後輩の嫁の細い指で

この体験談は約 8 分で読めます。

もう、数年前のことですが・・・。

ある年の冬、俺はスノーボードをしていて、大怪我をしてしまった。
腰と片脚の付け根と右肩を怪我してしまい、とても帰れる状態でなかったため、スキー場近く(といっても遠いが)の市民病院での入院を余儀なくされた。

至って健康だった俺が初めての入院。
しかも寝たきりで動けない。
勝手がわからない俺にベテラン看護婦さんが小便、大便の仕方を教えてくれた。

小便は「尿瓶」、大便は「差込便器」というものを看護婦さんに股の間に入れてもらって、その中にするとのこと。
そして恥ずかしいことに、その尿瓶の口にチンポを差し込むのだが、怪我してない左手を使おうとしても腰と背中に激痛が走るため、結局看護婦さんに差し込んでもらわなくてはならないのだ。

説明してくれた看護婦さんが出てった後、なんだかおしっこするの恥ずかしいなあと思っていたが、人間不思議なものでそう思うとしたくなってしまうのだ。
しばらく躊躇していたが、やっぱどうにも我慢できない。
まあ、引き伸ばしてもいつかはしなければならない。
そんで意を決して(大げさだが)看護婦さんを呼ぶことにした。

そしたら、ドアを開けて入ってきたのは説明してくれたベテラン看護婦さんではなかった。
もっと若い看護婦さんだ。
しかも、どっかで見たことが・・・。

なんと大学時代の後輩の嫁さんじゃないか!

俺「あれ?Tちゃん?」

T「あれ?Kさん?」

どうして後輩の嫁がこんな田舎の病院にいるんだ・・・。

Tちゃんは後輩Sの嫁。
卒業後も、俺とSは職場が近かったのでよく会ってて、当時Sの彼女だったTちゃんともよく遊んでいた。
そして程なくして、SとTちゃんが結婚。
俺も結婚したが、その後も家族ぐるみで度々会っていた。

しかし、子供が生まれてしばらくしてSが「転職したい、田舎で林業がやりたい」とか言って、この病院のある田舎の市へ転職&引越しをしたのだった。
そして、彼らが引っ越してからは俺は彼らに一度も会っていなかった。

俺「そうか、SとTちゃん、今この辺りに住んでんるんだ・・・」

T「そうなんです。それで最近、子供預けて私もまた働き出したんです」

俺「なるほどね。そうだったのか・・・」

T「で、Kさんはここで何やってるんですか?」

俺「何やってるって、ボードで転んじゃってさ」

T「あー、Kさんだったんですね。スノーボードで大怪我して運び込まれた人って・・・」

Tちゃんは後輩の嫁だが、姉さん女房で俺より年上。
当時、20台後半か30ちょうどくらいだったと思う。
しかし、旦那の先輩ということで俺のことはK「さん」と呼び、ちょっと敬語で話してくる。
俺は後輩の嫁ということでT「ちゃん」と呼ぶ。

T「ところで、何でした?」

俺「いやいや。おしっこしたくなって・・・。でも、自分でできないんだ。Tちゃんだと恥ずかしいから。他の人呼んでよ」

T「あっ、そうですか。わかりました。すぐ呼んできますね」

するとベテラン看護婦が飛んできた(泣)
まーそれはいいです。

しばらくはそんなこんなで、特に何もなく入院生活を過ごしていたのだが・・・。

ある夜、どうしてもおしっこがしたくなり、ナースコールを押したすると、珍しく夜勤だったTちゃんが来た。

俺「あの、おしっこしたいんだけど。誰かいないかな」

T「あっ、でも今私と婦長しかいなくて」

俺「そうか・・・じゃあいいよ、まだ我慢できそうだから。また、後でいいよ」

Tちゃんは「我慢できなくなったらまた呼んでください。でもあまり我慢してはダメですよ」って言って戻っていった。

・・・が、しかし。
そうは我慢できない。

もう、他の看護婦さん来たかな。
婦長さんはやってくれないのかな。
何て考えていたら、入口のドアからTちゃんが顔を出した。

T「大丈夫ですか?あのぉ、婦長に頼んだんですけど。それはアンタの仕事でしょって言われちゃって・・・もしあれなら・・・」

俺「いいよ。まだまだ大丈夫だから・・・」

しかし、言葉とは裏腹に俺はもう限界だった。
漏らしては困るので、帰ろうとするTちゃんを呼び止めた。

「ごめんTちゃん。やっぱ無理。もう出そう・・・」

すると、Tちゃんは少しニコッとして「いいですよ。ちょっと待ってくださいね」って言った後、どっかに戻って行った。

俺はいろいろ考えた。

(Tちゃんにチンコさわられる・・・。いいのかこれは・・・)
(いや、Tちゃんだって普段から仕事でしてるんだ。何も恥ずかしがることはない・・・)
(しかし、コレは大学の仲間内で笑いのネタになってしまうな・・・)
(俺の嫁が仮に看護婦で後輩にチンコ触って小便させたって別になんてことはないか・・・)

しかし、色々考えてるうちに、異常事態が発生した。
Tちゃんは結構可愛くてキレイだ。
綾瀬はるかによく似てて、身長はもう少し小さめ。
笑った顔は本当に綾瀬はるかにそっくりだ。
後輩の嫁で友達感覚があるとは言え、そんなTちゃんにチンコを触れられると想像したら、俺のジュニアはムクムクと頭を上げ始めたのだ。

あー、やばい、やばい。
これだけおしっこがしたい状態で勃起なんてするんだ・・・と、ある意味感心していたが、すぐにTちゃんが戻ってきてしまった。

俺「あー、やっぱいいわ。なんかしたくなくなった」

T「本当ですか?別に遠慮しなくてもいいんですよ。恥ずかしいんですか?」

俺「いやいや、違うんだ。本当にしたくなくなったんだ。長く我慢してたからかな・・・」

そりゃ嘘もつく。
さすがに勃起したところを触られるのは恥ずかしい。
ましてや、それを後輩に話されたら、恥ずかしくてしょうがない。
俺は勃起していることをひた隠しにして断った。

Tちゃんは「じゃあ、またしたくなったら言ってくださいね」と言い、部屋を出て行った。

しかし、しかしだ。(長くてすみません・・・)
何度も悪いが、やっぱり我慢できない。
もう、いっそのこと漏らした方がいいのではないか。
いやいや、それこそ恥ずかしいぞ。
なんて、考えていたら、Tちゃんがまた部屋に来た。

T「どうですか?まだしたくないですか?」

俺「いや、まあ出そうかと言われれば・・・」

T「とりあえず出しちゃったほうがいいですよ。膀胱炎になったら私も困りますし。Kさん、私は看護婦です。大丈夫ですから・・・」

俺「わ、わかったよ。じゃあ頼みます・・・」

俺はジュニアが通常状態に戻ったこともあり、そしてもうこれ以上の我慢は無理と思い、承諾した。

俺は怪我してない少し動く方の足の膝を立てた。
Tちゃんが股の下に尿瓶を置く。

そしていよいよトランクスを開け、Tちゃんが俺のチンポをつまむ・・・。

細い指。たまらない。
おばさん看護婦と違って触り方もソフトだ。

しかし、下腹部に乗ったチンポはなかなか尿瓶の方には向かなかった。
そう、また勃起し始めててしまったのだ。

そして、持ち上げて尿瓶の方に持ってっては、ビタンって下腹部に戻ってしまうのを繰り返していたら。
完全に勃起して、カチンコチンになってしまった。
もはやおしっこなんて出来ない。

・・・。

「Kさん?」

足の方から俺の顔を覗き込み、ちょっと笑いながらTちゃんは言った。

「さっきの、こういうことだったんですね・・・」

「はははは・・・」

俺は笑うしかなかった。

Tちゃんの小さな手、細い指でさわられると、ほんとに気持ちいい。
うちの嫁の手は大きくゴツイ方だし・・・。
こりゃしょうがない。

しばらく沈黙の後、Tちゃんはイスに座ってとんでもない事を言った。

T「出しますか?」

俺「えっ?出しますって・・・おしっこ・・・じゃないよね・・・」

T「この状態じゃおしっこもできないし、つらいでしょう」

俺「でも出すって・・・」

T「私の手でいいなら。もちろんSには内緒にしときますよ♪」

・・・。

俺「・・・じゃあ・・」

T「じゃあ、出しますね」

するとTちゃんは体勢を変えた。
そして、おもむろに細い指で俺のチンポをそっと包んだ。
優しく包みこむような触れ方。

それだけで、十分MAX状態になった・・・。

そして、ゆっくりと上下させたあと、亀頭をなでなでする。
それを繰り返す。
恥ずかしながら、もう先走り汁全開だ。

そしてTちゃんは可愛い左手を俺の内ももに置き、右手でだんだん早くしごき始めた。
大量の先走り汁のせいで「ジュっ、ジュッ、ジュっ」と音が鳴る。
恥ずかしくて目を瞑る俺。

気持ちよすぎる・・・。

足の付け根のケガはほぼ治っていたが、腰はまだ痛い。
しかし、この気持ちよさに比べたらどうでもいい痛みだ。

「ジュっ!ジュッ!ジュっ!」

手の動きがどんどん早くなる。
俺はもう我慢の限界だ。

「どうですか?」とTちゃんが聞く。

「あ、あー」と俺の言葉は言葉になってない。

Tちゃんは一旦握るところを変えたが、そこはカリがよく刺激されて最高の場所だった。
こりゃたまらん。

「ハア、ハア」

だんだん息が荒くなってくるが自分でもわかる。
すると、Tちゃんは俺がイキそうだと判断したのか、チンポを左手に持ち替え、右手で俺の手を握った。

そして、より音をたて、激しくしごきながら「出そう?」と俺に聞いた。

なぜかこの言葉だけは敬語ではない。
疑問形のやさしい小悪魔的な、とてつもなく可愛らしいその言葉に、俺は明らかに後輩の嫁に女を感じてしまった。

俺はTちゃんの右手を強く握る。
それに合わせTちゃんも俺の手をギュッと握って、左手はさらにスピードを上げる。
さっきまで、ニコッとしていたが、今はTちゃんも真剣な顔だ。

俺「もうダメだ!出る!!」

俺は今までにない最高の発射をした。
出る瞬間、Tちゃんは俺の手を離し尿瓶をとろうとしたが、タイミングが遅れ、取ることができず、大量の白い液体を自分の手で受け止めた。

Tちゃんはゆっくり絞りだすようにチンポを持つ手を上下させた後、俺の方を見てニコッと笑った。

そして、ベッドにまでついてしまった精子を処理しながら、「Kさんって意外と可愛いんですね。前は下ネタばっかで豪快な感じだったんだけど、今日はなんか可愛い年下に思えちゃった。って年下でしたね」と言った。

俺「そうだね。Tちゃん年上だったね・・・」

そんなことどうでもよかったが・・・。

それからはまた元通りに、別の看護婦さんがおしっこの処理をしてくれた。
そして、怪我も治ってきて、自分でおしっことかもできるようになった。

退院する前の夜、Tちゃんがふと現れた。

T「もうおしっこはいいんですか?」

俺「何言ってるの?もう自分でできるよ」

T「そうですね。じゃあおしっこはいいとして、今日が入院最後だし、この前のしてあげましょっか?」

俺「したいの?」

T「されたくないの?」

俺「・・・なわけねーじゃん・・・」

ってなことで、おしっことは関係なく、もう一度抜いてくれた。
その時は勢い余ってTちゃんのお尻とかさわりまくってしまった。
俺がナース服の上からTちゃんの体をさわったとき、一瞬可愛くムッって感じで口を結んだ後、ニコッって笑ってわざわざ触りやすいとこに動いてくれたのがなんだかとても可愛く感じた。
そして、触られている時の艶かしいTちゃんの顔はセクシーで可愛かったな・・・。

そして次の日に俺は退院して地元に戻った。

あれ以来、俺は度々Tちゃんの指が細くてちっちゃく、とても可愛らしい手を思い出す。
俺は小さい手フェチになってしまった。

この話を思い出したのは、先日、後輩Sから電話があったからだ。
年末に帰省するので、みんな集まって飲みませんかという電話だ。

S「久しぶりですね。そう言えばだいぶ前、先輩がこっちの病院に入院してたときも、俺出張でお見舞いいけなかったですし」

俺「ああ、そんなこともあったな。もー俺もボードしないし、あの時が会えるチャンスだったのにな」

S「病院で会った嫁はやっぱりK先輩は面白い人だったって言ってましたよ。俺もまた会えるの楽しみです」

俺「あー、面白い人ね・・・。Tちゃんには病院でかなり世話になったな。Tちゃんは来ないのか?」

S「嫁は仕事で帰省するのが年明けなんで・・・。また、連れて行きますよ。とにかく久しぶりの飲み会楽しみにしてます。もちろん先輩のおごりでね(笑)」

俺「あー、俺も楽しみにしてるよ。Tちゃんによろしくな」

※途中関係ない会話は省いております。

100%ではないが、話しぶりからするとSはあのことのことを知らないみたいだ。
仲のよい二人なので、意外と笑い話として盛り上がっているかと思っていたが。
Sはあのこと知ったら怒るだろうか。
俺も随分勝手だが、罪悪感はない。
それは、Sがそのことを知ったとしても「いやあ、K先輩、嫁に変なことさせないでくださいよぉ」ってな感じで笑いながら言いそうだからだ。
ま、それは俺が良い方に考えすぎてるかもしれないけど。
当面は俺とTちゃんの間の秘密にしておこうと思う。

それにしても、「Tちゃんにかなり世話になった」ってSに言ったあと、ちょっとどもってしまった。

S、いや兄弟よ。
年末楽しみにしてるよ。