精子の検査

この体験談は約 2 分で読めます。

以前彼女に「いくら中出ししても妊娠しないのは精子が薄いから」と言われて、精子の検査に行きました。

自宅から精子を持ってくるか、ここで採取するか聞かれて、「ここでお願いします」と答えると、看護婦に別室に案内されました。
そこには何冊かのエロ本が置いてあり、精子を入れる容器を渡され、終わったら呼んで下さいと言われた。

イスに腰掛け、エロ本に目を通しましたが、結構ソフト系の雑誌でどれを見ても勃起しませんでした。
ふにゃふにゃのペニスを触りながら、色々想像したやりましたが全然ダメでした。
まぁ場所柄、緊張してたのもありましたが・・・。

30分ぐらいした頃、コンコンとノックして、看護婦が様子を見に来ました。
驚いてペニスを隠したのですが、看護婦は気にもせずに「どうですか?うまくとれました?」と聞いてきました。

私は「ちょっと無理みたいですねぇ・・・。今度家から持って来ることにします」と答えました。

すると看護婦が・・・。

「肛門から前立腺を刺激しましょうか?」

私は驚いて「え?肛門から?何ですかそれ?」と聞くと、「肛門から前立腺を刺激すると、すぐに射精できますよ」と説明され、恥ずかしかったがやってもらう事にしました。

部屋の隅にあった診察台にあがり、ズボンとパンツをヒザまで下ろし、四つん這いになりました。
看護婦は右手だけに薄いゴム手袋をつけました。
チューブからローションみたいな物を出し、私の肛門にそれを丁寧に塗り始めました。

その時点でもう完全に勃起してしまいました。

最初は入り口辺りをチロチロと指で触ってましたが「じゃあ入れますよ~」と言いながら、ゆっくりと中指を入れてきました。

初めての快感でものすごく興奮しました。
ゆっくりと指をピストンさせた後、中で指を少し曲げました。

私はたまらず「・・・っあ~」と小さく声を出すと、イキナリ左手でペニスを握りシゴキ始めました!

「出る時、言って下さいね~」と中指に力を入れました。

「あっ出ます、出そうです!」

そう言うと、素早く容器を取り出し「はい、いいですよ~」とペニスの前に容器を差し出しましたので、私は自分でシゴいて、そこに射精しました。

ザーメンは容器にも入りましたが、看護婦の手や、診察台にも飛びました。

ティッシュで私の肛門を拭いてくれた後、「じゃあ、お呼びしますので待合室でお待ち下さい」と、容器を持って部屋を出て行きました。