挿入はOKでも最後までキスNGだった彼氏持ちの女

この体験談は約 5 分で読めます。

モー娘のなっちに似た女の子と出会い系サイトの掲示板でやり取りして、町田での飲みからワンナイトラブに至った経緯を紹介します。

<スペック>
名前:みな。
年齢:28歳、OL。
敢えて言えば、モーニング娘のなっちこと安倍なつみが近いかな~。

ある日、某サイトの掲示板で、『今日の19時頃から飲める人~?』という募集があった。
メールを送ってみる。

『はじめまして。xxxxと言います。19時くらいから大丈夫ですよ。ちなみに場所はどうしますか?』

30分くらいした頃に返信が来る。

『返信ありがとうございます。住みは八王子なんですけど、お互いの中間地点だとどこになりますか?』

『町田が近いですね~』

『じゃあ町田に19時集合で。このサイト使いづらいんで、メールで直接やり取りできませんか?』

『分かりました。アドレス送ります』

とんとん拍子にアポが決まり、フリーメールのアドレスを送りました。
メールの履歴が残ってたんで、ここからは当時の文章そのままでお楽しみください。

みな『分かるかな?』

俺『はい♪どうもxxxxです』

みな『とりあえず家出るときメールしますね!』

俺『は~い♪では19時に町田駅の改札に集合でお願いします』

その後、シャワーを浴びたり身支度をしたりして、家を出るタイミングで確認のメールを送る。

俺『僕はそろそろ出るんで、そちらも出るときに連絡をお願いします』

家から出て電車に乗り込むタイミングで返信が来る。

みな『私も出ます。少し遅れるかもです(>_<)』

俺『は~い、ちなみに何か食べたいものとかありますか?』

みな『んぅ、何が食べたいかなぁ(・・;)』

そうこうしてると目的の町田駅に到着し、目印になりそうなものを探します。
ちょうど階段を登ったとこにコンビニを見つけ、そこを集合場所に決定。

俺『今、到着しました♪階段かエスカレーターを上がったら改札の中にコンビニがあるんで、その前で待ってます♪』

それに対しては返事がなく、もしかしてすっぽかしか?と焦るが、10分後にメールが来た。

みな『着きました。電話下さい→090XXXXXXXX』

実際、こんな風にGmailでやり取りしてました。

俺「もしもし」

みな「もしもし、みなです」

俺「今、どこですか?」

みな「改札の外の券売機の前にいます」

そう聞いてふと外を見ると携帯電話で話しながらこっちを見ている女性と目が合う。
電話を切り上げ近づく。

俺「こんばんわ、xxxxです」

みな「どうも、みなです」

見たところ、ちょい細目でサバサバした感じのなかなか可愛い娘でした。

俺「じゃあ、飲みに行きましょう。結局、何、食べたいですか?」

みな「う~ん、どうしようかな~?」

俺「じゃあ、モツ鍋屋とかどう?」

みな「寒くなってきたし、いいね♪」

ってなわけで知ってるモツ鍋屋へ。
小上がりの席に通される。
リラックスできるし、いい席だ。

俺「生でいいかな?」

みな「うん♪」

2人して餃子やら酢モツやらを肴に酒を飲むわ、飲むわ。
飲みながら自己紹介を済ませる。
彼女は八王子の辺りに住んでるっぽい。
しかし、飲むのも喋るのもペースが早い。

「私ね~、学生時代、いじめられてたんだ~」
「当時、付き合ってた彼氏がさ~」

マシンガンのようによく喋る。
彼女曰く、普段はあんまり喋らないけど、飲んでるってのと俺が聞き上手らしいので喋りやすいとのこと。
言ってることが本当ならば、わずか2時間足らずで彼女の学生時代の話、経歴、恋愛事情などを知ってしまった(笑)
しかし、そんな時間も終わりに近づく、終電の時間だ。

俺「じゃあ、出よっか?」

みな「うん・・・」

会計を済ませ店を出る。
2人、駅に向かって歩き出す。
そこで淡い期待を込めて、「もう一軒行かない?」と聞いてみる。
すると少し迷った様子を見せるも・・・。

「じゃあ、行こうか♪」

てなわけで終電間近の二次会決定!!
近くの居酒屋に入って飲み直すことに。
向こうはさらに酔っており、今使っている携帯をゲットした経緯やら一人暮らしを始めた経緯なんかを聞いてもないのに始めたw
そして、その後・・・向こうから、「この後、どうするの?」と再び質問が。

「いい加減にしないと他の人を探すよ」と携帯を取り出す彼女。

それは困ると内心焦りつつ、「じゃあ店出ようか」と平静を装いながら店を出る。
そしてタクシーを見つけ彼女と共に乗り込む。
行き先は店を出るまでの間に調べていたラブホ街。
やがて町田のホテルが密集してるエリアに到着。
コンビニで買い物をしてから、目についたホテルに入室。
2人でソファーに並んで座り、テレビを観ながらまた話し始める。
こうして夜も過ぎてくわけです。

その後、2人別々にシャワーに入って電気を暗くします。
暗くなった部屋の中で彼女を抱き締め、ジーパンのショートパンツを穿いた太ももを触りますが抵抗はされません。
しかし、その流れでキスをしようとすると、顔を背けられます。
キスを諦めると彼女から、「本当に優しいよね・・・」の一言が。
今思えば、キスを拒否された時点で気付くべきだったのかもしれません。

しかし、そんなことはエロスイッチが入ってる俺には関係ありませんでした。
キスこそ拒否されたものの、服の上から胸や太ももを触り、上着を脱がしにかかります。
ブラの上からの感触を一通り楽しんだ後でブラの隙間に手を這わせて直接触ってみます。

(!!)

28歳という年齢とは思えないほど、胸に張りがありました。
ブラを取って見るとキレイなお椀型のおっぱいがプルン。
乳首も大きすぎず小さすぎといった感じです。
サイズはCカップといったところ。
手や指で楽しむのもそこそこに口で楽しむことにします。
口を含んだ瞬間に、「はぁ・・・」とエロいため息が。
自分はこの瞬間が好きだったりしますw
吸ったり甘噛みした後でショートパンツを脱がし、そのしばらく後で最後の一枚もスルッと脱がしていきます。
再度、太腿の感触を楽しんだ後、核心の部分に触れるとザラザラした感触が。
意外と毛深いなという印象でした。
上半身を口で楽しみながら、下半身に指を沿わせたり、中に挿れてみると、「ん・・・」という押し殺したような反応が。
これも個人的に大好物の反応w

最初に指で触れた時点ですでに濡れてましたので、愛撫もそこそこに正常位で挿入を試みます。
入り口に押し当てた自分の分身が入っていくと同時に彼女からまた押し殺したような声が。
そして完全に入った段階で、「あん!」とハッキリとした声に変わる。
その後はお気に入りのおっぱいを触ったり舐めたりしながらピストンを繰り返してました。
彼女からリクエストのあったバックも経て、最後は正常位でフィニッシュして眠りに就きました。

翌朝、2人でウトウトしていると彼女の携帯に着信が。

みな「やばい!彼氏から電話だ」

(何ですと?)

みな「ああ、うん、もうすぐ帰るね・・・うん、大丈夫。じゃあね~、バイバ~イ」

電話を切る彼女・・・。

俺「あの~、彼氏いたんすか?」

みな「あれ?言ってなかったっけ?私、彼氏と同棲してるんだよ」

(・・・)

せっかく良い感じの娘に出会えたと思ったら彼氏持ちというオチでした。
なんでも、みなの彼氏は夜勤の日があるらしく、そんな日は飲みの相手を探してるらしい。
道理でキスを拒否されたわけだw
ま、お昼くらいまでは恋人気分を楽しみましたけど。
最後に彼女の最寄り駅のバス停で抱き合ったのは良い思い出です。