学校一のヤンキーマサ

この体験談は約 5 分で読めます。

中3の時。

お腹痛くて(生理痛)保健室に行ったら先生がバファリンくれて飲んだあとベッドで寝てた。
痛くてゴロゴロしてたら、保健室のドアが開く音がして「あ~ダリィ!」と言う声が響いた。
一個下の学年のマサだった。

マサは学校一のヤンキーで、私たちの学年の男子から嫌われて喧嘩とかしてた。
私は普通の女だけど、2ヶ月前に私に告ってきた。
私が寝ているベッドは水色のカーテンで閉めきられていたが、マサは「先生、そこに寝てんの誰?」と聞いた。

先生は「また来たぁ!誰でもいいでしょ!」と言った。

先生からそう返されたマサは私のいるベッドに近付いてくる。
私はゲッ!と思いマサの方へ背を向けた。
頭の所のカーテンが捲られ、マサが私の顔を覗き込んだ。
目があってマサが途端にニヤニヤした。

「もう、◯田君(マサ)、用がないなら教室に帰りなさい!ほらっ」

先生はそう言いながらマサを押して、二人とも出ていった。

私はホッとしたのと同時にお腹が痛くなくなっている事に気付いた。

それから数分後、保健室のドアが開いた。
私は先生が戻ってきたものとばかり思ってたら、マサだった。
カーテンを捲って私の横のベッドに寝っ転がり、私の顔をニヤニヤしながら眺めて・・・。

「なにしてんのー?」
「痛い?ね、どこが痛いの?」

話し掛けてきたが、私は「もう、うっさい!閉めてよ!」と言って背を向けた。

マサは「はぁ~い」と笑いながらカーテンを閉めた。

その後、マサは保健室の中を鼻唄混じりにウロウロしていた。
私はタオルケットをお腹の部分だけにのせ、脚を立て内股にM字にしていた。
すると足元に気配を感じた。
マサがスカートの中を覗き込んでいた!私はびっくりしたが、何故か見られている事に感じてしまって、そのままの体勢で「何してんの?」と言うと、マサが「あ~ぁブルマ穿いてんじゃねぇよー」と言いながら私の上に覆い被さって来た。
マサが躊躇いながらも唇を私の口に押し付けた。

マサの鼻息が私の頬にかかる。
舌を激しく絡ませて、一旦口を離すと「俺、マジで好きって。ねぇ、付き合えよ」と言われ、私は同学年に彼氏がいたが、あろうことか、「うん・・・」と言ってしまった。

制服の中に手を入れられ胸を揉まれ、乳首を弄られた。
私は当時の彼氏とはキス以外したことがなかった。

故に、胸を揉まれたりした時点で「んっ!」と声が出てしまった。

マサはそれを聞いて興奮したのか、今度は上の制服を脱がせてブラをずらして乳首をレロレロしたり吸ったり・・・。

「やぁ・・・んっ、あぁ・・・あっ・・・」と感じてしまった。

その後左のおっぱいを舐め回され、マサの右手はもう片方の乳首を弄っていて、それだけで気持ちよかったが閉じていた私の脚を開き、マサの膝でグリグリとオマンコを刺激された。

「やぁ・・・んっ、気持ちいい・・・あぁっ」

私が声を出して感じていると、マサが何度も「◯◯(私)可愛い・・・マジで大好き!」と言ってくれた。

マサの手がブルマを脱がそうとしたが、「あ、ダメ!生理だから。ムリ」と言うと、「わかった」と返事。

私は生理を理由にしたが、半分は処女の怖さもあった。

「ね、フェラして」

マサがそう言いながらベルトを緩めダホダボのズボンを下ろした。

私はドキドキしながらトランクスからマサのオチンチンを出すのを見た。
マサのそれは硬くて熱くて、初めて見る男性の性器だった。

先っぽを親指でグリグリした後、撫でるように手を上下に擦ると「っ・・・ぁぁ・・・すげぇ・・・」と顔を真っ赤にしていた。

そしてギンギンのソレを口に頬張り頭を上下に動かした。
マサの両膝がガクガク震えている。

「ん・・・ぁぁ・・・マジ・・・やべぇ・・・」

息も荒くそう言いながら私の頭を掴んで引き寄せる。

苦しかったがもっと感じてほしくて、動かすペースを速める。
マサの方を見上げると今までに見たことない眉間にシワを寄せた表情をしていた。

「ぁあ・・・っ・・・はぁ・・・イキそう、イクよ・・・っ!・・・」

喉の奥でマサの暖かい液体がビクッビクッと波打つオチンチンから出てきた。

苦かったが飲み込んだ。
私が立ち上がるとギュッと抱き締めてキスをしていた。

私は急に恥ずかしくなりマサの顔が見れなかった。

「でも、そろそろ先生帰って来るかもよ」と私が言うと・・・。

「あーだいじょぶ。あいつ次の時間も外に出るらしい。俺、聞いたし」

そう言って私を抱き締めた。

手を握り合って何度かキスをした。
するとマサが唇を首筋に這わせてきた。
私は今までのこともあり、すごく感じてオマンコがジンジンしてきた。

「・・・ぅん・・・やめて・・・あっ・・・」

マサの耳元であえいだ。

マサのオチンチンに手をやると、もうギンギンになっていた。
さっきまでの私とは打って変わり、何故か“入れて欲しい!”と思った。

「俺、◯◯の中に入れたい・・・ダメ?」と、マサも切ない顔で言った。

「ん・・・いいよ」と私は言うと、ブルマとナプキンのついたパンツを脱いだ。

私のあそこは血と愛液でヌルヌルになっていた。

マサが指を近付けようとしたので「だめ!汚れちゃうから触らないで」と言うと、マサがギンギンになったオチンチンを出し、穴を探すために私の割れ目を行ったり来たり。

クリにオチンチンの先が当たり、その度に「ゃあっ・・・あっ、んっ・・・」と声が。

ついに穴を見つけたのか硬い熱いマサのオチンチンがにゅるにゅると入って来る。

「んっ!いたっ・・・」

一瞬痛さを感じたが、生理のせいか、スムーズに挿入できた。

「◯◯、だいじょぶ?」

マサが聞いてきて・・・。

「うん・・・今は痛くない」

そう答えるとマサが腰をゆっくり動かした。
私は必死で声が出そうなのを堪えていたが、無駄だった。

「っあ、あぁ、・・・はぁっ、んんっ、あっ・・・」

マサのオチンチンが出入りする度に声が出てしまい、マサも・・・。

「っっく・・・はぁ・・・すげぇ・・・」

出入りするのに合わせてクッチャ、クッチャと音が保健室中に響き渡る。
私はもう我慢が出来なくなり・・・。

「っあ!・・・あっ、あっ、あっ、マサ・・・もうイク、んっ・・・やぁ、だめっ・・・あっあっ」

マサが腰を振るスピードを速める。

「やっ、もぅ、壊れる、ああっ・・・壊れちゃうぅ!・・・あんっ、あっ、あっ、あん・・・」

「俺も、イキそう・・・はぁっ、っっ・・・あっ・・・イクよ!あっ!」

「あっ、あっ、ああっ!・・・んっ・・・」と二人ともぐったりした。

後でシーツを見ると私の生理の血で悲惨な状態だった。

マサは私と何分かキスした後教室に帰り、私は先生に「痛すぎて転がってたらシーツに血が漏れちゃいました」と言い訳をした。

その後は、マサと付き合って一年後にマサが鑑別に入ったのを機に別れちゃいました。
これが私の初体験でした・・・。

当時のマサはライオンみたくて可愛かったんですが、今はどこで何をやってるのやら・・・。