義母の透けた水着

この体験談は約 2 分で読めます。

先週から予定していたプールだが、妻が風邪をひき、寝込んでしまった。

中止しようかと思っていたら、妻の母親が話を聞き「私がついて行ってあげる」と言った。
3歳と5歳の子供を私一人でプールへ連れて行くのは無理だと思っていたので、内心ラッキーと思った。

妻の母親は45歳なのにすごいナイスバディーで、胸はFカップでお尻もとても大きい。
しかし、ついて来るだけで水着姿は見れないだろうと思っていたら、プールへ行く途中「私、水着持ってないからどっか寄って」と言ったので店を探した。

でも、なかなか見つからず、やっと小さい衣料品店を見つけた。

義母「ちょっと待ってて、すぐ買ってくるから」

そう言って、ものの3分で帰ってきた。

私「早かったですね」

義母「適当に買ってきたから」

私「試着はしなかったんですか」

義母「色とサイズだけ見て買ってきたわ」

私はそんなもんかと、その時は気にも留めずにプールへ向かった。

プールへ着き、中を覗くと意外に人は少なく、幼児用のプールは誰もいない状態だった。
私は5歳の子を連れ、妻の母親は3歳の子供を連れて着替え室へ向かった。

10分後、私は木陰にバスタオルを敷き、妻の母親を待った。
しばらくして妻の母親がやって来た。

妻の母親の水着は一見普通の青いワンピースの水着だが結構ハイレグで、胸とお尻の大きいせいもあるがサイズが小さいような気がした。
また、少し気になったのが胸の先端に少し乳首の様なぽっちが浮き出ていた。

義母「じゃあ、私は◯◯ちゃんと幼児用プールに行きますね」

私「お願いします」

私は5歳の子を連れて25mプールへ向かった。

しばらくすると5歳の子が「僕も◯◯ちゃんの所へ行きたい」と言ったので、幼児用プールへ連れて行った。

幼児用プールでは妻の母親と3歳の子共が水に浸かり、気持ちよさそうに遊んでいた。

そして改めて妻の母親を見て愕然となった。
そこには胸の先端が何も着けていない様にスケスケで、くっきり浮かびあがった乳首であった。

そして私は、もしかしたら下半身も同じ状態かもしれないと思っていたら、子供が滑り台をしたいと言い出した。
すると、妻の母親は立ち上がり、滑り台の下で立ち子供がすべってくるのを受け止めようとしていた。

やはり思った通り、ハイレグの水着はお尻の半分以上露出させ、お尻の割れ目にぴっちり張り付いていた。
前も陰毛が黒々と透けていた。

私は妻の母親が水着が透けていることに気付いていないかもと思い、教えてやった。

そしたら・・・。

義母「そうなのよ、やっぱり安物はだめね。パットやインナーが付いてないのよ」

なんと妻の母親は気付いていたのだ。

しかし、2人の子供とプールサイドを堂々と歩いて行く妻の母親は、いくつもの男の視線が自分の胸や股間に突き刺さっていることには気付いていなかったようだ。