家出して2日間風呂に入ってない人妻に中出し

この体験談は約 9 分で読めます。

その人妻と知り合ったのは、高1のときだった。
実家が田舎町の外れの堤防沿いにあり、隣近所といっても200メートル以上離れた、まさに一軒家だった。
僕は犬を買っていたので、よく暗い夜道を月明かりと懐中電灯だけで散歩していた。
堤防には逆水門と呼ばれる大きな建造物があり、その近くは階段状になっているので、そこに腰掛けて1人ボーっと考え事をすることもあった。

その日は先客がいた。
女の人が僕のいつもの場所に腰掛けていた。
最初、気まずいなーとか思ったが、お気に入りの場所を取られたので、少し離れたところに腰掛けて犬と遊んだ。
近くに民家はなく、この辺りで唯一の外灯が少し離れたこの場所を微かに照らしていた。
女の人もこっちに気づいて、肩越しにこっちを見ていることに気づいた。
少し怖くなって、帰ろうと立ち上がると、「あの・・・」と女の人が声を掛けてきた。

「何?」

僕が反射的に答えると、女の人は逆にびっくりしたみたいで・・・。

「あっ!?ごめんなさい。こんなこと言うの恥ずかしいんだけど、お金貸してください、少しでいいんで・・・財布、持って来なくて」

整った顔立ちだったが、顔には明らかに、打たれて腫れた痕があった。

「ごめん、ほんの少しでいいの・・・あの、うちに帰れなくて」

話している間も彼女のお腹がグゥーっと鳴ってるし、明らかに異常な状態だった。
僕の財布にはコーヒー代程度しか入ってなかったが、コンビニで買った朝ご飯用の菓子パンを持っていたので、彼女に渡した。
彼女はあっと言う間に菓子パンを平らげた。
コーヒー代も渡そうとしたが、彼女は固辞して僕に何度もお礼を言い、それから少し話をした。

「行くところがなくて・・・」

彼女は理由を言わなかったが、顔や履物を見れば大体想像がつく。
僕はそれ以上詮索しなかった。
昨日の夜から丸1日何も食べてなく、ずっとここにいたようだ。
年齢も聞いた。
僕の母より少し年下だったけど、それ以上に若く見えた。

「えっと、あなたは大学生?」

暗がりのせいか、それぐらいに見えたらしい。
僕はガキに見られるのが嫌だったので、大学4年とうそぶくと、「お母さん、ずいぶん若いときに結婚したのね。うちの子なんかまだ小学生よ」と笑った。
その寂しい笑い方に僕は不安になった。

「おばさん、変なこと考えてたらダメだよ?お金、少しだったら貸してあげられるから」

そう言うと彼女は笑って言った。

「心配してくれてありがと。ホント、死のうと思ったけど・・・大丈夫だから」

僕は彼女の隣に腰をかけて他愛のない話をして、彼女の家出の原因には触れなかった。
横顔を見ると、こんな隙だらけで、自分のことを話す年上の女に少し酔ったんだと思う。
女もそれなりに経験してたけど、丸1日風呂に入っていない濃い女の体臭にクラっとなった。
偶然を装って重ねた手をぎゅっと握ると彼女の身体がびくっと反応した。
だけど、何事もないように僕が話を続けると、「あはは・・どうしよう・・・今、すっごいドキドキしてる」と彼女は照れたような笑いをした。
僕は身体を寄せてくっつくと、スカートから覗く膝に手を置いた。
彼女は困ったように、「えーっと、あたし、お風呂入ってないし、歯も磨いてないから近づくと臭いよ?」と僕を力なく押した。

「そんなことないよ、全然臭わないし」

僕は彼女に顔を近づけて、クンクンと匂いを嗅ぐ仕草をした。

「ちょっと、やだ。ホントに嗅がないでよ」

彼女の笑った顔を見て、僕はそのまま唇を塞いだ。

「んん!?」

彼女の腰を引き寄せ、もう片方の手は膝から内股を滑って、指先は温かく柔らかい生地とその縁からはみ出たシャリっとした感触に到達した。
彼女の手が僕の手首を掴み、それ以上の侵入を拒もうと気を向けている隙に固く閉じた口内に舌を滑らせて、彼女の舌を捉えた。
指先は太ももと手に阻まれて深い侵入は無理だったが、割れ目を押し込むと彼女の手に力が入った。
一旦口を離して大きく息を吸うと、彼女もハァハァと呼吸困難のように荒い息をついていた。

「あ、あたしこんなつもりじゃ・・・」

そう言って僕の顔を見上げた。
暗くてはっきりわからないけど、彼女の言葉がギリギリ理性を保っている感じがした。

「お、お願い、夫や子供がいるの・・・だから、これ以上は・・・」

僕は彼女の股に入れていた手を彼女の腫れた頬に触れて言った。

「乱暴はしないから・・・おばさんが欲しい」

僕は今度は彼女のニットと下着の中に手を入れた。
緊張で汗ばんだ肌を上って、ブラをずらして柔らかい乳房に指を食い込ませた。

「やだぁ・・・助けて・・・」

彼女は自分を弄る手に怯えていた。
僕は再び唇を奪うと、何度も食いしばった歯を舐めてアタックを試みた。
乳首を捏ねくり回しながらも優しく愛撫した。
彼女の身体が何度かビクっと震え、僕を引き剥がそうとする両腕の力もなくなってきた。
今度は股の中に再び手を入れてみた。
太ももに挟まれたが、手のひらで完全に股間を覆い、生地を上から割れ目に触れると、じっとりと湿っていた。

「ん・・ん・・・」

それでも身体を許さないと彼女は耐えていた。

「こんなことした旦那なんかよりさ・・・好きだよ。おばさんだって欲しがってるよ」

そう言って下着の中に指を侵入させた。
割れ目の当たるところに触れるとヌルヌルに濡れていた。

「ダメよ、子供がいるのに・・・母親に戻れなくなる・・・」

僕は指先でクリや膣口辺りを弄り、何度もキスをした。
口を離すたびに、「おばさん綺麗だよ」とか「感じてる顔、可愛い」とか歯の浮くような言葉を並べ、首筋や耳たぶにも唇を這わせた。

「こんなくたびれたおばさん、からかわないで!・・・あなたのお母さんと変わらないのよ。若い子がお似合いだって・・・あぁ、なんであたしなんか。ダメ、そんなとこ。くすぐったい。そっちは嫌・・・」

彼女はどんどん強い口調が弱まっていった。
僕は彼女に名前を尋ねた。

「え?松原・・・」

「苗字じゃなくて、下の名前は?」

「・・・淳子」

ぼそっとつぶやいた。
彼女が嫌がる耳のそばで、「脱がすよ?淳子」と囁くと、下着に手をかけた。

「ダ、ダメ。そこは・・・」

彼女は強く抵抗して脱がされまいと手で押さえたが、僕が手を握って・・・。

「淳子、大丈夫だから・・・ここでのこと、一生秘密にする。約束するから」

そう言ってまたキスをする。
彼女のキスへの抵抗は弱くなっていて、舌がヌルンと絡むと、おずおずと絡めても逃げたりせず、ついには僕の口にまで舌を延ばしてきた。
唾液を互いに啜り合うキスをしながら、抱き合いもつれ合う。
僕は自分が下になると、お尻の方から下着の中に手を入れて分厚い尻を鷲掴みし、彼女の不浄な穴を指の腹で撫でた。

「ダメ、お風呂入ってないの・・・恥ずかしい」

彼女は慌ててを口を離して、僕に懇願した。

「汚くなんかないよ。淳子のここも舐めたい」

「嫌、そんなの・・・それだけは許して」

「舐める以外はいいの?」

僕はニヤニヤしながら、殻を剥くように彼女お尻から下着を膝まで下げた。
ニットを捲り上げて乳首を吸いながら、閉じている太ももの間をねじ込むように手を差し込んだ。
彼女の恥丘には陰毛の感触があったが、割れ目の付近は剃っているのかほとんど毛の感触がなく、柔らかいプニプニした唇と具がはみ出ていた。

クリを弄りながら、僕は自分のズボンから勃起を取り出し、思い切って脱ぎ捨てて下半身裸になった。
臨戦体勢の勃起を彼女の脚に擦りつけて、手に握らせた。
初体験の相手も、その次の彼女も処女で、僕がお願いした通りにしか動いてくれなかった。
しかし、この人妻は戸惑いながらも、先端のヌルヌルをそっと拡げ、緩やかにしごき始めた。
僕は嬉しくなって、クリを同じように撫でて皮を引っ張ったり被せたりするようにしごいた。
彼女は何も言わなかったが、僕が強く乳首を吸ったり、甘噛みするとここが弱いのか、握る手に力を込め、膝を閉じる力が抜けてきた。

僕はこれ以上弄られると、イッてしまいそうだったので彼女の手を勃起から離し、乳首からお腹、下腹部へと唇を移動した。
陰毛の辺りに濃い女の匂いに鼻を埋めて、膝でとどまっていた下着に手をかけた。
彼女は阻もうと手の延ばしたが、僕が手を重ねて貝のように手を繋ぐと、強く握ってきた。
下着を抜き去り、丸2日穿いてた、尿とむせかえるような女の匂いを嗅ぐと、僕はわざと遠くへ投げ捨てた。
街灯からは少し離れていたが、暗闇に目が慣れて月明かりだけでも彼女をしっかり見ることが出来た。
彼女の乳房は剥き出しで、スカートが捲り上がって、母や付き合った少女たちのような荒れ放題ではなく、きちんと手入れされた茂みが見えた。
横を向いている彼女に、「綺麗だ」と言うと、「恥ずかしい・・・もう、おばさんだよ。あんまり見ないで」と顔を覆ってしまった。

僕は彼女の膝を広げた。
ぷっくりした割れ目の周辺はアナルまで、ほぼ無毛で、はみ出た花びらを拡げるとムっと強い女の匂いがした。
別れた彼女よりもよっぽど綺麗だった。
顔を近づけて、舌をクリに延ばすとビリビリした。

「だ、ダメ・・・汚いから」

僕はそれでもピチャピチャと音を立てて、剥き出しのクリを優しく舐めて、指を割れ目の奥へ入れた。
熱くヌルヌルしたヒダが絡みついた。
ツブツブした膣の天井を軽く引っ掻くと、2本の指はきゅーっと絞めつけられ、彼女は仰け反った。

「嫌・・・ああぁあ・・・◯◯ごめんなさい・・・」

彼女は誰かに謝っていた。
僕は彼女の無毛の割れ目を拡げ、亀頭を押し込むと体重を乗せた。
半分ぐらいまで入ると、僕は熱くまとわり付く肉襞を引きずり出すように腰を上下して彼女を犯した。
彼女を繋がっているところを手を探って喚いた。

「うそぉ・・・ヤダヤダこんなの・・・やめないと警察に言うから」

てっきり彼女が受け入れたと思っていた僕は、中から抜いて謝った。

「していいってなんて言ってない・・・避妊もしてないくせに」

「ごめん。外に出すから・・・」

「やだ・・・」

彼女は拗ねたようにプイと横を向いた。
亀頭で彼女の割れ目を擦り、自分の先走り汁と彼女の愛液でヌルヌルになってるので、少し角度を変えるだけだった。

「ほら、先っぽ入ってる」

膣口に入れたり抜いたりして彼女の雫を溢れさせた。

「んっ・・・こんなことしたって・・・絶対にいいって言わないから」

彼女が頑なに最後の言葉を言わないので、僕は愉快になって淳子を挑発した。

「おばさんのアソコ、すごいパクパクしてる・・・欲しがってるよ」
「今まで旦那だけ?こんなエロいのに・・・ここも剃ってさ、すごい変態っぽいよおばさん」
「やっぱりヤリマン?子供も絶対に怪しいって思うよね。おばさん?」

そう言ってクリを弄りながら、グチョグチョと奥まで出し入れして彼女を虐めた。
彼女は「うっ」と声をあげたが、僕の言葉に傷ついたのか泣き出していた。

「ごめん、淳子・・・嘘だから。ヤリマンなんて思ってない。本当に好きになったんだ」

淳子は口を覆って泣いていた。
ポロポロと涙が溢れるのが見えるようだった。

「今まで、浮気・・・したことないの?」

彼女は頷く。

「だって、夫も子供もいるのに・・・」

「それでも不倫してる主婦だっているよ?」

「あたしなんか、つまんないおばさんだよ?・・・他のセックスだって全然知らないし・・・なんであたしにこんなことするの?」

「淳子に惚れたから・・・それに、年上だけど美人だよ。理想のタイプ」

「嘘ばっかり、さっき会ったばかりなのに・・・それにいいの?不倫なんか」

僕は頷いた。

「本当に夫しか男の人知らないから・・・人妻のテクニックみたいの期待してるんだったら・・・」

「ううん。人妻とかじゃなくて・・・淳子が欲しい」

そう言うと彼女は抱きついてキスしてきた。
クチュクチュと舌を絡め、それから僕の脇腹に手を添えると自分から引き寄せてきた。

「お願い、中にだけは出さないで。約束よ」

彼女が僕のチンポに手を添える。

「すごく大きい・・・あたしなんかでこんなになってるの?」

「淳子の匂いだけで、こうなった」

「やだぁ変態・・・こんなの大きいの入っちゃうだ・・・んっ・・・すごい」

彼女の導きで僕はまた淳子の体内に潜った。
彼女が自ら受け入れたせいか、ヌメヌメしたヒダが舌のように絡んできて、今まで経験した誰とも違っていた。
熟女だからとかそんなんじゃなく、すごく相性がいい感じで、淳子も僕を受け入れると、「いい・・・!すごい・・・こんなのって」と何度も身体を仰け反らせた。
民家がないとはいえ、誰が通るかわからない土手沿いで、声も殺さず性交に溺れていた。
エロ本で知っていたけど、さっきのツブツブやこの締め付けで、(名器ってこれなんだ)と考えていた。
少なくとも僕にとって淳子は最高の名器だった。

あまりの興奮と締め付けの良さに、僕は耐えるので必死だった。
それは僕を受け入れた淳子も同じようだった。

「ねぇ、あたしの中、気持ちいい?こんなおばさんのアソコでも感じる?」

僕の必死な表情を見て彼女が不安そうな顔をした。

「気持ちよすぎて・・・すぐにイキそう」

そう言って彼女の中へ深く沈めて、子宮へ出したいと合図を贈る。

「あっ!?イッちゃう・・・お願い、出さないで」

彼女が仰け反り、僕を肩を強く掴む。

「ああぁ・・・中はダメ。人妻なのよ・・・」

彼女は口ではそう言いながらも僕を抱き締める手を緩めなかった。

「だって気持ちよすぎる、淳子だって気持ちいいんだろ?」

僕は汗ばんだ彼女の背中を抱き締め、さらに深い繋がりを求めた。

「約束したじゃない・・・もう少し頑張って・・・あたしもイキそうだから」

乳首に歯を立て送出を速めると、彼女は甲高い声であげて達しようとしてた。

「ダメ・・・もう限界」

そう言って、腰を引こうとすると・・・。

「嫌、あとちょっとなの・・・我慢して」

だけど容赦ない彼女の締め付けで僕は破裂寸前だった。

「ごめん、もう無理・・・口に出していい?」

「あっあっあ・・・嫌、抜かないで・・・いいから・・・中に頂戴」

淳子はそっと僕の頭を抱き締めた。
僕は淳子の中に何度も射精しながら腰の動きを速めた。

「うっ!?イク・・・ああぁ」

次の瞬間、彼女の身体が硬直し、弱々しい声を漏らしてグッタリした。
半裸のおばさんを抱き締めて、僕は初めての膣内射精にドキドキしていた。
彼女は、「悪いおちんちん・・・」と愛液と精液でべったりになったチンポをゆるゆると擦っていた。

「・・・家出した人妻をからかって楽しい?」

彼女は恨みがましそうに、硬さを取り戻した勃起を強く握った。
一瞬、冷静になって大変なことをしてしまったと思ったが、こんなにドキドキする体験は滅多に味わえないと思った。

「淳子、僕の彼女になってよ」

「無理よ・・・結婚してるもの」

「それでもいいから・・・」

「赤ちゃん、出来たらどうする?」

僕は一瞬怯んだが、彼女の茂みに触れて、「出来たら嬉しい」と目一杯の強がりを言った。

「バカねぇ、こんなおばさんに・・・あたし、彼女になってあげる・・・ずっと可愛がってくれなきゃ嫌よ」

僕たちはまたキスを交わした。

その後、僕は家族の目を盗んで淳子を自宅の離れにかくまうと、学校にも行かず2日間、色情に狂って淳子と避妊もせずに交わった。
それから彼女は5日ぶりに自宅へ戻り、僕が高校生だとバレるまでの2年間、毎週のように逢瀬を重ねた。