継母と二人きりの夜

この体験談は約 2 分で読めます。

俺の母は俺が高校2年の時、親父と再婚した。

本当は親父に結婚などして欲しくなかったんだけど、親父は母が亡くなって本当に憔悴しきっていた。
けど俺は本当は俺を産んでくれた母以外には誰だって“母親”とは認めたくなかった。
だから俺は高校を卒業すると、親元を離れた大学に行くことに決めていた。

無事大学に合格して引っ越しの時、本当は親父と一緒に引っ越しをする予定だったんだけど、親父が急な仕事で、引越しの日を変更することも出来ず、継母がついてくることになった。
最初の日は着いたのが夕方で、ほとんど荷物を開封出来ず、明日にすることになった。

夕食はマンションの近くの、ファミレスでした。
俺はほとんど継母とは口を聞かなかった。
マンションに戻り、俺はさっさと風呂に入った。
まだテレビも見ることも出来ず、することがなかった。

継母も「少し汗をかいたのでお風呂に入らせてもらおうかな?」と言って風呂場に消えた。

よく考えると布団など一組しかない。
どうするんだろうと思うと、継母は「今日は狭いけど一緒のお布団で寝かせて」と言って来た。
俺は返事もせず、時間も早いので眠ることも出来ず、ぼんやりしていた。

すると継母は「健ちゃん(俺の名前)彼女はいるの?」と聞いてきた。
俺は「そんなのいねえよ」と、つっけんどんに答えた。

静かになったので、てっきり俺は継母は寝ているものと思い、しばらくオナニーをしていなかったせいか、無性にしたくなった。
隣にいるとはいえ、寝ているからと安心して、トランクスを下げ、ちんぽを擦っていると・・・

突然「健ちゃん、我慢できなくなったの?よくそんなことするの?」と。

びっくりした。
まさかと思った。

俺は「知らねえよ」と、恥ずかしさもあり、そう答えると「もうそんな歳になったんだねえ」と。

俺は急に意地悪をしたくなって「そんなに母親ぶるんだったら、俺に彼女がいなくてこうして一人するしかねえんだから、お前とさせてくれよ」と。

継母は「何言ってるの?私は母親よ。そんなこと出来るわけないでしょう?」と。

「やはり、なんの役にも立たない女か」と言うと、しばらく沈黙が続いた後「健ちゃんセックスは出来ないけど、今日だけって約束で、手でならしてあげようか?」と、思いもかけない言葉が。

俺は「じゃあやってくれよ」と言うと、俺の寝ている横に座って、トランクスを下げた。

俺のペニスを握り上下に擦り始めた。
初めて人にしてもらう気持ちよさに声が出てしまった。
我慢できなくなり出そうだと言うと、継母は腰を折り、口に含んでくれた。
・・・と同時に射精してしまった。