妻にばれないように隠し撮りをして欲しい

この体験談は約 5 分で読めます。

長い時間かけて、首を縦に振らない妻を、根気強く説得してやっとの思いで3Pにこぎつけた。

嫌がる妻に、愛するがゆえに見たいんだと懇願して。
相手も慎重に選び、友達の谷山を選んだ、以前から妻を異性として見ている気がしたからである。
私の勘は的中!谷山は私が3P話をした驚きよりも、妻とセックスできる喜びに盛り上がっていきました。

そして3Pを行ったのですが、谷山のチンポがあんなにデカイ事は、私自身も全く知らず、予定外でした。
谷山のチンポを尺八する妻は、口を大きく開けて苦しそうに、チンポを頬張るのです。
勿論、口だけではなく、オマンコも苦しそうに谷山のチンポを受け入れてました。

私の3P初体験は、興奮と感動、そしてショックでした。
ショックは、あんなに首を縦に振らなかった妻が、谷山のクンニに興奮し、谷山の巨大チンポが入った時には、私が見たことのない感じ方でした。
3Pだからいつも以上に感じたのか、谷山のチンポに感じたのかと、考えれば考えるほど、答えは谷山の巨根なんです。
私も自分では、かなり自信のあるチンポでしたが、谷山の物は只者ではなかったです。

谷山は、その日以来また機会あれば妻を抱かせて欲しいと、お願いしてきます。
妻の容姿を誉めちぎり、体を誉めます。
妻にそのことを言うと、「もういい・・・」という言葉は返ってこず、満更でもない態度です。
本当はもう二人は、私に内緒で逢引きしてるのではないかと、疑っている私です。
私の中で、様々なことを考え悶々としていました。

谷山に妻ともう一度セックスして欲しいと提案すると、大喜びの彼です。
まあ私に内緒で、妻とセックスはないようです。

彼に条件をつけました。
ビデオカメラで妻にばれないように隠し撮りをして欲しいと。
谷山はもちろんオッケーの返事です。
谷山には、妻の本当の姿、私に遠慮しないで感じてる姿が見たいと伝えました。

当日、妻を送り出す私。
不思議な感覚です。
今から他人に抱かれる妻を送り出す私は、不思議な感覚で、数倍興奮しています。
シャワーを浴びて、下着を着けてる妻にムラムラして、化粧してる妻を後ろから犯したい衝動に駆られます。

午後7時、妻が出て行きました。
私が用意したホテルで8時に待ち合わせです。
会ったら彼からメールをくれることになっています。

イライラ待ってると、8時25分彼からのメール。

「カメラOK、今奥さんシャワー中、いい作品撮ります」

一人家にいる私は、何も手につかずウロウロ。
しかし興奮しています。

前回、一緒に部屋にいた時より違う種類ですが、興奮しています。
自分で今オナニーをすれば、すぐいってしまう勢いです。

時間がなかなか過ぎません。
テレビをつけてもチャンネルを変えてるだけで、見るという集中力は全くありません。
1時間に1回電話かメールを貰えばよかったと、考えてみたりしますが、頭の中は、今、行われていることの想像です。

12時前に谷山からメールが来ました。

「ビデオ明日渡します、奥さん今出ました、最高です!またお願いします」

それから20分ぐらいで妻は帰ってきました。

リビングでキスをします。
スカートをめくりパンティを脱がせ、オマンコを触ると・・・。

私の中で激しい驚きです。

「谷山くんが、剃ったの」

妻のマンコがパイパンです!
他人に激しいマーキングをされた気分です。
ツルツルのマンコが、びっくりするぐらい濡れてきます。
この程度の愛撫で、こんなに濡れる事はありえません。

「何をしたの」
「普通だよ」

「普通でオマンコの毛剃らないよ」
「・・・」

「チンポでかかった」
「でかかった」

顔を赤らめながら、素直に答える妻ですが、他人に抱かれたことが、淫乱の自分を引き出してるのか、いつもと違うヤラシイ可愛い妻です。
妻の中に入ると、すぐに行ってしまった私でした。

次の日、谷山からビデオを受け取ります。
夜風呂上がりに妻に酒を勧め、早く深く眠らせようと努力します。
深夜、まるで中学生の頃に親に隠れてスケベビデオ見るようです。
書斎にスタンバイして、ヘッドホンを耳にかけるとドキドキです、見てはいけないものを見る気分です。

画面の中の妻は、どれも私の知らない妻でした。
谷山の激しいクンニに、歓喜の声を上げながら「もっと舐めて・・」とオマンコを、谷山の顔にこすりつけています。
尺八も巨大にチンポを、口いっぱいに頬張り、上下に出し入れしています。

「奥さんチンポおいしい」と聞かれ、
「おいしいよ・・チンポ大きい」と言いながら、玉まで丁寧に舐めています。

69で互いの性器を舐めあいながら、谷山の「奥さんのオマンコ美味しいよ」の言葉に・・・

「舐めて、いっぱい舐めて・・アッ、チンポ美味しいよ!」

「奥さん、これから時々舐めてくれる!?」
「いいよ、舐めさせて」

会話でわたしのチンポが暴発しそうです。

妻が上に乗り、腰を振ります。
オシッコするようにしゃがんで、オマンコを上下させて、太いチンポを出入れしています。

「奥さん気持ちいいよ」

正常位でゆっくり腰を振りながら、エロトークです。

「奥さん浮気したことある」
「あるよ!」

「奥さんオナニーはする・・・教えて」
「するよ・・」

「何を想像して」
「色々」

「旦那以外の男も」
「そう」

「僕と、前Hしてから思い出してオナニーした」
「したよ」

びっくりの会話です。
妻が浮気やオナニーしてるなんて知らないし、まして他の男を想像してとは・・・。

腰を早く動かすと、切ない声を上げる妻に・・・

「奥さんオマンコの毛剃っていい」
「駄目よ!」

「旦那がHオーケーしたんだから怒らないよ」
「ダメダメ!!イヤーン」

「待っててね」と谷山はカミソリを持ってきて、ベッドの上で剃りはじめました。

妻も協力しています。
10分掛かってパイパンが完成したよ!

「赤ちゃんみたい」と、谷山が盛り上がってます。

煙草を吸う谷山のチンポを触り、何にも言われてないのに、チンポを舐める妻にもショックを受けました。
まるでせがんでいるようで、いや完全にせがんでました。
バックから、巨大チンポで突かれるのは、よほど苦しかったのか気を失いそうになってました。
時間が経つにつれ、完全に谷山の性の玩具と化してきています。
妻を上に乗せ、妻をカメラの方に向けます。
そして言葉攻めです。

「奥さんこのチンポ好き」
「チンポ好き」

「このチンポでしょ、ちゃんといいなさい」
「このチンポ好きです、このチンポ好き・・」

「奥さんまたオマンコ貸してね」
「貸します」

「オマンコで遊んでくださいでしょ」
「アァー!オ・オマンコで遊んでください」

「友達呼んで、みんなでオマンコで遊ぶよ」
「恥ずかしい・・」

「みんなで入れてくださいでしょ」
「みんなで入れてください!イィー!」

もう谷山の言いなりです。
最後は、死んじゃうのではと思うぐらい激しく突かれ、果てていきました。
終わった後も、谷山がシャワーから出てきても妻は動けず、なのに、谷山が差し出したチンポはまた舐めるのです。

「奥さんオマンコ大丈夫?」と足を開きオマンコを指で開いても、されるがままです。

谷山のチンポを、本気で舐めています。
明らかにもう1回立たせようとしています。
ベッドに寝ている谷山の乳首を舐めながらチンポをしごき、玉を舐め尺八。
谷山のチンポも回復して、立つと妻は自ら上に乗り、チンポを味わうかのように挿入します。

「奥さん、コンドーム」という谷山の声も無視して、生入れです。

体位を変えて、谷山が上に・・・

「アァー!オマンコ気持ちいい」
「気持ちいいよ奥さん」

「アッー!気持ちいい」
「奥さん、またいきそう」

「どこに出したい、顔にかける?」

「奥さんいきますよ」と抜いて妻の顔に、射精です。

妻がシャワーに行ってビデオは終わりました。
激しく激しく興奮した私は、もっと見たいと思い、谷山にメールしました。