芸能プロ所属の訳あり少女と生でやった話

この体験談は約 4 分で読めます。

本物の中学生とやりたい!
そう思いだした。
コスプレで制服着せてやったことあるけど、若くて19歳。

ある危ない芸能事務所にコンタクトを取り、ほんとの中学生を用意してもらった。
そこは訳ありの女の子を数人預かっている。
たぶん親の借金で子供を抑えてるんだろう。

未使用(処女)なら8万円、使用済みなら5万円。
処女は面倒臭そうなので使用済みを頼んだ。

先に事務所に金を払い、指定されたホテルの部屋に入った。
時間になるとベルが鳴り、ドアを開けると中学生の女の子が一人いた。

女の子「◯◯さんですか?」

俺「そうだよ」

女の子「入ります」

入ってきた女の子は、『ルミ』と名乗った。

俺「何するのか分かってるよね?」

ルミ「はい、分かってます」

俺「今まで何人としたの?」

ルミ「4人です」

それなりにやってるみたい。

ルミ「聞いてると思うけど、必ずコンドーム付けてね、付けずにすると罰金ですよ」

軽く笑う。
最初に事務所から言われてた。
生でやったら罰金10万円だと。

俺「分かってる、ちゃんと付けるよ」

まず、一緒に風呂に入ることにした。
中学生なのでおっぱいはちっちゃい。
毛も産毛程度。
身体洗いっこして「フェラできるか?」と聞いたら、「少しだけなら」と言う。

「ちょっとやってみて」とやらせてみた。

女の子は両手で握って先っちょだけ咥えた。
上下に動かすことはできなかったけど、舌でちょろちょろ舐めてくれた。
これはなかなかいい感じ。
そっとルミのあそこを触るともう濡れてる。
指を一本入れた。
ルミは「あん」と言って身体ビクッ。
指一本だけでもキツい。

(締まりいいな、ちんぽ入るかな?)

クリを弄った。

ルミ「あっ、いやぁ、そこ気持ちいいよ」

俺「ルミちゃんってイッたことあるの?」

ルミ「あるよ」

俺「キスはいいのかな?」

ルミ「うん」

ルミにキスする。
仕込まれたのか自然なのか、舌を絡めてくる。
はあはあと息荒い。

ルミ「もうイッちゃいそう」

俺「イッちゃいな」

クリを弄る。

ルミ「もうイキそう・・・あん、やん、いやぁ、イッちゃうよう・・・」

ルミはビクビクと痙攣しながらイッた。

ルミ「はあはあ、イッちゃったw」

恥ずかしそうに笑う。
風呂場から出て、ルミの身体拭いてやった。
ベッドに入り、ルミを寝かせ、じっくりと裸を見る。

ルミ「そんなに見られたら恥ずかしいな。おっぱいちっちゃいでしょ?」

俺「まだ中学生だからね。これからおっきくなるよ。ちっちゃいおっぱいでも可愛いよ」

ルミのあそこを舐めてやった。

ルミ「ひゃあ、なんかこそばゆいけど気持ちいいよ」

たっぷり舐めて濡れ濡れ状態。
そしてゴム装着。

俺「入れるよ」

ルミ「うん」

先っちょをちょっと入れる。

ルミ「んっ・・・!」

俺「痛いか?」

ルミ「大丈夫だよ」

グッと入れる。

ルミ「んあ~」

すげえ締まり具合。

ルミ「んあ~、はあはあ」

奥に突き当たる感じ。
(子宮口か?)
もう一息突く。

ルミ「あああっ」

甲高い声を出した。
構わずにグイグイ突く。

ルミ「ひいっひいっ、あがが、ぐ~」

なんかヤバそうな声、でももう止まらない。
出そうになったので一気に動いた。

ルミ「んがが、ぐっぐっ、あがが」

(マジ大丈夫か?)

思いっきり奥に突いて出した。
抜いてルミを見ると失神してる。

俺「ルミ、大丈夫か?」

ルミ「はあはあ、だ、大丈夫だよ・・・」

俺「ルミ、気絶してたぞ」

ルミ「そうなの・・・?なんか頭がぼ~っとしてる」

俺「どんな感じ?」

ルミ「あそこの奥に当たった時にお腹の辺りがど~んってなって身体に電気が走った感じで痺れた」

俺「こんな感じ、初めてか?」

ルミ「うん、初めて。もっかいやりたい」

俺「あ~でももうコンドーム無いしな」

ルミ「内緒でコンドーム無しでやっちゃう?」

俺「生でやったら罰金もんだぞ」

ルミ「あたしが言わなかったら大丈夫っしょ」

(マジか?)

ルミ「あっ、でもちゃんと外で出してね」

そういう事で2回戦。
ぎこちないフェラで復活。

ルミ「今度は気絶しないよ」

またルミとセックスした。
奥にズンズン。

ルミ「来た来た、この感じ」

奥に突き当たる。

ルミ「んが、ぐふ、ぐ~」

また変な声。

俺「イケそうか?」

ルミ「イク感じじゃないけど気持ちいいよ」

ルミからキスを求めてくる。
キスしながら突く。
ルミが舌を絡めてくる。

ルミ「あっ、なんかイキそう」

俺「俺も出そう」

ルミ「あたしがイクまで我慢して」

奥までズンズン。

ルミ「あ~イキそう、ぐふっ、いぐ~」

身体ビクッビクッ。
俺も出そうになったので、抜いてルミのお腹に出した。

ルミ「ちょ~気持ちよかったよ」

風呂に行き、二人でシャワー浴びて服を着た。

ルミ「終わったら電話するように言われてるから電話するね」

もうお別れか。
ルミとキスした。

俺「また会えるかな?」

ルミ「同じ人とはできないようになってるから・・・たぶん無理だね」

ルミ、少し悲しげな顔。
俺の携帯番号と1万札3枚を握らせた。

ルミ「お金は貰えないよ」

俺「いや、持っといてくれ、何かあった時のために」

ルミ「わかった、持っとく」

ルミが電話で何か話した後、電話を切った。

ルミ「じゃ、バイバイ、また会えるといいね」

ルミは笑ってるが涙が出てる。

俺「またな、ありがとう」

そしてルミは部屋から出て行った。