同じアパートの奥さんに覗きオナニーがバレて・前編

この体験談は約 5 分で読めます。

若い頃の思い出です。
高校を卒業してまもなく一人暮らしを始めた。
風呂無しボロアパートの1階に部屋を借りた。
親元を離れて自由な暮らしを夢見たが、彼女も出来ず、AV鑑賞の毎日に満たされない欲求が膨らんでいった。
刺激を求めて近所を徘徊しても何かあるはずもなく、アパートに戻り一人寂しく過ごしていた。

いつしか、同じ棟に住む平山さんという50前後の女性にも性欲を感じてしまう有様で、平山さんの自転車のサドルに触り、ちんこを勃起させるような変質者ぶりだった。
隣の棟に木村さんという夫婦と小学校1年生くらいの男の子の家族が住んでいて、そこの奥さんと平山さんは仲が良いようで、立ち話をしているところを見かけた。
木村さんの奥さんの方がはるかに若くて美人なのだが、性欲は向かなかったのが不思議だった。

ある朝、ゴミを捨てに行くと平山さんとすれ違った。
ゴミ捨て場には袋が2つ置いてあり、衝動的に手前の袋を持って来てしまった。
部屋に戻ってゴミ袋を開ける時は身震いするほど興奮した。
しかし、ゴミ袋の中から小学校の手紙が出てきてしまい、間違えて木村さんのゴミ袋を持ってきてしまったことに気づいた。
残念な気持ちでゴミ捨て場に戻そうとしたが、バレてはいけないので袋を入れ替えることにした。
ガサガサと入れ替えていると怪しげな紙袋を発見。
開けるとたくさんのティッシュと一緒に使用済みのコンドームが数個出てきた。
衝撃的だった。
当たり前だが、あの夫婦はセックスしてるんだと思い、物凄く興奮してしまった。

その夜、木村さんが住んでいる棟をうろついてみた。
蚊取り線香の匂いがして、軒下には子供の海水パンツとバスタオルが干してあった。
磨りガラスの向こうには蛍光灯の明かりとテレビの光がチラチラして団欒が窺えた。

(明かりが消えたらもう一度徘徊しよう)

そう思い部屋に戻り、向かいの部屋の様子を窺うことにした。
11時過ぎに電気が消える。
静かに近づき耳を澄ます。
今にもいやらしい声が聞こえてきそうで股間が硬くなった。
木村さんの奥さんは中肉中背だが引き締まった感じの体で、ちょっと目の小さい可愛い顔立ちだった。

(あの奥さんがセックスしてるかも)

そう思いスウェットのパンツに手を入れ、ちんこをしごいた。
暗い部屋に青白い明かりが点き、テレビの音声が聞こえてきた。

(なんだ?)

耳を澄ますと、テレビの音に紛れて微かないやらしい声が聞こえる。

「んーーん、はぁ~~」

みたいな感じで、興奮が頂点に達してその場に射精してしまった。

(子供を寝かせてからテレビの音声で誤魔化しながらセックスするんだ)

そう想像した。
電気が消えた後にテレビが点く日は週に3回くらいあった。
その度に聞き耳を立てセンズリをした。

その日も部屋の明かりが消えて10分くらいでテレビが点いた。
スウェット姿で近づき、窓に耳を寄せた。

ガラッ!

突然、窓が開いた。

「こんばんは」

ニコニコした奥さんがいた。

「あっ、こんばんは・・・」

焦って返事をした。

「何してるんですか?」

疑いの眼差しで奥さんが聞く。

「いや・・・あの・・・」

血の気が引いていった。

「人目が気になるから庭の方に回ってよ」

奥さんはそう言うと部屋の明かりを点けた。
逃げたい気持ちが湧いたが、大事になるのを恐れて言われた通り裏に回った。

「何してたの?」

厳しい口調で質問される。

「・・・」

「いつも来てたの知ってるのよ。何してたのかしら?」

今度は冷ややかな口調。

「ごめんなさい・・・」

全てばれてる様子だ。

(どうなるのだろう?警察とか呼ばれちゃうんだろうか?)

頭が真っ白になった。

「犯人逮捕って感じね。さぁ何してたのか白状してもらおうかな」

薄っすらと笑みを浮かべて奥さんが聞いた。

「ごめんなさい・・・エッチなことを・・・本当にごめんなさい・・・」

もう謝るしかない。

「まあいいわ、上がりなさい」

逃がさないとばかりに部屋に上げられた。

「さて、まずは何歳なの?」
「19歳です」

「平山さんの下着を盗んだのもあなた?」
「いえ、そんなことはしません」

とんだ濡れ衣だ。

「じゃあ、どんなことはするのかしら?」

見事に誘導されている感じ。
正直に全て話すことにした。

「下着を盗んだりはしません。ただ、自転車を触ったり、傘やほうきを触ったりしました」

「どういうこと?何するの?ほうきがどうしたの?」

興味深く奥さんが聞いてきた。

「彼女の手で握るっていうか、お尻が触れるっていうか・・・興奮するんです」
「フェチなんだね。なるほど、じゃあ私の家では何してたの?」

「声を・・・あのー・・・愛し合っている時の様子を想像して・・・」
「ぷふっ。綺麗な言い方ね。愛し合ってか・・・セックスでしょ?エッチしてるところ考えてたんでしょ?」

「あ、はい・・・」

このとき気づいたが、家の中には奥さんしかいない。
台所に目を向けたが誰もいない様子だった。

「誰もいないよ。子供も主人も夏休みのキャンプに行ってるから」
「えっ、じゃあ木村さん、俺を捕まえるために・・・電気消して・・」

「ミユキでいいよ。そう、君が変態っぽいって平山さんから聞いてたから、最近エッチの最中に通る人影が君だと予想してたの。案の定、正解。でも、主人は知らないから安心して」
「本当にごめんなさい。許してください」

次の展開がわからず謝るだけだった。

「君さあ、人に覗かれながらセックスする気持ちわかる?主人にも話そうかと思ったけど、なんていうのかな~?」

ミユキさんは何か言いたげだった。

「本当に申しません。許してください」

必死に謝った。

「いいわよ。許してあげる。誰にも言わないであげる」

ミユキさんは笑顔でそう言ってくれた。

「19歳じゃしょうがないか~、ギラギラだよね~、早く彼女出来るといいんだろうけどね~」

「大丈夫です、自分で処理しますから・・・平気です」

許してもらいホッとして、強がってみた。

「どんなこと想像してオナニーするの?」

「特には・・・なんていうか・・・何かに興奮することがあるみたいで・・・たとえば・・・女性が何かを握ってるところとか・・・」

「これくらいの大きさのものとか?」

そう言ってキンカンのビンを握って見せた。
その光景がエロくて股間がムズムズしてしまった。

「はい、握られてるとか想像するのが好きみたいなんです」

(やばい、勃起してる)

「ポケットに何入れてるの?」

スウェットのポケットを指してミユキさんが言った。

「いや・・・あの・・・ティッシュです」

丸めたティッシュを出して言った。

「ふふっ、正直ね。出そうと思って来たんだよね。・・・あれ?まだパンツ膨らんでるよ?」

勃起は完全に見つかってる。

「すみません。さっきミユキさんがビンを握ったの見てたら・・・」

「握ってあげようか。いいわよ握ってあげても」

ミユキさんはビックリする発言をした。

<続く>