母が本当に好きな男性と一緒にさせてあげたい

この体験談は約 3 分で読めます。

これは私が小学4年生の時の話です。

一年程前から母がよく私に、「預かり物」などと言っては、私が集めていた文具やお菓子などを渡してくれていました。

「誰がくれたの?」って聞くと、母のパート先に出入りする業者のお兄ちゃんだとの事です。

私は特に何の疑いもせずに喜んで貰っていました。

ある時、母が「そのお兄ちゃんと一緒に遊びに行こうか」って言って来ました。
聞くと、その方も娘さんがいるようで、私と歳も近かったので4人で遊びに出かけました。
どんな人なのかなぁって私は緊張してました。
いざ会ってみると、凄く爽やかなお兄さんでした。
母よりも3歳程下だという事でした。

その日は私が喜ぶような所へ連れて行ってくれて、私にもいっぱい話してくれたり、お土産買ってくれたり、すごく優しい人でした。
向こうの娘さんとも友達になれて、周りから見たら家族に見えたでしょうね。
普段はあまり笑わない母もその日はずっと笑ってました。
何度かそんな交際がありました。

母は家のことや父のこと、また私のことはきっちり世話をしてくれる良き母で、父からすれば良き妻だったと思いますね。
でも、父とくっついたり、一緒に寝ることなどは一切しない母でした。

父の前では笑う事もないのに、お兄さんの話になると凄く嬉しそうに笑っていたのを今でも覚えています。

そんな日々が2年程続いたある夏の日に、母から「お兄さんと泊まりで海に行こう」って言われました。
私は海に行くって事だけに大喜びして、すぐにOKしました。
ただ母は「父には叔母と行くってことに・・・」と言われてたので、私は子供ながらに守っていました。

当日はお兄さんが娘さんと車で迎えに来てくれて、太平洋が見渡せるホテルに泊まりました。
部屋は2つでしたが、中で繋がっているタイプでした。
当初は私は母と寝る予定だったのですが、お兄さんの娘さんと一緒に居たかったから子供同士で寝ました。
泳いだりして疲れたせいか、私は知らない間に寝ていました。

夜中に喉が乾いて目を覚まし、隣の部屋の母に飲み物を貰おうと思い、そ~っと内扉から隣の部屋を覗くと、奥のベッドで母とお兄さんが抱き合っていました。
私は小学生ながらに見てはいけないと思い、息を潜めてずっと覗いていました。
お兄さんは母の浴衣を肌蹴て大きな胸を優しく揉みながら丁寧に乳首を舐めていました。
母はビクッと体を震わせていました。

一つの行為が終わる度にディープキスをしていましたね。

キスをしながら母がお兄さんの股間へ手をやり、そそり勃った男根をしごいていました。
お兄さんは胸への愛撫が終わると母の股間の方へ下りて行き、クンニを始めました。
母は背中を弓のように反らせて感じていました。
お兄さんは母の太ももをしっかり掴み、ズズ~、ズズっと吸い付いてるような音をたてていました。

母は「ああっ、いやっ」と声が漏れていました。

クンニが終わると次は母がフェラを始めました。
丁寧に何度も顔を上下させて、男根を咥え込んでいました。
母は玉の袋も舐めて凄く尽くしていました。

いよいよ挿入になりました。
ゴムは付ける気配もなく、お兄さんは母の中に入りました。
母はかなり濡れていたのか、グチョグチョと音が聞こえます。
しばらくしてお兄さんが腰を押しつけるように深く挿入した瞬間に、母は「いっちゃう~」と叫びイッてしまいました。
お兄さんは母がイッた後も腰を振り、母は「お願い~、動かないで」って何度も言いましたが、また絶頂を迎えていました。
お兄さんはその後も長い時間母の中で暴れていました。

母は「もうだめ、おかしくなっちゃう~」とか「お願い、もうイッて~」って悶えまくり、シーツをずっと握り締めていました。

とても普段の母からは想像もつきません。
母の息遣いが激しくなり、大丈夫だろうかと思ったくらいの時に、お兄さんが「いくよ~」って母に囁き、お腹の上に発射しました。
顔にも飛んだらしく、母はタオルで顔を拭きながら「顔まで飛んできたよ、元気ねっ」って微笑んで言ってました。
二人は本当の恋人のように私には見えましたね。

あれから10年、まだお兄さんとの関係は続いています。
母はときどき「お兄さんと結婚していい?」とか聞いてくるので返事に困ります。
でも、父にも祖母にも苦労させられた母が幸せになれるなら、本当に好きな男性と一緒にさせてあげたいと思います。
お兄さんも不倫ですが、母を愛してるはずなんで・・・。

長々とすみませんでした、失礼します。