入院中に性欲処理をしてくれた看護婦の叔母

この体験談は約 3 分で読めます。

先月骨折で入院を2ヶ月したときの話です。
俺は36歳になる、まあまあ女遊びしてる既婚です。

バイクで通勤中に左手と左足を骨折して外科に入院しました。
たまたま入院した病院には、嫁の叔母である、尚子さんという43歳になるむっちりした看護婦さんがいました。
この叔母に俺は面倒を見てもらうことになったのです。
尚子さんは、風呂やトイレもひとりではできない俺に、とてもよくしてくれました。

入院して1ヶ月過ぎた頃、嫁とも女ともセックスしてない俺は我慢の限界でした。
ナース服を見るとたまらなくそそります。
白い服からブラが透けるだけで勃起してしまう。
俺はまるで中学生でした。

そんな悶々とした日々のある日、事件がありました。
いつものように叔母に部屋のトイレへ付き添ってもらったときに、叔母の豊満な胸の膨らみを見てしまい、ずっと悶々してたのでじわりじわりとチンポが大きくなってきました。
こうなると止まりません。
ヤバイと思うほどだんだん大きくなってしまい・・・。

「あらっ・・・」

まじまじと見る叔母は笑ってました。

「恥ずかしいながら・・・すみません、うちのには黙っててください」
「あらら、わかってるわよ~。入院が長いからしょうがないわね。小さくなるまで待ってるわ」

「あっ、はいっ、すみません・・・でもたぶんなかなか小さくはならないと思います」
「あらどうして・・・?」

「いや・・・その・・・なんて言うか・・・ナース服ってのもありますけど・・・禁断って言うか、嫁の叔母に見られてるのになんか興奮するって言うか・・・すみません」

無言で明らかに顔を赤らめ、ナースから女に変わる尚子さんがいました。
それを見逃さなかった俺は尚子さんの手を握りました。

「ひっ、やっ、えっ・・・なにっ」
「お願いです、このままじゃあ小さくならないです・・・」

「どっ、どうするの?だ、だめよ~」
「内緒にしますから手でしてください」

そう言って尚子さんにチンポを握らせた。

「あっ・・・」

小さく声を発する尚子さん。

「どうです、俺の?」

「えっ、あっ、あっ、大きいわ・・・、硬いし・・・」

もうここからは自分から勝手に動かしてきました。
俺のチンポを見つめ、ゆっくりとしごきます。
それを見た俺は耳元で、「気持ちいいですよ・・・その調子です」って言うと少しずつ激しくしごきます。
俺の目を見つめる尚子さんは欲求不満なただの熟したメス女でした。
俺は無言で唇を奪うと尚子さんは激しく舌を絡めて濃厚なキスに変わりました。

「絶対に内緒よ」

尚子さんは俺の前に座り、チンポを咥えてきました。
尚子さんのフェラはねっとりとした舌使いで気持ちよく、嫁や今までの女のフェラとは比べ物にならない巧さでした。
こんなシチュエーションってのもあって興奮したかもしれません。
だんだんと激しいフェラに気持ちよくなり、普段フェラではイカない俺もイキそうになりました。
そして尚子さんの口の中に出してしまいました。
尚子さんはそれを飲み込むと、「久しぶりだったわ~、ありがとう。今日はここまでね」って言い、ベッドに寝かせた俺にキスして出ていきました。

その夜、また事件が・・・。
たぶん夜中の2時くらいだったと思います。
俺の部屋のドアが開き、閉まる音が聞こえました。
夜勤の見回りだと思い、気にしないで寝てました。

すると尚子さん横にきて、耳元で「昼間の続きね」ってキスしてきました。
普段夜勤はしない尚子さんでしたが、この日は急用で休みになった看護婦の代わりに入ったそうでした。

尚子さんは巨乳のおっぱいを見せつけて、寝てる俺のチンポをまた咥えてきて、「あああ~美味しいわ~・・・」って、しゃぶりながら自分からナース服を脱いだのです。
そしてゆっくりと自分から腰を下ろしてチンポをおまんこにナマ挿入してきました。
生温かいおまんこの中がものすごく気持ちよかった。

尚子さんは狂ったように腰を動かしていました。
腰の振り方は尋常ではなかったです。
俺が「イキそう!」と言うと、尚子さんはおまんこからチンコを抜いて口に咥えました。
俺は尚子さんの温かい口の中にドクドクと放出しました。