サークルの仲間と4P パート1

この体験談は約 4 分で読めます。

この間、とうとう4Pをしてしまいました。

僕は大学のあるサークルに入っていて、今年入部してきた、さくらと付き合っています。
同じサークルの浩史もさくらのことを僕たちが付き合う前から、かなり気に入っていたようで、いつも「いいなあ・・・お前たちどういうSEXしてんの?」と探りを入れていました。
浩史もさくらと僕が付き合ったすぐ後に、同じサークルの恵と付き合っているので、いつも僕らが集まると2人でお互いのSEXの情報交換をしていました。

ある日、浩史が突然、「なあ、今度4人でこの部屋で飲んだ後に、みんなで乱交やらないか。もちろんお前も恵とやらせてやるから」と誘ってきました。

「でも・・・」

僕は迷いました。

確かに浩史から何度も恵とのSEXの話を聞かされていたので、恵とHできるのは魅力だけど、さくらと浩史をやらせるのは勿体無い気がします。
結局やるかどうかはわからない、ということで、次の日に早速みんなで飲みに行きました。

店でそこそこ盛り上がった後に、僕のアパートにみんなが来て、ちょっとまったりとしているうちに、浩史が恵といちゃつき始めました。
流れで僕とさくらも横のほうでいちゃいちゃし始めました。

それから数分が過ぎて、浩史たちの様子が気になってチラッと覗いてみると、すでに浩史はズボンを脱いで、恵にフェラチオしてもらっている最中でした。
恵も胸を曝け出して、浩史のものをしゃぶっていました。

(恵・・・あんなオッパイをしていたのか・・・)

はじめて見る後輩の淫らな姿に僕はすっかり興奮してしまい、横にあった毛布に包まってさくらと最後までHしてしまいました。

終わった後は、4人とも下着姿で照れながら余韻に浸っていたのですが、浩史がさくらの横へ来て、「俺もさくらとしたい」と言ってさくらといちゃつき始めたので、僕も恵と抱き合ってキスをしました。
恵も素直に受け入れてくれました。

どうしていいかわからず、すぐに僕が正常位で恵と交わると、向こうではまださくらと浩史がお互いを愛撫しあっていました。
どうやらさくらが浩史に強いられてフェラチオしているようでした。
自分の彼女が、他の男の物をしゃぶっている異常さに興奮して、僕はあっさりと恵の中でイッてしまいました。
しかし、すぐ隣でさくらが浩史に抱かれるのかと思うと、気になって恵を満喫できませんでした。

僕が二人の様子を見に行くと、まだお互いが愛撫している最中でした。

「おっ、もう終わったのか・・・俺たちはこれからだ」と浩史が言います。

「せっかくだから、さくらのすべてを味わっておかないと・・・」

そう言いながら浩史は今度は無理やりさくらを上にして69の体勢になりました。

「いや・・恥ずかしいから見ないで・・・」

さくらは言いますが、浩史の大きな物をフェラチオするのに必死で、それ以上は拒みません。
浩史も嬉しそうにさくらのケツに顔を埋め、クンニしはじめました。

さくらは「あんあん」と喘いで応えています。

浩史は69でさくらのクリトリスから尻の穴まで何度も舐めあげたあと、正常位になって挿入し、2人とも数分でイッてしまいました。

その後はみんな興奮しまくりで、やりまくり。
2人を四つん這いにして、後ろから交互に挿入しました。
さくらの肉付きのいい大きな尻と、恵の小ぶりで可愛い尻を並べて見比べながらするSEXは最高でした。
コンドームは2個しかなかったので、途中からは生です。
僕はさくらの口の中で初めて発射したのですが、さくらはあっさりとゴクゴク飲んでくれました。

「せっかくだからアナルSEXもしてみたい」

浩史は、そう言って恵を正常位にしてアナルに入れようとしたのですが、なかなか入りません。

すると、「さくらだったらケツが大きいから大丈夫かも・・・」と言って今度はさくらを四つん這いにして、尻を割り開き、アナルだけを舐め回しました。

僕自身もさくらのアナルは舐めるどころか見たこともあまりなかったので、初めての肛門からの舌の感覚に、最初は嫌がっていたのに、途中から気持ちが良くなったのか、「あアン・・・結構いい・・・」と喘いでいました。

だいぶ尻穴がほぐれたらしく、「よし」と言って浩史がさくらのアナルにペニスをあてがうとあっさりと入ってしまいました。

「ぐううっつ・・・」

さくらが獣のような声でうなりながら、浩史のペニスを受け入れています。

「なんてすごい締まるんだ・・・予想以上だ・・・」

浩史は叫びながらピストンを速めました。
さくらは猫が背伸びをするように、ひれ伏しています。

そのまま「いくー」と言って最後の一突きを肛門の奥に決めるとそのまま動かなくなりました。

中でいってしまったのです。

しばらくして、浩史がまだ勃起のおさまらないペニスをゆっくりと時間をかけて肛門から抜き始めました。
僕はそれを間近で見入っていました。

「ああすごい・・・一杯出た・・・すごい・・・ケツの穴がチンコを締め付けてきて、精子を搾り取っている・・・」

肛門のシワが伸びきって浩史のペニスを咥え、さくらの肛門の周りの尻毛がイソギンチャクの触手のようにペニスにまとわりついているのが何とも卑猥で滑稽です。

ペニスが尻の穴から抜け落ちると、「ああああ・・・」とため息を漏らして、一度肛門をきゅっと締めたかと思うとまた開いて、精子を搾り出していました。

肛門がピンク色に捲れ上がって、精子まみれになっています。

「すごかったよ・・・さくらのアナルは・・・まだヒクヒクしている・・・肛門もケツ毛も精子でどろどろですごいいやらしいよ・・・」

浩史は、そう言いながら余韻に浸っていました。
さくらは半ば失神状態で口を開くこともできずに、そのまま尻だけを高々と持ち上げたまま体を震わせていました。
壮絶なアナルSEXでした。

その後、僕たちは何事もなかったかのように、サークル活動を続けています。
しかし、みんなあの日の興奮が忘れられないみたいで、もう一度4Pをしてしまう日もすぐそこまできているようです。