外していった。

「やめてよ、バカ!」

そんな罵声が気持ちよく聞こえた。
スカートからシャツを出し、すべてのボタンを外した。

「バカだとぉ、俺のことを散々コケにしてくれたよなぁ、お仕置きしてやるよ」

そのままシャツを掻き分けた。

「いやっ、誰かーっ!」

真っ白なシルクのようなブラだった。
俺はジロジロと眺めた。

「見るな、バカ!」

俺は真希の顔を引っ叩いた。

「何すんよ!」

「いつまでも調子に乗るなよ、俺の言うことをきかないとどうなるか教えてやるよ」

「やめてよ!」

俺はゆっくりと真希のブラに手を置いた。
そしてゆっくりと、いたぶるように真希の胸を撫で回した。
Cカップ、いやDカップぐらいありそうだった。
柔らかい真希の胸。
誰にも触られたこともないであろうこの胸を俺は撫で回した。

「俺の言うことをきかないとこうしてやるよ」

俺はそのまま真希の胸に顔をうずめた。

「いやだっ!」

いい匂いだ、たまらない・・・。
俺は真希の胸に顔をうずめ、そのまま真希の胸を揉んだ。

「やだっ、やめてよ!ふざけんな!」

でも俺は容赦なく真希の胸を揉みまくった。
そして真希の顔を片手で押さえつけた。

「んーっ!」

俺は真希にキスした。
真希は固く唇を噛んだが、そのままキスし続けた。
舌を使って口を開けさせようとしたが、真希の口は固く閉じたままだった。
でも予想はついていた。

「はぁ、真希ぃ、このまま犯すも犯さないも俺次第なんだぞ」

「ふざけないでよ!あんたなんか殺してやる!」

怒りに満ちた顔で俺を睨む。

「でも、こうされても真希にはどうすることも出来ないだろ?」

俺は冷静な顔で言った。

「・・・」

声を出そうとするが、出る言葉がない様子だった。

「俺も真希に無理やりなんてしたくないんだよ。でもこうなった以上、これでやめれないし、満足いくまでさせてくれたらセックスまではしないよ」

俺は優しく真希に語りかけた。
黙る真希。

「キスさせてくれよ」

俺はそのままキスした。
しかし真希は固く唇を噛み締めた。

「真希、このまま犯されたいのか?」

真希の口が緩んだ。
俺はまたキスした。
今度は真希の唇の感触がわかった。

(柔らかい・・・たまらない、あの真希とキスをしてる・・・)

そのまま舌を真希の口の中に押し込んだ。

「んっ!」

俺は真希の口の中で舌を転がし、強引に真希の舌に絡めた。
固く閉じた目には、薄っすらと涙が浮かんでいた。
俺はたっぷりと真希の唇を楽しむと、次は真希の胸を揉んだ。
頭の中がおかしくなりそうだった。
そしてブラの中に手を滑り込ませた。

「んーっ!」

声は出せない。
俺が口で塞いでいるから。
ブラの上から揉んでわかっているが、生の胸はさらに柔らかかった。
俺の指が真希の乳首に触れた。
優しく乳首を転がした。
真希の顔は苦痛に歪んでいた。

「はぁっ」

俺はキスをやめ、片手でブラのホックを外した。
そしてゆっくりとずり上げた。

「やっ・・・」

固く目を閉じ、顔を背ける。
綺麗な乳首が顔を出した。
まさにピンク色だった。

「綺麗な乳首だなぁ」

俺はわざと声に出して言った。
更に固く目を閉じ、必死に耐えようとする真希の顔がたまらない。
そんな顔を十分に楽しみ、俺は真希の胸にしゃぶりついた。

「いやっ、やだっ!」

必死に体をよじらせる。
俺はかまわず真希の胸をしゃぶりまくった。
手で触った感触とは違い、唇で感じる感触がまたたまらない。
真希に聞こえるようにわざと音を立てしゃぶった。
乳首を舌で転がし、軽く噛んだ。
ビクンと動く真希の体が余計に心を躍らせた。

「やっ!」

片手でスカートを捲り上げた。
そしてそのまま真希の太ももを弄った。
何もかもが柔らかい。
しゃぶるのをやめ、真希のパンティーを見た。
ブラとお揃いの白いパンティーだった。

「も、もうやめて・・・」

震える声で真希が言った。

「でもなぁ」

そう言って俺は服を脱ぎ始めた。

「えっ、やだっ」

脅える真希。
俺はすべて脱いで裸になった。

「やっ」

真希はいきり立った俺の息子から目を背けた。

「犯らないにしても、このままじゃ帰れないよ。わかるだろ?フェラしてくれよ」

「いやっ!」

必死に顔を背ける真希。

「じゃあこのまま犯っちゃってもいいの?」

俺は真希の手の紐だけを解いた。

「これでできるだろ。やったことはなくても、知らないってことはないだろ?」

「いやっ!」

逃げようとする真希。
俺は真希の両手を掴み押さえつけた。

「セックスかフェラか、どっちがいい?」

「どっちもいやっ!」

必死にもがく真希。

「じゃあセックスするか?」

俺は片手で真希のパンティーに手をかけた。

「いやっ!待ってっ!」

「じゃあフェラしろよ」

しばらく黙った。

「ほらっ、セックスしちゃうぞ」

パンティーをゆっくりと下ろしていった。

「いやっ!するから!」

ついにこの時が来た。
真希が自ら俺の息子をしゃぶる。

「ほらっ、まず握って」

俺は真希の手を強引に俺の息子に当てた。

「いやっ!」

必死に振りほどこうとするが俺は強引に握らせた。

「ほらっ、こうやってしごいて」

真希の手で自分の息子をしごかせた。

(これが真希の手・・・何度も妄想したあの手・・・)

「ほらっ、しゃぶれよ!」

真希の顔を強引に息子の前に持ってこさせた。

「やっ!」

顔を背ける真希。
でも俺は強引に真希をこっちに向かせ、息子を口の前まで持っていった。

「ほらっ、こっからは自分でしろよ。やらなかったらわかってるだろうな」

真希は黙って抵抗もしなかった。

「本当に・・・したら許してくれるの?」

真希は涙目で訴えかけてきた。

「あぁ、約束するよ」

しばらく考え込んだが、真希は自ら俺の息子を咥えた。

「あぁ・・・」

真希の唇が俺の息子に触れた。
見下ろすとあの真希が俺の息子を咥えている。

「ほらっ、そのまましごけよ」

真希は俺が言うがままにした。
初めてのフェラだっただろう。
上手いとか、そういう問題ではなかった。
あの真希が、学校一の美女で、俺をコケにした真希が俺の息子をしゃぶっている。

「うっ」

ほんの十数回しごいただけだろうが、俺は真希の口の中にぶちまけた。

「んーっ!」

初めて入る男の精液に驚き、吐き出そうとする。
俺は真希の頭を押さえて離さなかった。

「んーっ、んーっ!」

必死にもがく真希。
俺はしょうがなく離してやった。

「ぺっ、ぺっ!」

俺の精液を必死に吐き出す真希。
そんな姿を俺はニヤニヤと見ていた。

「・・・もう気は済んだでしょ!」

真希は足の紐も外そうとした。
でも俺はそのまま真希を押し倒した。

「何するのよ!約束でしょ!」

「本当に約束を守ると思ってたのか?バーカ」

俺はあざ笑った。

「ふざけないでよ!」

必死に抵抗しようとする真希。
でも俺は真希の両手を片手で強引に押さえ込んだ。

「このままセックスしてやるよ」

「ふざけんな!!」

真希は必死に抵抗するが所詮は女だ、男の力に敵うわけがない。

「いやぁ!」

俺は片手を真希のパンティーの中に滑り込ませた。
真希の陰毛が指で感じ取れた。
そしてそのまま俺の指は真希のアソコに伸びていった。

「やぁっ!」

激しく暴れる真希。
俺は強引に押さえ込んだ。
そのまま真希のアソコに指を当てて、ゆっくりと撫でた。

「んーっ!」

キスで真希の口を塞ぎ、指を真希のアソコの中に入れた。
しっとりと濡れていた。
指を真希のアソコの中で回した。
ビデオで観たように、ゆっくりと感じるように真希のアソコを刺激した。

ビクン!

真希の体が反応している。
それを隠すかのように必死に抵抗する真希。
さらに執拗にアソコを刺激する。
真希の体が激しく反応し始めた。
俺は胸にしゃぶりつき、アソコを執拗に攻めた。

「やっ、やだっ、やっ」

間違いなく真希は感じていた。
こんな俺に犯されていても感じている。
俺は真希の股の間に入った。
さっき出したばかりなのに、すでに息子はいきり立っていた。
パンティーの上からゆっくりと押し当てた。

「やっ、やだっ、お願い!」

涙目で懇願する顔がたまらない。
でもここでやめれるわけはない。
パンティーを横にずらし、俺は一気に真希の中に挿入した。

「やぁーっ!!」

腰をゆっくりと振った。
初めの時は「痛い」という言葉が出ると聞いていたが、犯された場合は違うらしい。

「いやぁー、んーっ!」

うるさい口はキスで塞いだ。
腰をゆっくり振りながら胸を揉みまくった。
柔らかい唇、柔らかい胸、そしてアソコの締め付け・・・。
頭がおかしくなりそうだった。
そして・・・。

「んっ、んーっ!!」

俺は真希の中で出した。

「はぁ、気持ちいい~」

「いやぁーっ」

真希の声が響いた。

「中で出しちゃったよ。今日、大丈夫か?」

「っ、いやっ、いやぁーっ!!」

俺は真希を抱き締め、入れたまま離さなかった。

「いやっ・・・やっ・・・」

真希は壊れたように大人しく動かなくなった。

ずぶっ。

息子を抜くと血で濡れていた。
そして血と共に俺の精液が真希のアソコから流れ出した。
ふと冷静になり、真希のその姿をデジカメで撮りまくった。
真希はぐったりして抵抗することもなかった。
俺は真希の足の紐を解いた。
でも真希は動かない。

「悪かったなぁ。でも男をコケにするとこうなるんだよ」

俺は真希にキスし、体を舐め回した。
真希は抵抗もしない。
人形のようになった真希を、また犯った。
真希の体の中にぶちまけた。
そして更にもう1回。

「んっ・・・あっ・・・」

真希は無意識に感じていた。

(あの真希が俺の息子で感じている。そして真希の中には・・・)

俺は真希に服を着せ、家の前まで送った。

「わかってるな」

そう言って真希にデジカメの写真を見せた。
真希は力なく頷き、家に入っていった。