医大の婦人科を受診したら医学部の先輩に見られてた

この体験談は約 2 分で読めます。

現在私は大学4年です。
2年前のある日、恥ずかしい場所が猛烈に痒くなりました。
私の大学には医学部とその病院があるので、そこの婦人科を受診しました。
内診は初体験だったのでドキドキで、(若い先生は嫌だなあ)とか思いながら順番を待ちました。

順番がきて、先生に症状などを軽く訊かれたあと、「下を脱いで台に上がってくださいね」と言われ、覚悟を決めて下半身裸になりました。
内診台に上がるとカーテンが引かれました。
するとしばらくカーテンの向こうでゴタゴタしていたので、(看護婦さんがなにか準備してるのかな?)と思いました。

膣洗浄の後、膣を広げる道具を入れられて観察されました。
これだけでも私にとっては全身真っ赤レベルの恥ずかしさだったのですが、「いつセックスしましたか?」とかまじめに訊かれ、蚊の鳴くような声で答えるのがやっとでした。
結局、抗生物質を飲めば治る病気で、すぐに完治しました。

私は文科系のサークルにいたんですが、そこは医学部の人が結構いるサークルで、そんなにまじめに活動してるサークルではないので5、6年生も顔を出します。
ある日、サークルの飲み会のときに医学部の5年生の先輩に呼ばれ、いきなり「お前のあそこ、綺麗じゃん!」と言われました。
その先輩はいつも下ネタを連発する人で、初めは、(また言ってるよ)と思ったのですが・・・。

「ポリクリでお前のあそこをじっくり鑑賞させてもらったんだよな」

(え?・・・!)

その瞬間、私の顔は耳まで真っ赤に染まってしまいました。

大学病院では患者さんを医学部生がよく見学します。
でも、もし見学されるなら、事前に見学者がいてもいいかどうか聞かれるだろうと思っていました。
でも内診のときにカーテンを引かれるのが盲点でした。
産婦人科のポリクリでは、内診時にカーテンを引くのをいいことに、カーテンを引いてから医学部生を診察室に入れて見学させるというやり方がまかり通っているそうで、私も知らない間にその先輩と、もう1人のサークルの女の先輩(あとで聞いたところ、私だとは全然気づかなかったそうです。同じ女としてあまりに屈辱的な体験に同情してくれました)、それに男の人3人に究極的に恥ずかしい姿を晒した上、セックスのことなども話してしまっていたのです。

先輩はみんなの前でぺらぺらと、そのときのことをいやらしい言い方で実況中継しました。

「カゴに置いてあったバッグとポーチがどっかで見たことあったと思ってて、お前のだと気づいたときはすげえ興奮したよ。付いてるキーホルダーまで同じだから間違いないだろ」

ご丁寧に私だと確信した理由まで説明してくれ、私はあまりのことに泣き出してしまいました。
先輩は女の子から相当白い目で見られたらしく、次の日、私に謝りに来ました。
結局、あまりの気まずさにそのサークルは辞めてしまいました。