味わいの違う同僚の奥さん2人と

この体験談は約 5 分で読めます。

近藤、佐藤、斎藤、遠藤。
30代ほぼ同世代で子供たちも同世代の同僚4家族でキャンプに行った。

子供たちが眠ってからの大人の飲み会はハイペース。
あっという間にみんなうとうとし始めて、三々五々それぞれのテントに戻って解散。

あんまり飲めない俺はメールしてみた。
そう、実は佐藤の奥さん(恵理)は新入社員だった頃、俺と毎週ヤッてた関係。
管理棟のトイレで落ち合って、個室で始めた。

「おぉ、おっぱいデカくなったな」
「子供生んだしね・・・あぁ、コレ・・・やっぱ違う・・・」

「何が?」
「先が太いし硬い・・・」

「佐藤は?」
「いいの、そういうのは・・・。今はコレ欲しい・・・」

しゃがんで音を立ててしゃぶり始める。

「やっぱ凄いや、お前のフェラは・・・」

頭を押さえて奥まで突っ込む。

「おぉ、出すぞ・・・」

恵理は急に吐き出した。

「ダメ、オマンコで・・・」

そう言うと俺を便座に座らせて上に乗ってきた。

「あぁ・・・」

ヌチャァッと生々しい音を立てて俺のモノが恵理に収まった。

「これ、これが欲しかったの・・・」

いやらしく腰を動かし始めた恵理の乳首にしゃぶりついた。

「あぁ、だめ、すぐイッちゃうかも・・・」
「いいよ、イケよ・・・俺も持ちそうもないし・・・」

「どうして?いっぱいして・・・」
「だってさ、佐藤の奥さんだろ?」

「いいよ、そんなの」
「そうじゃなくって・・・そう考えると萌えるじゃん」

「そう?そんなことよりあたしはこのオチンチンが好き・・・」

またいやらしく腰を動かす。

「ホントにエロいよな」
「旦那とはこんなのしないもん・・・」

「ええ?」
「だって正常位で出したら終わりだもん・・・」

「こんなにスケベな奥さんなのに?足りないだろ?」
「うん、全然足りない」

「いつでもしてやるよ」
「いいの?」

「いいよ・・・あぁ、イキそう・・・」
「待って、あたしも・・・」

しがみついてきて、唇にむしゃぶりつき合うと激しく腰を振ってきた。

「あぁあぁあぁ・・・」

ほぼ一緒にイッて、しばらく抱き合ってた。

恵理は立ち上がると尻を突き出した。
そう、大好きな立ちバック。
前に手を回すと思い出す・・・。
痛いくらいおっぱいを握り、乳首をつねり上げられながら突かれるのが好きだって・・・。
結局そのままもう1発。
恵理は中に2発分を収めたまま、先に戻って行った。

俺もトイレ棟を出ようとすると、そこには4組の中では一番若い遠藤の奥さんが立っていた。

「近藤さんたちって、そうだったんだー」

遠藤の奥さん(由香さん)も欲求不満だったようで、片足を持ち上げて正面から繋がった。
意外な豊乳にしがみつきながら突き続けたら、腰をガタガタ震わせながらすぐに絶頂に達してしまった。
俺はまだだった。
するとふらふらとしゃがんで口に含んで頭を振り始めた。

(なんだなんだ・・・?こんなに気持ちいいのは初めて・・・)

あっという間にドクドク発射しちゃった。
でも頭の振りは止まらない。
凄かった・・・。
結局2人に3発抜かれる凄い夜だった。

で、恵理とは復活。
旦那が出張で不在の夜、子供を実家に預けて、俺も出張ってことにしてお泊り。
やっぱスケベで慣れ合ったカラダはいい。
オナニー見せさせたり、おしっこ掛け合ったり、縛ってみたり、何でもあり。
恵理とはあれから4回ほぼ月イチペースでヤってる。
動きは激しいし、何回もイキたがるほど貪欲だし、マンコの締めは気持ちいいし、スレンダーなカラダも言うことなし。

由香さんとは、恵理にも秘密だけど3回会った。
以前中年オヤジに調教された経験があるらしく、目隠ししても軽く縛ってもおしっこ掛けたりしてもOKでMっ気全開。
むっちりと柔らかく、イク時には大声あげてガクガク震わせながらしがみついてくるカラダが最高。
フェラ以外はほとんど受身なので、自分で腰を振るように教えていきたい。

見た目も性格もセックスも違う2人なので楽しい。
2人を呼んで俺と3人でヤルか、2人が知らない俺の友達を呼んで4人でヤルのが夢。

昨日、Mな由香さんと会いました。
友達と買い物って言って渋谷に出てきた由香さんと東急本店で待ち合わせ。
飲み物と食べ物を買ってラブホへ。
部屋に入り、ドアのところで靴も脱がないまま跪かせて即尺させました。

「スケベだね、奥さん」

わざと声に出して言います。
後頭部が壁に当たってましたが、かまわずに腰を進めて喉の奥まで突き刺すと、苦しそうにえずいてました。
そのまま発射しようかと思いましたが、一旦抜いて立たせて、乱暴にベッドに仰向けに押し倒し、上からのしかかって襲いかかりました。
スカートの中に手を突っ込むと、ガーターの間にあるパンティはグチャグチャに濡れてました。

「なんだ、奥さんもヤリたかったんだ?」

「・・・」

股間の横の所から指を2本突っ込むと物凄く熱くてドロドロでした。

「あぁっ・・・」

私も下半身だけ脱いでそのままぶち込みました。
両足を脇に抱えるようにしながらブラウスの前を開き、ブラの上から乳首を噛みました。

「あぁっ・・・」

急に大きな声をあげた唇にむしゃぶりつきながら腰を奥まで進めると、両足を抱え込まれているのに下から激しく腰をしゃくり上げてきます。

「あぁっ、もうダメっ・・・」

フロントホックのブラを外して飛び出した大福のように柔らかいバストを強く握って、その先の大きく硬くなってる乳首にしゃぶり付いて強く吸いながら腰の動きを速めました。

「あぁ、イクイクイクイクッ・・・」

私の背中に回した両手が強く抱き締めてきて、オマンコの中がキュゥッと絞まりました。
その締め込みの感触を楽しみながらも私は腰を止めず、ディープキスしながら両方の乳首を強く摘んでやります。
服を着たまま押し倒されてるのに、この人妻は下から腰を動かして、もう1回大声を上げてイキました。
3回目にイク時に私も一緒にイキ、溜りに溜まっていたザーメンを発射しました。

風呂でお互い洗いっこしながらアナルを舐め合ったりしてから、音が響くのでわざと色んなこと言いながら私が湯船の縁に座って対面座位。
イク直前に離れて、洗面台の鏡の前で立ちバック。
繋がったまんまベッドに戻って四つん這い。

「違うところに当たるのぉ・・・」

由香さん、叫びながら潮を吹いてイキました。
抱き締め合いながら布団に潜り込んで休憩したのもほんのちょっとの間。
後は2人の汗や唾液、由香さんが吹いた潮、マン汁、私が出したザーメンなんかにまみれながらヤリ続けました。

「1回洗おう・・・」

由香さんが言うので、アイマスクを付けさせて、両手を後ろで縛ってバスルームにしゃがませてしゃぶらせます。

「出すぞ・・・全部飲めよ・・・」

頷いた由香さんはザーメンが発射されると思っていたでしょう。
私は興奮しながら大量のおしっこを出しました。

「飲め・・・」

ウグウグッと由香は驚いてうめきましたが、頭を押さえて注ぎ込みました。
しかしあまりにも量が多く、由香さんが途中で私のモノを吐き出したため、残っていた液体が口から溢れ出し、まだ私から出続けていたものが由香さんの顔からおっぱいにかかり続けました。
あまりにも興奮した私は、由紀さんを立ち上がらせて後ろからぶち込み、ただただ自分が発射するだけのために突きまくり、あっと言う間に発射してしまいました。

2人でゆっくりぬるい風呂に浸かってまったりしてから、買ってきたお昼を食べ、抱き合って1時間ばかりお昼寝。
由香さんのフェラで目が覚めると、上に乗られて午後の部が69でスタートしました。
由香さんのマン汁は無味無臭ですが、ちょっと粘りがあってローションのようです。
顔じゅうマン汁まみれで舐め続け、吸い続けました。
最後は正常位で抱き締め合って一緒にイキ、しばらくキスしながら抱き合い続けてました。

夕方帰る時には2人とも全身の筋肉が痛み、体中ふやけてました。
由香さんは「家族の夕食を買って帰る」と、ディープキスを交わしてから私より一足先に帰って行きました。
どんな顔で夫や子供に接するのでしょうか?
考えると興奮します。
夜11時過ぎにメールが来ました。

由香『まだ体が熱いです・・・またいっぱいしてください』