痴漢されてる女性にレズられた

この体験談は約 4 分で読めます。

先日、電車で痴漢されました。
満員電車で、壁際の隅に自然と追いやられました。
でも私を追いやったのは女の人だったので、特に怪しいとは思いませんでした。
でも、今になって思えば、やけに体を寄せてきてたと思います。

私は座席と壁の隅に押し付けられ、その女性に覆い被される形でじっとしていました。
しばらくすると、女性の喘ぎとも思えるような息遣いが聞こえてきました。
女性の顔が私の耳元にありました。
私は思わず女性の顔を見ました。
彼女は目を閉じて、艶かしく吐息を漏らしていました。

(えっ何?)

私の頭の中は???でした。

また吐息が漏れました。
少し開いた唇から舌が覗いていました。
私がその唇から目が離せずにいると、ふいに彼女が目を開けて私を見ました。
潤んだ切ない目で。
私は慌てて目を逸らし、俯きました。
なんだか見てはいけない気がして。
彼女の吐息が私の耳にかかるほど、顔が近づいてきました。

「はぁ、はぁ、今、痴漢されてる」

耳元で囁く声にビックリして、私は顔を起こしました。

「ダメ、いいの、そのまま知らないふりしてて」

さらに驚いて彼女の顔を見ました。
彼女の顔には困惑や恐怖の色は一切なく、明らかに感じているようでした。

「触られてる。はぁ、・・・スカートの中に誰かの手が入ってきた」

彼女の肩越しに大柄の男性がいることに気づきました。
その男は、私に覆い被さった彼女に、さらに覆い被さるように。
怖くなって顔を伏せました。

「ごめんね。でも、そのまま、そのままじっとしてて」

いつの間にか彼女の頬が私の頭に乗せられていました。
私は怖くて、小さく頷いてしまいました。

「ありがとう。うぅっ」

突然、彼女が呻いて、鼻息を荒くしました。

「あぁ、指が、下着の中に、はぁ、はぁ、入ってきちゃう。入ってきちゃう。あぁ・・・」

それから彼女は、彼女がされていることの実況を始めました。
小さな声でしたが・・・。

「あぁ、指が動いてる。ああぁ、来ちゃう、クリちゃんまで、来ちゃう。あぁ、来た、指が、指が、うぅっ、イヤァ、クリちゃん擦られてる。指が凄いの、凄く良いの。痴漢されて、クリが感じてる。スゴい興奮してる。私、痴漢されて興奮してる」

私は彼女の言葉に驚きながら、自分の息が荒くなってることに気づきました。
そして体が熱くなっていることにも気づきました。

「はぁぁ、はぁ、あなたも熱くなっちゃった?ごめんね」

そう言って彼女は私の腰に手を回してきました。
優しくゆっくりと服の上から私の体を・・・。

「ごめんね。可愛い。大丈夫だからね、怖いことしないから、そのまましてて」

女性の優しい言葉に私はまた頷いてしまいました。
すると彼女の手は私のお尻を優しく触り始めました。

「あぁ、クリちゃん指で擦られてる。ヌルヌルのクリちゃん擦られてる。あぁ、クリちゃんでイッちゃいそう。ぅぐぅ、うぅっ、イヤァ、クリでイッちゃう。イッちゃう。イッちゃう。イグゥ!」

そして・・・、彼女は頬を私の頭に強く押し付け、お尻に回した手で私のお尻を鷲掴みにしながら体を痙攣させていました。
気づくと、直接お尻を触られていました。
いつの間にと思いましたが、その頃には私も彼女にもたれ掛かっていました。
彼女の大きな胸に顔を埋めるように。
このままじっとしていたいと思いました。
でも、痴漢はさらにエスカレートしていきました。

「うぅっ、イヤァ、イヤァ、指が入ってる。ぁぁ、指が凄いの、指がスゴい。掻き回してる。ぅぐうぅ、指がスゴい奥まで来てるの。スゴい、オマンコ、ヌプヌプいってる。聞こえる?指で掻き回されてヌプヌプいってるの。イヤァ、イヤァ、ダメ、また、また、イッちゃう。イグゥ、イグゥ、イグゥぅぅ」

そう言って、また彼女は体を痙攣させていました。
いつの間にか彼女の指が私の割れ目を擦っていました。
彼女は何度も痙攣していました。
彼女のあそこを掻き回す指の音が時おり聞こえてきました。
でもそれは、私の音だったかもしれません。
彼女の指が私の奥を掻き回していました。
彼以外の経験もなく、イッたこともあまりない私が、彼女の指で、ヌプヌプのあそこを掻き回されて、あっという間にイッてしまいました。

「可愛い。イッてくれたのね?」

私は頷いて、彼女の胸に顔を埋めました。

「満足できた?私、これからもっと気持ち良くさせてもらうの。オチンチンで。あなたも来る?」

彼女の指は、まだ私の奥にありました。

「スゴい締まってきた。オチンチン欲しくない?私が一緒だからね。大丈夫だからね。オチンチン欲しい?」

電車が止まりました。
同時に彼女の指が私の中から出ていきました。

それからは、どこへ行ったかよくわかりませんが、彼女に連れられホテルへ行きました。
彼女の後ろにいた大柄の男性と三人で。

痴漢ではなく、痴漢プレイというものだったと、その時聞きました。
初めはここまでの予定はなかったらしいんですが、私があまりにも感じていたので・・・、とのことでした。

ホテルでは、ほとんど私が二人から責められていたと思います。
彼とはしたことのない体位で犯されました。
二人曰く、私はかなりMだそうで、言葉と愛撫とオチンチン、それに玩具まで使って、さんざん嬲られました。
あんなにイカされたのは、当然ですが初めてでした。