処女の黒髪JCと夢のような3時間

この体験談は約 3 分で読めます。

『中3のうちに処女をなくしたい』という子とアポ成立。
こちらおじさんだけど、『そのほうが安心なので』と可愛いことを言う。

会ってみたら、写メより全然可愛い。
黒髪、157センチ、中肉、色白、どストライク!
ドキドキしながら駅から5分のホテルへ突入。

久々の上玉JCに元気百倍。
お風呂に入る前に全身を舐めてやったら(ちょっと汗の匂いがしたが、これが好き)、最初はくすぐったがるが、すぐうっとりと上気してきた。
指入れ後、マンコを開いたらかなりきれいなので、思わず舌でペロペロ舐めまくった。
そしたらつーっと透明な甘い蜜が出てきましたよ、処女膜から!

たまらず、こっちもパンツ脱いで、「痛くしないから安心してね」と言いつつ、オジさんテクでソフトに、かつ深々と挿入。

(おおお!亀頭に膜の感触が・・・)

メリっと貫通。

「ああああん」

JCがひと鳴き。
なんて可愛い声出すんだと思いつつ、焦らないようゆっくり出し入れ。
キツキツなんで、挿すたびにむにっ、むにっと音がするのがいやらしい。

「痛くないでしょ?」
「あ、はい」

「思ったより気持ちいい?」
「あ・・・、はい」

いい子です。
肌もきれい。
乳首がまだ未発達で乳輪の色が周りよりちょっと濃いだけで、プクンと盛り上がっている。
もう吸いまくりです。
ゆっくりゆっくりピストンして股間を見ると、おお、濡れてるじゃないの。
液が滲んでます!
すばらしいJCっす。

脚を抱えてだいぶ突いたあと、まんぐり状態にしてさらに深く突く。
中腰になって、ここからがオジさんテクの見せ所w
腰をハメたままきれいなお顔を舐めてやり、ベロチューするとちゃんと舌絡めてきた。
まじでいい子です。
化粧っけがないからほっぺたもペロペロ。

「舌、べーっと出してごらん」

言われた通りに長く出した舌をべろんべろんに吸いまくる。
舌の裏を刺激してやると唾が溢れてきたので、それも飲んでやる。
股間の出し入れは、なんとぴちゃぴちゃ音が出始めた。
JCはあまりのいやらしさに顔を赤くしているが、明らかに興奮しているのがわかる。

四つん這いにしたら、股間から少しだけ血が出ていて、自分のちんぽを見たら赤くなっていた。
ちょっとだけ突いて風呂へ。
全身を洗ってやると、「おとーさんみたい」と言われ、つい優しくしてしまう。
お湯も沁みないというのが不思議。
出血もすぐに止まった。

泡風呂にしながらおっぱい舐めたりお尻を撫でたりして、いよいよ綺麗になったちんぽを咥えてもらう。
最初は手を使わせず。

「初めてだから下手ですよ」

「平気だよ」(それがいいんじゃん)

ぱくっと咥えて・・・。

「こ、こんな感じですか?」

「あ、上手じゃん、舌をもっと使うといいよ」(舌の感触がたまらん)

頭を掴んで、「そのままゆっくり出し入れするんだよ」と指導。
言われるままなので、彼女の頭を掴んで、「ほら、もっと奥まで入れないと」と言いながら、がっつりイラマチオの体勢に入る。

明るい風呂の中で、ついさっき出会ったばかりのJCがおっさんのちんぽを咥えている。
しかも一生懸命だw

奥まで入れると「おえっ」とむせるが、「ごめんね」と言いながらも、「これ、ちゃんとやらないとね」と理不尽なこと言ってまた股間に顔を埋めさせる。
フェラというより、可愛いお顔をちんぽで犯している気分だ。
苦しそうなので、舌だけで舐めさせたり、亀頭だけしゅぽしゅぽさせたり、色々試す。
当然こっちはずーっとギンギンだ。
イキたくなったが、口に出すのは勿体無いので、風呂を切り上げベッドに戻る。

白い肌が全身ほんのり桃色になって、ますますフルーティな14歳のカラダ!
ベロチューから始めて舌で下におり、真ピンクで毛の薄いまんびらをたっぷりしゃぶったあと、白くてちっちゃい足の指もしゃぶる。

今思えば夢のような至福の3時間。
この年になると通常2回が限界なのに、前で2回、バックで1回イキました。
生JCは美味しすぎます。

バックと対面座位が気に入ったようなので、「必ずまた会おうね」と約束しましたが、ああ、もう2度と会えないんでしょうね。