店長と奥さんのハメ撮りビデオを鑑賞させてもらった

この体験談は約 2 分で読めます。

4、5年ほど前の話なんだけど、某デパートのテナントの店員である僕と、別の店の店長さんとの話です。
いつも仲良くしてもらってて、ある日一緒に飲みに出たんです。

店長が、「今日は嫁や子が家にいないから泊まってきなよ」と言ってくれたので泊まらせてもらいました。

店長の部屋に入ると、そこには壁一面の本棚。
そして、ここには書けないようなエッチなビデオが並んでました。
2人で飲み直しながらその数本を見せてもらってたんですが、僕は、「店長、これいいですね~」とか「これはすごい!」とか絶賛してたわけです。
店長は上機嫌で次から次へと別のビデオを説明付きで観せてくれました。

問題はここからです。
上機嫌の店長は僕にこう言いました。

「S君、嬉しいねえ。それじゃあ君にとっておきのビデオを観せてあげるよ」

「とっておきって、まさか店長が出てるんじゃないでしょうね」

冗談で言ったつもりだったんですが・・・。

店長「うん、そうだよ」(←ニコニコ顔)

僕「え?」

さっそく店長は本棚の奥から出してきたテープをデッキに入れたんです。
画面に出てきた画像は奥さんとホテルで撮影したものでした。
僕は固まってしまいました。

(普通そういったもの他人に見せるか?というか撮る?)

固まってる僕を見て店長はニヤけながら、「どう?すごいだろ?」と、また解説を。
店長はその頃40歳くらい、奥さんは30代の綺麗な人で、店で何度も面識があったので、とても興奮してしまいました。

店長「これを観たことは女房には内緒だぞ」

僕「言うわけないでしょ~」

店長「よく夫婦喧嘩すると女房と一緒にこのビデオを観るんだ。そしてな、『俺達はこんなに愛し合ってるじゃないか』と言って仲直りするんだ」

店長の解説を聞きながら観ているうちに、気がついたら朝になってました。
2人とも泥酔して寝てたんですが、店長はまた朝からビデオを観てました。

後日、店で開店の準備をしていると店長が、「おーい、S君ちょっとおいで」と呼びます。
行ってみるとそこには開店の準備を手伝ってる奥さんの姿が。

奥さん「S君、いつも主人がお世話になってます」

僕「いえ、こちらこそ、いつもありがとうございます」

ビデオで観た、奥さんの乱れた姿が頭の中をグルグルと・・・。
うう、たまらん!

奥さん「また家に遊びに来てね」

店長「今度は俺のいない時に来るか?あはは」

奥さん「そうね~、それもいいかも。うふふ」

いつもなら気の利いた冗談を返せる僕も、さすがにこの時は苦笑いするのがやっとでした。
そんな僕のオロオロした姿を店長は横で見ながらニヤニヤしている。
困った人だ・・・。

以上です。

たいした話でなくてスイマセン。