ゲーセンでナンパした女を酔わせてラブホへ

この体験談は約 4 分で読めます。

先日、ゲーセンで遊んでいると、一人で遊んでいる細身の女がいた。
遠くから見て、まぁまぁいいなと思って声をかけようと隣に座ってよく見ると、ちょっと残念な顔。
まぁ食えなくはないなと、「これ、良かったら使って」とコインを山盛りあげた。

「あっ、ありがとうございます」

俺はその場を去った。
少し時間を置いてから、もう一度行くとまだいたので、コーヒーとお茶を持って、「どっちがいい」と渡すと驚いた顔をした。

「あっえっ」
「どっちがいい」

「そんな」
「いいから」

「じゃあお茶でいいですか?」
「はい。増えた?」

「あっはい、ありがとうございます」
「すごいね」

「一人で来るの?」
「あっ、はい、たまに」

「へぇそうなんだぁ、でも一人で来てたら可愛いから声かけられない?」
「えっ~、そんな事ないですよ」

「そうかなぁ、俺なんてすぐ声かけちゃったけどなぁ」
「よく来られるんですか?」

「えっ俺?ううん。あまり来ない。今日はたまたま可愛い子がいるなぁと思って引き寄せられちゃった。俺は拓って言うんだけど名前なんていうの?」
「サヤカっていいます」

「へぇ~、サヤカちゃんか、いい名前だね」

サヤカは細身で足も細くスタイルはまあまあ。
胸はBカップくらいの手頃な感じ。
白い上下のジャケットにタイトスカート。
ちょっと高めの椅子に座っているのでスリットから太股がチラッと見えて食欲をそそる。

「このゲームどうするの?」
「これはタイミング計ってコインを転がして入れると、コインが流れ落ちて穴に入るとスロットが回ってコインが増えるんです」

「へぇそうなんだぁ、やり方教えて?」
「じゃぁどうぞ」

隣に座るように促され、一緒に始めた。
ゲームで盛り上がり、散々遊んで夕方になった。

「面白かったね、ねぇ良かったらこれから食事行かない?時間ない?」
「えっ?」

「時間ない?」
「いえ、大丈夫ですけど・・・」

「知り合ってすぐなんて、食事なんて怖いよね?」
「いえ、そんなんじゃなくて、今日私あまりお金持ってなくて、拓さんは優しくて面白い人なのはわかったから全然平気ですよ」

「なんだ、お金なら大丈夫、男が出すの当たり前じゃん、気にしないで行こうよ」

ゲーセンを出てイタ飯屋へ。
ワインを飲ませて、適度に酔ったサヤカを連れてカラオケへ。
そこでもカクテル飲ませて、グッタリともたれかかってくるサヤカの太股を撫でながらスカートの中に手を滑り込ませた。
朦朧と、「もぉダメですよ」とシドロモドロのサヤカは俺にもたれかかり寝息を立て始めた。

「大丈夫?ほらしっかりしないと。苦しい?苦しいならボタン外そうね」

上着のボタンを外し、手を胸へと滑り込ませる。
ブラの中に手を入れて乳房を揉んだが、目を覚ます様子もない。
どこまで出来るかと思い、乳首を摘んでみると、体をビクッ!と痙攣させたかと思うと急に息が荒くなった。
すぐに衣服を直す。

「ほら、起きなきゃ、もう帰る?」

「う~んんzzz」

「ほら、帰るよ」

サヤカを抱えて店を出た。
途中路地に入り、キスをしてみた。
夢心地の中のサヤカは、拒絶することなく受け入れてきた。

「少し休んでく?」

聞くと小さく頷いた。
すぐ近くのラブホに入り、ベッドに寝かせた。
ちょっと苦しそうにしてるサヤカの耳元で・・・。

「水飲む?」

「う~ん、ん」

身悶えるサヤカを起こし、備え付けのミネラルウォーターを口移しで飲ませた。
美味しそうに飲み干す。
重ねた唇に舌を入れ、サヤカの舌と絡ませると自然と舌を絡ませ、首に腕を回して抱きついてきた。
抱き合ったままブラウスのボタンを外し、上着を脱がせて重なり合った。
意識があるのか、絡めた腕を離そうとしない。
首筋から胸へと舌を這わせた。
ブラのホックを外すと小振りな乳房と小さな乳首が現れた。
乳首を舌で転がすと、回した腕に力が入るのを感じた。

右手をスカートの中へ。
下着に手をかけると、若干腰を引きながらも回した腕に力が入る。
ゆっくりと下着を下ろしながら徐々に舌をお腹から下半身へ。
腰を少し浮かせ、下着を脱がせると薄い陰毛が目の前に。
舌で陰毛を掻き分け、クリを舌で転がし、マンコへ。
舐めると悶え声をあげて感じ始めた。
完全に目を覚ましたのか、まだ意識が朦朧としているのか判らなかったが、体は男を受け入れる体勢になっていた。

舌をマンコの中へ滑り込ませて舌を出し入れ。
ヒダを吸い、クリを甘噛み。
マンコから尋常じゃない蜜が溢れ出てビチョビチョ。
硬直した息子をゆっくりと、絞め付けてくる感じを味わいながら滑り込ませる。
グニュグニュっという感じで入り込むチンポ。
声を上げて感じるサヤカ。
乳房を揉みながら一気にピストン運動。
絶叫気味に感じ始めたサヤカに若干引きながらも一気に土手にフィニッシュ。
サヤカは唇と体を震わせながらイッた。
シーツがビッショリ濡れていた。

翌朝、俺に寄り添うように寝ているサヤカが妙に可愛く思え、何度も愛しあった。
酔いが醒めたサヤカは積極的で、体位に関係なく自ら腰を振って喘ぎ声をあげていた。
昼前にホテルを出て、少し街をぶらついた後、サヤカと別れた。

終わり。