俺を兄貴を間違えて誘って来た兄嫁とそのまま

この体験談は約 3 分で読めます。

この前、兄貴の家に飲みに行った。
兄貴夫婦は子供はまだいない。
兄貴31歳、嫁さん29歳。

しこたま飲んで眠くなり、俺はそのまま泊まった。
兄貴のベッドに寝ていると、なにやらモゾモゾと俺の身体を触る感じが。
どうやら兄貴の嫁さんが俺と兄貴を間違えているようだ。

「ねえ・・・◯◯・・・起きてぇ・・・ねえ・・・」

兄貴は仲間に急に呼び出されて家にはいないはずだ。

「ねえ・・・いいでしょぉ・・・ねえ・・・したいぃ・・・」

兄貴の嫁さんのS香は俺の身体にグイグイと摺り寄せる。
俺の後ろにグイグイと。
S香は俺のチンポをパンツの上から擦る。
やがてパンツの中に手を入れてしごく。

「ねぇ・・・無視しないでぇ・・・ねぇ・・・起きてるんでしょう・・・」

完全に兄貴と間違えてるなと思いそのまま知らんぷりしていた。
S香が俺のチンポをしごきながら囁く。

「はぁ・・・はぁ・・・ねぇ・・・あたしのも触ってぇ・・・ねぇ・・早くぅ・・・」

俺は言われた通りにアソコを触る。
S香のアソコはビックリするぐらいにグッショリ濡れていた。
なんてスケベな女だ。
クリトリスをグイグイ触ると・・・。

「ああんっ・・・あーん・・・そうっ・・・そこっ・・・いい・・・もっと触ってっ」

後ろ向きのままグリグリとアソコを触り続けるとS香は・・・。

「ねぇ、こっち向いてぇ・・・ねぇ、チュウしてぇ・・・ねぇ・・・」

俺は前を向いた。
S香の顔が引きつり、そのまま固まった。

「えっ!・・・えっ!・・・いやっ!・・・ごめん!◯◯だと思ったから・・・ごめん・・・いやぁん・・・間違えた・・・」

俺はS香の顔を引き寄せブチューッとキスをした。
S香は最初こそ戸惑っていたが、すぐに手をぶらんとさせてキスをされていた。
唇を離すとS香はバツが悪そうに恥ずかしそうにしていたが、「兄貴は出掛けていて当分は帰ってこないよ」と言うと安心したような表情になり下を向いていた。

俺は身体を引き寄せ、またキスをした。
俺が舌を入れるとS香も舌を入れてお互い舌を絡めた。
ハァハァハァハァと激しく舌を絡め、よだれも垂れそうなくらいだった。
お互いの性器を弄りあった。

「入れていい?」

S香は黙っていたが足は開いていた。
チンポを入れようとすると・・・。

「ねえ・・・ゴムつけて」

ゴムはベッドの脇の引き出しにあった。
俺はゴムをつけるとグイっと挿入した。

「はぁっ・・・あっあっ・・・」

一応、気を遣ってゆっくり腰を動かしていると・・・。

「ああ~ん・・・ねぇ、もっと奥まで入れてぇ・・・ねぇ・・・奥までぇ・・・」

これでもかと奥まで入れた。

「ああん・・・そうっ・・・すごいいっ・・・いい・・・おっきいっ・・・」

「もうイクよ」

「いいよぉ、イッてもぉ・・・強く突いて、ねぇ・・・突いてぇ・・・もっと突いてぇ・・・」

S香は身体がガクガクとなり、俺が中に出すと同時にイッたようだった。