気難しいお局様は意外にもパイズリマスターだった

この体験談は約 3 分で読めます。

私の職場には数名のCADオペレーターの女性がいます。
ほとんどが20代中頃なんですが、一人だけ33歳のお局様、Aさんがいます。
かなり気難しい女性で、若手社員はビビッて話も出来ないという子も多いほどなんですが、なぜか私には気を許してくれているらしく、普通に話ができる仲です。

ある時、緊急で仕上げないといけない仕事が舞い込み、毎日定時後にCAD端末に張り付いて作業しなければいけないことがありました。
深夜までなので、CADオペさんもシンドイと思って、上手く分担してもらえるようにリーダー格のAさんに話をすると、「自分が付き合う」と言い出しました。
リーダー格だけあって操作技術もピカイチなので私としてはありがたいのですが、なんか親切過ぎて怖い気もしました。

作業は捗り、最低でも5日は掛かると思っていたのが3日目にはメドが立ち、翌日には終われそうな気配になっていました。
しかし一方で、日に日にAさんの私に対する距離感が近づいてきているのも気になっていました。
深夜に2人きりで残っているので、変に意識し出すとキリがないのですが、最初に比べて明らかにボディータッチも増えていました。

そして、4日目の夜・・・。
夜10時頃、ついに完成しました。
私達はハイタッチしたあと、抱き合って喜びを分かち合いました。
こちらとしては軽いハグのつもりだったのですが、Aさんはギュッと抱き付いてなかなか離してくれません・・・。
小柄な体の割に意外とボリュームのある胸もグイグイ押して付けてこられると、残業続きで溜まっている私の下半身も自然と熱を持ち始めました。
理性と性欲がせめぎ合いましたが、結局性欲が押し切る形になり、Aさんを空いているデスクに押し倒し、胸を揉みしだきながらキスをしてしまいました。

毎日残業しているので、このあと1時間半は警備員の見回りもなく邪魔されることがないことも分かっていました。
とは言え、さすがにオフィスで全裸になる勇気はなく、シャツを着たままブラを外し、ショーツを脱がしてスカートを捲り上げました。
ブラを外しても(年の割りにと言ったら失礼ですが)、意外と張りのあるバスト。
ブラのサイズを確認すると『D65』という美巨乳でした。

ひとしきりこちらが攻めると、「凄い上手いじゃん(笑)。今度は私が神崎君を気持ち良くしてあげる」と言って私のズボンに手を掛けて、ズボンとパンツを下ろしてすでに天を衝いているモノを開放してくれました。

「神崎君のって意外とデカいね。口に入りきらないよ」

Aさんは先をチロチロと舐めつつパイズリを敢行してくれました。
実は元カノもDカップでしたが、上手く挟めませんでした。
一方でAさんは、しっかり挟んでくれて巧みなパイズリでした。
思うに、体が小さいのでオッパイが真ん中に寄ってる所為かと・・・。

しばらくパイズリフェラを堪能した後、カバンに常備しているゴムを装着して正常位で捻じ込みました。
小柄なAさんはアソコも狭いらしく、捻じ込む時に眉間に皺を寄せて少し痛そうな素振りを見せましたので、無理に奥まで押し込まずにストロークさせていると次第に快感が勝ってきたのか、必死に声を抑えながら快感に喘いでいる様子でした。
アソコが狭いぶん、締まりも良かったので、我慢せず一発目はアッサリ果ててしまいましたが、すぐに2回戦に挑みました。

「ちょっと・・・ウソでしょ?連続でするの!?」

そんなAさんの声を無視して今度は深めに挿入すると、一発目と違って声を抑えきれない様子で、喘ぎ声をあげてきました。
変なスイッチが入ってしまった私は駅弁状態でAさんを抱え上げるとオフィス内を練り歩き、課長の机の上でハメ、窓際でハメと背徳感溢れるプレイに燃え上がっていました。

2回戦が終わったところで、これ以上やると警備員が来るからヤバいということで、オフィスを出てホテルに移動。
さらに2回戦して溜まっていたぶんをガッツリ吐き出しました。

翌日・・・、勢いに任せて一線を越えてしまったことを激しく後悔しまいました。
決して美人とは言えない年上のお局さんに手を出してしまったわけで、周りに知られると不適切な関係な上に、ゲテモノ食いのレッテルを貼られることは目に見えていました。
幸いにもAさんは「私も大人だから」と、あの夜のことは無かったことにしようということになり、周りにも全く怪しまれることなく今まで通りの関係でいます。

しかし、それからも何度かお互いの欲求を満たすためだけにカラダだけの関係を持ってしまっています。
もしかして、このまま既成事実を作って追い込まれるのではと危機感を持ち始めています。