オカズにしてた兄嫁に初めてを奪われた

この体験談は約 4 分で読めます。

ゴールデンウィークの話です。
僕は20歳の大学生で実家暮らし。
彼女はいません。

ゴールデンウィークには特に予定もなく、自宅でゲームをしようかなと思っていました。
毎年恒例ですけど、ゴールデンウィークには兄家族が実家に帰ってきます。
僕と6つ離れたしっかり者の兄。
僕とは違って順風満帆な人生を送っているようです。
なので実家に帰って来ると、いつも僕に、「もっとしっかりしろ」と説教をしてきます。
正直、兄が実家に帰って来るのは、僕にとってはウザいことです。

でも、ひとつだけ楽しみがあります。
それは兄の奥さん、つまり義理の姉も来ることです。
姉はとても奇麗で優しく、女性と接点がない僕が唯一話せる女性です。

実は今年の正月、僕は姉の裸を見てしまいました。
姉がお風呂に入っていると知らずに更衣室に入ると、風呂から上がった姉がそこにいたのです。
その時は慌てて謝ってその場から離れて部屋に閉じこもりましたが、姉の体は奇麗で、大きいおっぱいで、それでいてスラッとしていました。

そんなことがあったので、余計に姉には興奮してしまいます。
そして姉は、あんなことがあったのに、そのことには触れずに普通に僕に接してくれます。

兄家族が帰る前の日に、親父とおかんと兄貴が居酒屋に行きました。
実家には僕と姉だけです。
姉は僕にご飯を作ってくれて一緒に食べました。
その時の姉はいつもより露出の多い格好だったように思えます。
でも姉はいつも通り優しく話してきます。
僕は話よりも姉の谷間や、席を立った時に見える生足ばかりに目が行き、たぶんそれは姉もわかっていたと思います。

僕のアソコは大きくなってしまい、食事を済ませるとバレないように自分の部屋に戻りました。
そこで健康的な男がすることと言えばオナニーしかありません。
僕は姉のエロい体を思い出し、ひたすらしごきました。

イキそうになったその瞬間、思いもよらない出来事が起きたのです。
いきなり姉が僕の部屋に入ってきました。
姉はデザートのアイスを持ってきてくれたようですが、僕の反り返ったアソコを見て絶句していました。
僕は慌てて「すみません」と謝り、ズボンを穿こうとしました。
すると姉は、「私こそごめんね、続き、していいわよ」と言ってきました。
そして姉は部屋から出ていかずに、僕の隣に座ったのです。

姉「◯◯君、お正月に私の体見たし、さっきも私の体をいやらしい目で見てたわよね。今は私をオカズに抜いていたの?」

僕が正直に、「すみません、そ、そうです」と答えると・・・。

姉「私で興奮してくれるなんて嬉しいわ、もっと見ていいから続きを見せて」

そう言って姉は、僕にその谷間を見せてきました。
僕の知っているいつもの姉とは違うことに戸惑いましたが、童貞の僕にはその刺激は強く、姉というより1人の女性として見ていました。

姉「◯◯君、童貞?」

僕「そうなんです。だから姉さんの体がすごくエロくて興奮してしまいました」

そう言うと姉は僕の手を取り、自分の胸に持っていきました。

姉「触っていいわよ。初めてのおっぱいでしょ?」

僕「はい、とても柔らかいです」

服の上からでもノーブラだということがわかりました。
乳首の感覚もわかりました。
なので乳首を摘んでみると姉は、「あ、あんっ」と艶かしい声を漏らしました。
その反応とおっぱいの柔らかさに僕のしごきも加速しました。

姉「◯◯君、そんなことしちゃ私もおかしくなっちゃう」

僕「おかしくなったらどうなるんですか?」

そう言うと姉は四つん這いになり、僕の股間にちょうど頭が来るような体勢になりました。

姉「おかしくなったらこんなことしちゃう・・・」

そして姉は僕のアソコを丁寧にペロペロしだしたのです。
初めてのフェラ・・・、かなり気持ちがよく我慢ができませんでした。

僕「姉さん・・・やばいです・・・気持ち良すぎてイキそうです・・・」

姉「いいわよ・・・いっぱい出して・・・」

姉はパクリと咥え込み、高速で頭を揺らしながらしゃぶります。
その見た目と気持ちよさに我慢できず、すぐに姉の口の中に出してしまいました。
今までにない興奮で、姉の口には大量の精子が流れ込みました。
姉はそれを飲み込みました。

姉「いっぱい出たね♪」

僕「すみません、初めてで・・・こんなに気持ちがいいと思ってなくて」

姉「私も久しぶりで興奮したわ、旦那とは1年ぐらいセックスしてないから」

僕「僕、姉さんの体を見ていつも姉さんをオカズにしてオナニーしていました」

姉「嬉しいわ、今度は想像じゃなくて実際にやってみる?」

そこから2回ほど姉の体を堪能しました。
初めての相手が義理の姉というのは特殊と思いますが、とても興奮する経験でした。
それから僕たちはLINEでやり取りするようになりました。

姉『今度はもっと私を満足させてね♪本当の私を知っているのは◯◯君だけだから』

僕『姉さんを満足させれるようにAVを観て研究しておきます』

姉は僕の想像とは違い、とんでもない淫乱な女性だったのです。
でもそのおかげでセックスもできたし、今度のお盆に兄が帰ってきた時も姉とセックスをする約束ができました。