童貞の大学生を3ヶ月焦らして筆下ろし

この体験談は約 3 分で読めます。

『童貞捨てた!』みたいな記事はあるけど、女性側の記事がなかったので書いてみる。

時期的には二ヶ月前の出来事。
文章下手なので箇条書き形式です。

彼:20歳。
美大に通っている。

私:31歳。
普通のOL。

出会い。
彼のサイトやブログでファンになってマイミク申請。
その後、何度か実際に会って私が、「彼女いないの?じゃあ私と付き合っちゃおうよ」と告白。

童貞だと知った日。
告白した次のデート。
食事して飲み物だけで会話してる時に急に。

その時の彼。
オドオドしててどもったり詰まったり。
でも目はしっかり合わせて瞳が綺麗だった。

その時の彼の言葉。

「僕、増田さんと付き合えて嬉しい。あの・・・僕・・・女性と付き合うの初めてで・・・ちゃんとできるかわかんないけど・・・だから、あの、僕、童貞なんです」

その時の私。
ニコニコしながら聞いてた。
勇気出して言ってくれるのが嬉しかった。
同時に、(あ、こいつ、この後エッチすると思ってるな?)と察知w
すぐにしたりせずに、焦らす方向で行くw

焦らし期間。
告白してから三ヶ月間、エッチしなかった。
家に呼ぶけど無し。
肩揉ませたりマッサージさせたりするけど無し。
悶々としただろうなぁw

エッチのきっかけ。
彼が肩揉んでくれてる時に急に手を回してきて抱きついてきた。

その時の会話。

「どうしたの?w」

「増田さんの身体柔らかい」
「うんw」

「いい匂いする」
「うんw」

「エッチしたい!」
「あははw」

その時の彼のおちんちん。
すごいガチガチなのが背中に当たってたw
三ヶ月も我慢させられたんだから超溜まってたんだろうね。

その時の私。
彼から誘ってくるなんて思わなかった。
我慢できない!って感じで可愛かった。

初エッチの場所。
とりあえずベッドに二人で入った。

「なんでエッチしたいの?」とか、からかいつつ。

服。
脱がし合いした。
私も彼も相手の裸は初めて見る。

「どう?」って聞いたら「すごいエロい」とかw

彼の裸。
全然毛が生えてなくてセクシーだった。
肌を触ったらすごいピチピチしてて、舐め回したくなるようなw
お尻もぷりぷりで柔らかかったなぁ。

彼のおちんちん。
もうすごかったw
破裂しちゃうんじゃないかってくらい血管浮いててピクピク脈打っててw
こっちもそれ見て生唾がじゅわーって出てきたw

おちんちんの匂い。
香ばしくて感激したなぁ。
男!って感じで。

前戯。
すごい敏感で、ちょっとしたことで可愛い声出すんだよねw
乳首ぺろぺろ舐めてたらあんあん喘ぎまくりw

攻めの楽しみ。
童貞っていうか経験少ない男とする時は、こっちが主体的になれるから楽しい。
年上や同年代だとこっちが主導権握ることがまずないからやられるがままって感じ。

フェラチオ。
パクッて咥えたら「あぁぁぁあぁあすごい」とか声あげて、なんか内股になって全身力抜けてるような感じになって、「やばいぃぃ」とか「あぁぁぁん」とか声あげまくりw
こんなにダイレクトに反応が返ってくることなんて初めてだから感激したw

挿入。
対面座位で入れた。
しばらく入れたまま抱き合ってた。
(彼にとって私は一生忘れられない女だぁ)って感慨深かったな。
自分が初めてした時のことを思い出して、男っていいなぁとも思った。
彼に「どんな気持ち?」って聞いたら、「なんだろう・・・一生分の幸福を前借りしてるような感じ」だってw

騎乗位。
彼の感じてる顔を見下ろしながら騎乗位で攻めた。
それが恥ずかしかったのか真っ赤になって顔をそむけるから、「ちゃんと顔見せて」って正面に何度も向き直させた。
あ、ちゃんとゴム姦ですよw

初イキ。
膣の中で初イキ。
若いっていいね!
イッても全然ふにゃふにゃにならないんだ。

「もっとしたくない?」って聞いたら「うん」って、そのまま二回目突入w

それから・・・。
交際は順調。
マグロ男にならないように腰振りの練習もさせてるよ。
まだ全然ダメだけどさw