洗ってない肛門を舐めまくってくれた巨乳の幼馴染

この体験談は約 5 分で読めます。

小学校の同級生に千明(仮名)という子がいた。
少し太めだが、活発で可愛い子だった。
俺は中学校から別の学校へ行ったのだが、中三の時に偶然再会したら胸が巨大化していて、それ以来の気になる存在だった。

高一の時、付き合うことになったものの、何もしないまますぐに破局。
高三で再会し、流れでキスだけしたという微妙な関係だった。

それから幾年が過ぎ、22、3歳の頃、夏に同窓会があった。
久しぶりの千明はとにかく胸と尻が巨大でセックスアピールの塊だった。
身長は165センチで、デブ寸前のムチムチ体型である。
何かと俺の隣に座ってくるので、少なくとも好意を持っている事は窺えた。
ムクムクと妄想が高まったが、聞けば結婚間近だという。
さらに彼女の親友によると、「千明は堅物すぎる」とのこと。
まぁ無理そうだし、周りの関係も壊したくないので、あくまで友達として接することにした。

数日後、彼女から電話があった。
他愛もない世間話だったが相変わらず話が弾んだ。
一つ気になったのは、しきりに話題を下の方に持っていくことだった。
とりあえずお茶でもしようという事になり、夜に近所の喫茶店で落ち合った。
相変わらずの会話だったが、「暑いからお風呂に入りたい」などと、だんだん誘い方が露骨になってきた。
それでも俺はスルーした。
それは彼女はセックスの対象ではなく、あくまで幼馴染に思えてきたからだ。

さらに数日後、再び電話があった。
今度は明らかに酔っている。

「私を女として見れない?」

単刀直入である。
俺はなるべく露出度の高い服装をリクエストし、深夜に会う約束をした。

彼女は谷間もあらわな紺のミニのワンピースで迎えに来た。
普段はスカートすらほとんど穿かない彼女にしてはかなり頑張ったのだろう。

車は同棲している婚約者のものだ。
今日は夜勤だと言う。
相変わらずはち切れそうな体をしている。
とりあえず食事をし、公園へ行った。
すでに流れは決まっている。

「パンツ見せて」などと無茶振りすると、「良いけど・・・ここじゃダメ」という訳で物陰へ。

少し会話した後、ディープキス。

「オッパイが見たい」

「ちょっと待ってね」

彼女は少し離れて後ろ向きになり、ワンピースを腰の辺りまで下ろし、ブラを外した。
手で胸を隠したまま振り向き、手を下ろすと真ん丸で巨大な胸が飛び出した。
まさに“ボイン”といった風情である。

俺はすぐに手に余る巨乳を揉みしだき、小さくきれいな乳首に吸いついた。
彼女はとても恥ずかしがったが、抱きついてキスをしてきた。
その後、背後からもじっくりと巨乳を揉み、いよいよ場所を変えようという事になった。

彼女の運転でラブホに入り、まずは彼女がシャワーを浴びる。
彼女は照れ笑いを浮かべ、タオル一枚で出てきた。
俺もシャワーを浴びると二人ともベッドの中でタオルを取り全裸になった。
俺は一気に掛け布団を剥がした。

「キャーッ!」

彼女は恥ずかしさのあまり大声を出したが、すぐに抱き合ってキス、パイ舐め、そしてクリトリスを愛撫すると、とても敏感な反応を見せた。
クリトリスを触りながら顔の前にチンポを差し出すと、すぐに彼女は喉を鳴らしながらしゃぶりついてきた。
かなり積極的だが、吸う力が強すぎてあまり気持ち良くない。
しかしながら俺は一線を越えた感慨に浸り、しゃぶらせ続けた。

少し手マンをした後、いよいよ正常位で挿入した。
もちろん生である。
彼女は挿れた瞬間、ブルッと体を震わせた。

「もっとぉ」と言ってきたりと、なかなか積極的だ。

特筆すべきは彼女の肌だ。
スベスベツルツルでなんとも心地良い。
締まりも良いがアルコールが入っていて感度が鈍っていたのだろう。
実はあまり印象が無い。
しばらく正常位で出し入れしていたのだが、情けない事に中折れしてしまった。

しかし、ここからが本番だった。
仰向けになってフェラをせがむと彼女は躊躇なく自分の愛液でベトベトのチンポを口に含んだ。
立たせて騎乗位での挿入を何度か試みるが上手くいかない。
そこで挿入は諦めフェラに専念することにした。
しばらくしゃぶらせた後、「下の方も舐めて」とリクエストすると、彼女は亀頭から根本までゆっくりクネクネと舌を這わせた。
実に上手い。
さらに金玉を左右交互に口に含むとねっとりと舌で転がしてきた。
左足を上げてさらに誘うと、今度は蟻の戸渡りを徐々に下へ舐めてゆく。
彼女の舌がまさに肛門にさしかかろうとする時・・・。

「もっと下もできる?」

「大丈夫だよぉ」

言い終わるか終わらないかのうちに彼女は俺の肛門をペロペロと舐め始めた。
誤魔化しのようなチロチロ舐めではない。
顔の向きを尻の割れ目と直角にして、常に肛門に触れるように舌を横に動かす独特な舐め方である。
柔らかい彼女の舌が絶えず俺の肛門を往復している。
幼馴染に尻の穴を舐めさせている背徳感・・・。
つい興奮してしまい、両足をピンと伸ばして思いっきり持ち上げた体勢で、しばらく肛門舐めを楽しんだ。
少し欲が出てきたのだろう。

「後ろからも良い?」

そう言って四つん這いになってみた。
やはり俺も少し恥ずかしく、腰は引き気味である。
しかし彼女は俺が四つん這いになるかならないかのうちに同じようにペロペロと肛門を舐めてきた。
恐らく俺が一回転して体勢を変える間も尻から顔を離さなかったのだろう。
もう遠慮は要らない。
俺は思いっきり尻を突き出し、幼馴染のアナル舐めを心ゆくまで堪能した。

ふと鏡に目をやると素っ裸の彼女が四つん這いになって、同じく素っ裸の俺の尻に顔を埋めている。
小学校時代の記憶がつい頭をよぎる。

突然、彼女が後ろから金玉を舐め始めた。
羽毛で撫でるように極めてソフトである。
俺の人生で最高とも言える玉舐めに、文字通り俺の金玉は縮み上がった。

不意を付かれる形となったが、彼女はすぐに蟻の戸渡りへと舌を這わせ、再び元通りに肛門を舐め続けた。
俺も再度体の力を抜き尻を突き出して肛門を彼女に委ねた。
彼女は常に一定のテンポで肛門を舐め続ける。
変化には乏しいが、常時ガッツリと舐めているので、そういった意味での満足度は高い。

(いつまで舐めてくれるんだろう?)

そんな思いがよぎった頃、ふいに彼女が肛門に舌を突き立てねじ込んできた。
かなりの力である。
全身に電流が流れるような快感が走る。
あまりの気持ち良さに声も出ない。
俺はさらに彼女に甘え、尻を彼女の方に押し付けた。
すると彼女もさらに舌で押し返してくる。

こうして何度かゆっくりピストン運動を繰り返しアナル舐めを終えた。
まだ射精もしていないのだがすでに満足感でいっぱいである。
これも怪我の功名と言うべきだろう。

その後、二人で風呂に入り、ソファーに場所を移した。
全裸で隣に座り、彼女に手コキをしてもらう。
もうビンビンである。
俺は床に膝立ちになり、浅く座った彼女の足を持ち上げ再び挿入した。
結合部が丸見えである。
その後は立ちバックで、ソファー、冷蔵庫、玄関、部屋の中央と様々に場所を変えながら思う存分性器の完全を味わい、背後から胸を揉みしだいた。

再びベッドに戻る頃には汗だくであった。
汗まみれで抱き合い、さらにセックスを続けた。
いよいよフィニッシュが迫る。

「どこに出して欲しい?」

「顔以外ならどこでも良いよ」

「じゃあ口」

俺はチンポを引き抜くとすぐに彼女の口に突っ込んだ。
しかしイキきれない。
ピストン運動が足りないのか、ほんの2、3滴しか出ない。

俺はまたしても彼女に甘えた。
壁にもたれ、仁王立ちの体勢でフェラをせがんだ。

「贅沢だねぇ」

そう言いつつも彼女はすぐに俺の前に跪き、自分の愛液でベトベトのチンポを口に含んでくれた。
結局、手コキ&口内射精でフィニッシュとなったが、彼女はひどく後悔したようで、しばらく音信不通となってしまった。

一年後、経緯は忘れたが、人妻となった彼女と再会した。
以前のようには盛り上がらなかったが、いつもは旦那が使っている車の中でフェラをしてもらい、洗っていない肛門をたっぷりと舐めてもらった。
驚いたのはディープスロートだ。
根本まで飲み込み、文字通り喉の奥で愛撫してくる。
俺は彼女の喉奥で果てた。

そして、今度こそ音信不通になった。