死にたくなるほど恥ずかしい2つの体験

この体験談は約 7 分で読めます。

私の初体験は大学2年生の時です。
それまでも実は“早く経験してみたい”という願望みたいなものはありました。
オナニーもよくしていました。

これは男子4人、女子4人のサークルの仲間と温泉に行ったときのことです。
男子たちの部屋で飲みながらトランプをしたりして遊んでいたのですが、いつの間にか王様ゲームというエッチなゲームが始まりました。

だんだん王様の命令がエスカレートしていきます。
M美なんかはパンツを脱ぐはめになりました。
そしてついに、「1番は皆の前で素っ裸でオナニーをする。2番はそれを手伝う」という命令が出た時、私が1番、M美が2番になったのです。
私はそれが決まった時、泣きそうになりました。
でも酔っていたせいか、(どうなってもいいや)という気持ちになっていったのです。

皆が注目している中、震える手で服を脱いでいきました。
そしてブラジャーとパンツだけになると、覚悟を決めて脱ぎ捨てました。
とうとう皆の前で生まれたままの姿を晒してしまったのです。

(ああ、皆に見られている)

そう考えるだけで、なぜかキュンという感じになって、心臓が早鐘を打つようになり、それでいて体全体が熱くなり、気持ちいいという感じになってくるのです。
私は敷かれた布団の上に横たわりました。
するとM美が嬉しそうな顔をして近づいてきて、手を私の草むらに持っていきます。

M美「梨香、オナニーしたことある?」

私「そんなこと、したことないに決まってるじゃない」

M美「じゃあ、いくよ」

私「やっぱり、嫌っ!」

拒否したのですが、皆に手と脚を押さえつけられてしまったのです。

私「お願い、やっぱり恥ずかしすぎる!やめて!」

哀願しましたが許してもらえませんでした。
M美の手がアソコに触れたとき、私の身体はビクンと震えてしまいました。
M美が、「もう濡れているよ」と言ったときは、恥ずかしさで死にそうになりました。
でもそれが熱い感覚になっていきます。
そしてついにM美は私の恥ずかしい所を舐めてきました。

私「あっ、そんなところ・・・」

でも、それ以上は声になりません。
その代わり、「あっ!あーーーん」という喘ぎ声がたくさん出るようになりました。

(皆の前でこんな恥ずかしいことされるなんて・・・もう、生きていけない)

そんな気持ちになりました。

私「お、お願い、み、見ないで!」

いつの間にかそんなことを言っていたかもしれません。
言葉とは裏腹に激しい感覚が襲ってきました。

(いやっ!こんなところでイッたら、もう生きていられない!)

でもついに私に絶頂が襲ってきました。
そして皆の見ている前で、一番恥ずかしい瞬間を迎えてしまったのです。
身体がエビ反りのようになって、腰を突き上げながらピクンピクンと身体が震えてしまいました。
しばらくぼーっとしていると、いつの間にかB君が私の上に覆い被さってきているのです。
私は、「いやーーーっ!」と抵抗したのですが、他の皆が男の子も女の子も私の両手と両足を押さえつけています。

私「嫌っ!梨香、まだ経験したことないから・・・こんなの絶対に嫌っ!」

M美「えっ!梨香ってまだヴァージンなんだ。いいじゃん、ちょうどいい機会だよ」

B君は本当に嬉しそうに、「俺が大人の女にしてやるよ」と言います。
いつの間にかB君のアレが入ってきていました。
でも不思議と痛さはありませんでした。

M美「梨香、どう?大人の女になった気分は?」

私は首を振ることしかできませんでした。
いつの間にか私は四つん這いの格好にさせられていました。
B君は後ろからしていました。

M美「梨香、犬みたいだよ」

M美が笑いながら言いました。
私は恥ずかしくて気が狂いそうでした。
他の男の子がいつの間にか私の下に入り込んで乳首を舐め回しています。
別の男の子は私の唇の前に自分のアレを突き出してきて、「ほら、舐めろよ」と言います。
私はイヤイヤするように首を横に振りましたが、いつの間にか口の中に入れられてしまいました。
他の女の子も私の脇腹などを舐めていきます。

私「し、死んじゃうーーーーー」

とうとう皆の見ている前でバージンを失いながら、再び絶頂を感じてしまったのです。
それが終わると皆も裸になっていきました。
もう、その後はめちゃくちゃです。
いつの間にか電気が消され、乱交パーティーのようになっていったのです。
そして朝まで代わる代わる犯されたのです。

その後もサークルの仲間と旅行することが4回ありました。
その度に乱交パーティになりました。

次の恥ずかしい体験は、私が今の調査会社に入社してまだ間もない5年前のことでした。
主な仕事はだいたいが浮気調査です。
その日はある男性の方からの依頼で、その方の奥様(Aさん)の行動確認の作業に従事していました。
簡単に言えば尾行のことです。
通常、尾行は複数でやることになっていて、いつもは私はある先輩とペアを組んでいたのですが、その日はあいにく先輩は別件で忙しく、私1人だけでやることになったのです。
先輩からは、「1人の時は絶対に無理なことはするな!」と言い渡されていました。

その日までの調査では、ほとんど異常行動は見られなかったのですが、その日、Aさんはお化粧をして出掛けていきました。

(これは何かある)

女の直感みたいなものかもしれません。
私はAさんを見失わないように尾行しました。
するとAさんは、あるマンションの中に入っていきました。
そして1階のある部屋の中に入っていったのです。
私はまず、その部屋の表札の名前を確認しました。

(1階だから裏に回れば部屋の様子を探れるかもしれない)

そう思い、裏へ回りました。
そこは1階もベランダのようになっていて、ベランダの柵を跨いで中に入りました。
もちろん窓はカーテンが閉まっていたので中の様子はわかりません。
私は窓のガラスに耳を当てて、中の会話を聞くことにしました。
しばらくすると中から女性の声が聞こえてきます。
それはエッチをしているときの声でした。
私はテープレコーダーをカバンから取り出して窓ガラスに当てました。
調査資料の一つにするためです。
だんだん声が激しくなっていきます。
それを聞いているうちに変な気分になってきました。
そのときです。
私は物音を立ててしまったのです。
突然カーテンが開かれ、中から男が顔を出しました。

「そこで何をやっているんだ!」

怒鳴られ、私は思わず身体が硬直して逃げ出すことが出来ず、その場に立ちすくんでしまいました。
男は私の手を掴み、「こっちへ来い」と言いながら部屋の中へ連れ込まれてしまったのです。
Aさんがベッドの上に裸でいて、こちらを睨んでいます。
男は私が持っていたテープレコーダーを取り上げて、「これは不法侵入罪だな。警察に行くか?ここで何をしていたんだ?」と厳しい口調で詰問していきます。
私は調査に失敗した情けなさと怖さで何も言えませんでした。

するとAさんが、「きっとこの女、主人が雇った探偵だわ。最近、私のこと疑っていたみたいだから」と言いました。

男は「そうなのか?」と。

でも依頼主のことは何がなんでも言うわけにはいきません。
私は黙って顔を背けました。

男「舐めやがって!白状させてやる。おいっ!警察に突き出されたくなかったらこっちに来い!」

私は後ずさりしましたが2人がかりで押さえつけられました。
テーブルの上に仰向けに寝かされて、左手は左足首に、右手は右足首にロープで縛られてしまいました。

男「おいっ!誰に頼まれたんだ」

男が詰問してきますが、私は唇を噛んで顔を背けることしか出来ませんでした。
すると男は、ビデオカメラを持ってきたのです。

男「お前の恥ずかしい姿を記録してやる」

するとAさんが、「私にやらせて」と言いながらやってきました。
何と手にはバイブレーターを持っていました。
Aさんは私のズボンのベルトに手をかけてスルリと外しました。

私「いやっ!やめてください!」

私は思わず悲鳴をあげました。
構わずジーパンのファスナーを下ろしていきます。

私「いやーーーっ」

私の叫び声も虚しく、とうとうジーパンが膝まで下ろされてしまいました。
Aさんが私のパンティ越しにバイブレーターを押し当ててきました。
すると・・・だんだん感じてきてしまったのです。
声を出さないように我慢していたのですが、とうとう、「あっ!」と喘ぎ声を出してしまいました。

男「おっ!こいつ、濡れてきたぜ」

Aさん「本当。もうパンツに染みができてるじゃない」

男が私のパンティに手をかけました。

私「そ、それだけは許して」

でも許してくれるはずもありません。
とうとうパンティも膝まで下ろされてしまいました。

Aさん「探偵さん、恥ずかしいところが丸見えよ!ぐしょぐしょになってるわよ」

私「い、嫌っ!見ないで!」

男は私の茂みの中にバイブレーターを押し当てていきます。

私「嫌っ!やめて」

ついにバイブレーターが私を貫いていきました。
その瞬間、ビクンと電気が走ったような感覚に襲われました。
男がバイブレーターを振動させながら出し入れします。
声を出さないように我慢していましたが我慢しきれず、「アン、アッアーーん」と大きな声を出してしまいました。
アソコからどんどん恥ずかしい液体が出てくるのがわかります。
そのうちに言いようのない感覚が下腹部から襲ってきました。

私「あっ、も、もう・・・ダメ!」

男「イクのか?こんな恥ずかしい姿を晒しながらイクなんて、なんてはしたない奴なんだ」

男が辱めていきます。
でも襲ってくる感覚を食い止めることはできません。
そしてとうとう私は、「い、イク!」と叫びながらイッてしまいました。
その瞬間、身体がピクンピクンと跳ねていました。

その後、私は素っ裸ににされて、Aさんにバイブレーターで犯されながら男のアレを咥えさせられました。
もちろん男に犯されました。
2回目の絶頂に達したとき、男から、「いいな!イク時は、『イキます』って言うんだぞ」と言われて、「イキます」と言わされてしまいました。
とても悔しかったです・・・。

さらにその後、AさんたちはSMマニアだったらしく浣腸を持ってきました。
私は衝撃を受けました。

私「そんなのは絶対に嫌です。あなたたちは変態よっ!」

それが彼らの怒りを買ってしまったのです。

Aさん「あなたも仲間にしてあげる」

私は抵抗したのですが、男は今までの私の痴態が記録されているビデオをネタに、「ばら撒かれてもいいのか?」と脅してきました。
私は泣く泣く抵抗を止めました。
私はテーブルの上に四つん這いにさせられ、また手足を拘束されました。
そして男は、「お前にはたっぷりとプレゼントしてやる」と言いながら、浣腸を私のお尻に当てていくのです。
もう気が狂いそうでした。
とうとう冷たい液体がお尻の穴から入ってきました。
しばらく我慢しましたが、ゴロゴロとお腹が鳴ります。
だんだん我慢出来なくなっていきました。

私「お願いします。トイレに行かせてください」

男「じゃあ誰に頼まれたのか白状するか?」

もう私には抵抗する力は残っていませんでした。
とうとうAさんのご主人の依頼だったことを白状させられました。

私「お願い。約束よ。トイレに行かせて!」

私は泣きながら頼んだのですが、「お前のトイレはこれだよ」と言って、男は私のお尻に洗面器を当てたのです。

男「いつまで我慢できるかな?」

私「イヤー、絶対に嫌!お願いします。こんなところを撮られたら、もう生きていけません」

私は哀願しました。
でも許してもらえず、とうとうその瞬間がやって来ました。
激しい音ともに、一番見られたくない物を、男が持つ洗面器の中に撒き散らしてしまいました・・・。

その後、『今日は何も見なかった。Aさんはずっと家にいた』と報告する約束をさせられて、やっと帰してもらいました。