下の口で飲みきれなかった精子は上の口で飲み干すエロ妻

この体験談は約 3 分で読めます。

もう10年以上前の話になりますが、当時は付き合ってる彼女もいなくて、適当に遊んでいました。
今でも不思議に思うんですが、ある時期を境に、知り合う女がなぜか人妻ばかりになったんです。
そのほとんどの奥さんは中出しを求めてきました。
私も中出し好きなので喜んで出していました。

とは言え、もともと複数の女性と付き合えるほど器用ではないんで、他の奥さんは自然消滅させ、一番相性の良かった優子(35歳・もちろん人妻)だけにしました。
彼女とは週に1~2回の密会を重ねていたんですが、毎回強く中出しを求めてくるので不思議に思い、「優子、いつも中に出してるけど大丈夫なの?」と聞いてみました。

「今日は思いっきり危険日だよ(笑)」

(なぜに笑顔?)

「ヤバイよ!今日は外に出すよ!」

「ダメ!ダメ!中に出して!」

そう言って優子は私の腰に足を絡め、しがみついてきました。
それでもなんとかチンポだけは蜜壷から抜き、外に出しました。
優子は必死に腰をくねらせ、少しでも蜜壷に精子を入れようとしていましたが、やがて諦め、そして怒り出し、「どうして外に出すの!中に出して欲しかったのに・・・」と泣きだしました。

「でも・・・子供が出来たらマズイでしょ?」
「貴方の子供が欲しいの・・・出来なくても貴方の精子は全部体の中に欲しいの・・・それに・・・」

「それに?」
「・・・私、子供が出来にくいの。だからせめて貴方のモノは体の中に欲しい・・・愛してるから・・・」

私も体の相性だけでなく、彼女に愛情が芽生え始めていたのですが、人の奥さんなんだから本気になっちゃいけないと、気持ちを封印していました。
でも、もうダメでした。
抑えていた感情が溢れ出しました。

「俺も愛してる・・・優子・・・」

強く抱き締め、激しく優しく、お互いの舌を絡め合いました。
少し小さくなった精液と愛液まみれのチンポを優子は愛しそうに笑顔で口に含み、チンポに残ってる精子を美味しそうに啜ってくれました。

やがて挿入可能な硬さになると、「今度は私が上になるね」と妖艶な笑みを浮かべながら腰を落とし、蜜壷にゆっくりと入れていきました。
優子の蜜壷は入り口がキツく、中の肉付きも良く、チンポ全体に絡み付く感じです。
感触を楽しむようにゆっくり出し入れしながら、妖艶で幸せそうな表情で囁いてきました。

「すごい・・・おちんちんの形が・・・すごく・・・わかるよ・・・ああっ・・・」

私も我慢できず優子のお尻を強く引き寄せました。

「ああっ!すごい奥まで・・・来てる!ああぁっ!」

「先にコリコリしてるのが当たってるよ!優子の子宮口とキスしてるよ!」

「うん・・・うんっ!キスしてる!私達も・・・キス・・・しよう・・・」

優子が私に覆いかぶさり、激しく舌を吸いあいました。

「んんっっ!」

くぐもりながら優子の尻を引き寄せると、彼女は子宮口でチンポをこね回すように腰を使いました。
子宮口がまるで別の生き物のように動いてるようでした。
ものすごい快感にたまらず・・・。

「ダメ、優子!もうイキそう!」
「イッて!一緒にイクから!そのまま奥にいっぱい出して!」

「うん!いっぱい出すから!俺の目を見て!優子のイク時の顔を見せて!」
「見て!イクとこ見て!出して!出してぇ!イ・・・クッ・・・!」

すさまじい快感でした。
まるで子宮口に精子を吸い出されているようでした。
優子は頬を紅潮させ、何かを必死に我慢するような表情で下腹部を痙攣させて果てると、倒れ込んで荒い息遣いをしていました。

「お互いにイク時の顔を見たね」

「恥ずかしい・・・」

私の胸に彼女は顔を埋めました。
愛しさが込み上げ、優しくキスして、しばらく抱き締めていました。
やがて優子の中のチンポが硬さを失い、蜜壷から押し出されてきました。
優子は「そのまま動かないでいて」と言って体を起こし、腰を浮かせて私に垂れてきた精子を見せつけるようにしました。

「ほら見て!貴方の精子がこんなに垂れてきてるぅ!」

そう言って私のチンポの上に垂らしています。
生温かい自分の精子の感触は決して気持ちいいものではありませんが、蜜壷から精子が垂れる光景はなんとも卑猥でした。

「きれいにしてあげるね」

そう言うと優子は体をずらし、精子まみれのチンポを舐めはじめました。

「優子、そんなことしなくていいよ」

「ううん、貴方のものは全部体の中に入れたいの。下のお口で飲みきれなかった精子は、上のお口から入れるの」

腰や袋、お尻の穴まで垂れた精子を舐めとってくれました。

優子と付き合った1年半、本当に愛し愛されたと思います。
こんなに1人の女性と愛し合えることはもうないでしょう。
今も優子が幸せでいることを願って・・・。