人妻に仕込まれた中学生に死ぬほどイカされた

この体験談は約 3 分で読めます。

塾で英語の講師をしている25歳です。
春期講習の頃、教え子の中学2年生と仲良しになって車で一緒に出掛けました。

夕方、静かな所に車を停めて話していたら、だんだんエッチな話題になっちゃって、その子に「君って中学生だし童貞でょ?」って聞いてみたの。
もちろん「うん」って言うかと思ってたから答えにびっくり!!
その子、去年の夏に童貞卒業していて、しかも相手は学校の友達のお母さんで36歳だって。
さらに今も週に1、2回会ってて、ずっとセックスを仕込まれてるそうなの。

ふとその子の股間に目をやるとパンパンに膨れ上がってた。
私の太ももをチラチラ見ていたし。

(この子ったら私を・・・)

でも36歳の人妻を満足させている中学生のチンポってどんなのかなって思い始めたらドキドキしてきちゃって。
そしたらその子、甘えるように抱きついてきたの。
私も思わず受け止めて、しばらくしたら、その子の手がスッと胸に伸びてきて優しく揉み始めたの。

(上手・・・なんなのこの子?!)

「ああ・・・」

思わず声を出してしまって、でもすごい。
そして胸から手が離れて、スカートの中へすーっと入ってきたの。
内股の敏感な所をじっくり刺激してくる。
自然に脚を広げちゃった。
その子、それを待っていたかのようにパンティーを弄りだして、もう濡れている部分を的確に撫で回してきた。

「あふ~ん。あっああぁぁ・・・」

私も、もう変になってきていた。
気が付いたら、その子の手はパンティーの中に侵入してきていた。
しかも親指でクリトリスを刺激しながら膣の中にも2本指が入って蠢いてる。

「君ったら中学生のくせに・・・」って喘ぎながら、でもイキそうになってました。

それから指の動きがさらに激しくなって・・・。

「ああ、もうだめぇ、イクぅぅぅー」

大股を開いたままぐったりと快感の余韻に浸っている私をその子が嬉しそうに見ていた。
(だったら、ようし!)と思って、ズボンとパンツを脱がせてみると。

「すごい・・・」

想像以上の立派なチンポ。
長さは20センチ近くあって、太さも、女にしては大きい私の手でやっと握れるくらい。
それになんて言ってもカリがプックリ膨らんで形がいいし、鉄棒みたいに硬いの。
これを見せられたら人妻だって夢中になるわけね。

私、フェラには自信があって、太い竿も大きなキンタマもテクを駆使してブッチュブチュにしゃぶってあげたの。
さっきのお返し。

(射精するまで絶対離さないから!)

「うわっ先生!もうイクよ」

その子が叫んだ途端、すごい量の精液が私の喉に向かって放出された。
もちろん全部飲み干した。

もう2人とも止まらなくなって、その後ホテルに行ってやりまくっちゃった。
その子ったら仕込まれたるだけあって、前から後ろから横から私を突きまくった。
特に松葉崩しは完全に子宮に届いちゃうし、そのまま狂ったような高速回転で腰を動かしてきた。
私はその間、部屋中に響く声で喚いた。
失神寸前に感じさせられまくって、その子も5回私の中に放った。

(すごい・・・。こんな中学生がいるなんて)

それからは私、その子とのセックスなしではいられなくなって、『個人指導』を週2回しています。

それにしてもその子、私と人妻の2人を相手にしてよく体がもつなーと感心します。
だって1度のデートで3~5回は出すって言うんだもの。