私が見ている前で部長に中出しさせた妻・前編

この体験談は約 6 分で読めます。

「息子夫婦と温泉に行くはずが、息子の出張で急にキャンセルになったんだが、どうだ奥さんと一緒に行かないか?もちろんわしは邪魔する気はないから、気ままに一人旅を楽しむからさ」

そう言って部長は二泊三日の温泉旅行をプレゼントしてくれました。
妻と二人で旅行するのは新婚旅行以来八年ぶりでした。
結婚して八年も経てば、夜の生活もひと月に一度あるかないかで、結婚当時は妻の身体を思い出しただけで勃起していたナイスバディーも、自分のものになっていつでも抱けると思うと壁にかかった絵のようなもの。

私たち二人は結構新鮮な気分で温泉に行きました。
途中道に迷ったために到着したのは夕方でした。
着いたらまずはお風呂。
二人は浴衣に着替えるとすぐに露天風呂に向かいました。
かなり広い露天風呂でした。
私はゆっくりと景色を楽しみながら風呂の中をうろうろしました。
露天風呂の一番奥の岩場に、50過ぎの男性の後ろ姿が見えました。
部長の後ろ姿に似ていたので近寄りました。

私「ぶちょ・・・」

声をかけようとして見ると、その男は岩場に座り、ごそごそと手を動かしているのです。
見ると、股間からそそり立つペニスをシコシコと擦っているのです。
50代にしては勃起力が良く、まっすぐ上を向き張り出したカリ首ははち切れんばかりの大きさでした。
男が見ても形の良い見事なペニスでした。

驚いたのはその後です。
男の視線の先には、竹の柵の隙間から女湯が見えているのです。
そしてその隙間から見えているのは、私の妻でした。
無防備に股間の毛を見せ、もう少し股を広げたら陰部も見えそうな状態で岩の上に座っているのです。
もったりと大きな乳房は自分の妻ながらむしゃぶりつきたくなる色っぽさでした。

しばらくして部長はペニスの先から白い精液を発射しました。

「うっうっ」と言いながら私の妻をじっと見つめて射精したのです。

私は妻の中に部長の精液を注ぎ込まれた妄想に駆られました。
気がつくと私のペニスもピンと上を向いて立っていました。
すぐにその場を離れ、部長から見えない位置の湯船に浸かりました。

(部長が妻を全裸にし身体を舐め回し、大きなペニスを勃起させて妻の股間にそれを差し込み大量の精液を流し込んだ・・・)

そんなことを考えたら私の股間はズキンズキンと痛くなるほど勃起してきました。
しばらく収まるのを待って部屋に戻り、妻と食事をしました。
お酒が入るにつれて再びさっきの様子が頭の中に浮かんできました。

(部長に妻を抱かせてみたい)

そんなとんでもない妄想が頭をよぎりました。

(どうしたら・・・)

いきなり「部長とやってみないか」なんて言ったら引っ叩かれそうでした。

私「さっき部長らしき人を見かけたけど来ているのかなぁ?」

妻「部長さん来てるんだったら、あいさつくらいしないとねぇ」

私「フロントで確認してみるか」

私はフロントに行って部長の部屋を聞きました。
1020号室でした。
私は部長の部屋に行きました。
部長は一人でテレビを見ていました。

私「部長、この度はありがとうございます。どうですか、妻が挨拶したいと言っていますし、私の部屋で一杯やりませんか?」

部長「いいのか?せっかく夫婦水入らずなのに」

私「どうぞどうぞ!」

第一段階成功。
部長を部屋に連れて行きました。

妻「あら、部長さん。お久しぶりです。この度は素敵な旅行をありがとうございます。ちょっとあなた、連れてくるなら先に言ってよ!私パンティーしかつけてないのよ」

部長に挨拶をした後、妻は私の耳元で囁きました。
浴衣の下がノーブラだと聞いて、ますますドキドキしてきました。

私「いいじゃないか、少しくらいセクシーにして色気で部長を参らせてくれよ。来年は俺の課長昇進もかかっているんだしさ」

妻「あら、じゃあ私、今晩は部長さんのお部屋で寝ようかな」

私「おっ、お前なかなか言ってくれるじゃん。今日は思い切り部長を接待して出世街道まっしぐらと行こうぜ!」

妻「よーし、私も飲んじゃおっと!」

そんな話をしながら自動販売機でビールとウイスキーを買ってきました。

妻「部長さんはビール?それともウイスキー?」

部長「ウイスキーを貰おうかな」

敷いてあった布団をずらして、畳の上に盆を置き、車座で私たちは宴会を始めました。
部長がタバコをくわえた時、妻が手を伸ばして火をつけました。
そのときに前屈みになり、少し肌蹴た妻の胸元が見えました。
私の位置から妻の乳房が半分近く見えたので部長からは乳首まで見えていたかもしれません。
部長の視線は妻の胸元に突き刺さっていました。

酒が進むと三人ともほろ酔い加減で話の内容も次第に下ネタへと変わっていきました。
しばらく妻とは飲んでいませんでしたが、妻の下ネタもなかなかすごかったことを思い出しました。
独身時代に初めて二人で飲みに行ったときに、「しんちゃん、最近はいつエッチした?私は二ヶ月前からしてないのよ、可哀相でしょ」と、そんなどぎつい場面があったことを思い出しました。

部長「奥さんは三十過ぎにしては肌は綺麗だし、スタイル抜群だねぇー」

妻「いやぁーん部長さん、裸になったらもっとすごいのよ」

さっそく妻のするどい返しが炸裂しました。
しかし、浴衣姿の女性が色っぽいとは良く言ったもので、少しずつ肌蹴て太股が見え隠れする姿は私のほうが押し倒したくなるほどでした。
きっと部長もたまらない気分でそれを見ていたはずです。

妻「部長さんはまだエッチのほうは現役よね」

部長「当たり前さ、でも朝立ちはほとんど無くなってしまったなぁ」

妻「奥様とはどれくらいのペースでされるんです?」

部長「あいつはダメだ。トドみたいで色気もくそもあったもんじゃないよ、ハハハ」

妻「まぁー、それじゃあ外で抜いているんですか?愛人さんがいらっしゃるの?」

私「おいおい、そんなこと聞くもんじゃないぜ」

部長「いいよいいよ、君達はわしの一番信頼する部下夫婦なんだから、わしのスキャンダルを武器にするような事はないだろ、ワハハハ」

部長はすっかり妻のペースにはまっていました。

部長「去年まで、愛人というか遊んでた子がいたんだが、男ができて捨てられてしまったよ。車まで買ってやったんだぞ」

妻「まぁー部長さん可哀相、私がよしよししてあげるわね」

妻は部長を引き倒して膝枕し、頬を撫で回しました。
止めようかと思いましたが、部長はニヤニヤして妻の膝を撫で回していたのでそのままにしました。
かなり嫉妬心は湧いてきましたが、頭に来るほどではなく、むしろさっきの妄想が現実になるのではないかとワクワクしてきました。

妻「ビールが無くなったから買ってくるわね」

妻がそう言って部屋を出ました。

部長「すまんなぁー、奥さん、私に気を遣ってくれて、あんなことまでして気を悪くせんでくれよ」

私「部長、あいつ地でやってるんですよ、ハハハ。あいつ酔うとスケベになるし、僕は部長だったら全然大丈夫ですよ。なんなら後で三人で一緒に家族風呂にでも入りますか?」

部長「お前はホントにわしに良くしてくれるよなぁー、わしが会社で勢力を張っているうちは全面的に引っ張ってやるから付いてこいよ」

私「もちろんです」

部長「来年の課長は当然だが、その程度で喜ぶんじゃないぞ!まだ絶対に伏せておいて欲しいが、わしは来年取締役常務になる。そしたら子会社を作ってそこの社長兼務じゃ。お前は本社の部長がいいか?それとも子会社の取締役がいいか?よく考えておけ、いいな?わしとお前は絶対に信頼し合える同志じゃからな。わしを支えてくれよ」

ここでこんな話が始まるとは思ってもみませんでした。
もうどうなってもいい、部長に妻を差し出してもかまわないと思いました。
妻が遅いので私は様子を見に行きました。
すると、廊下でビールをコロコロと落としながら妻がうろうろしていたのです。

私「何やってんだ?お前」

妻「キャハハハ、ビールちゃんが逃げ回るのよぉー、キャハハハ」

妻はすっかり上機嫌でした。

私「おい、来年課長決定だって、しかもその後は部長か子会社の取締役だってさ、どうしよう」

妻「きゃぁー!あなた素敵!愛してるチュュゥゥゥーー!」

私「おいおい廊下だぜ」

妻「部長さんにもチュゥーしてあげなきゃ。でもどうしよう、『今夜はわしの部屋で』なんて言われたら?アハハ」

私「どうする?」

妻「そんなはずないわよね、アハハハ」

私「アハハ、そうだな、でも部長なら俺は許すよ」

妻「まぁー、妻を出世の道具に使うのね、こいつぅー。いいもーん、私、部長さん大好きになっちゃった。今日は部長さんに子守唄歌ってあげよっと」

そんな話をしながら部屋に戻りました。

妻「ぶちょーさぁーん!ただいまぁー、ビールちゃんが逃げ回って大変だったのよ」

部長「わはは、そうかそうか奥さんは可愛いなぁー」

妻「奥さんじゃなくて、久実ちゃん!」

部長「おお、そうか久実だったな」

ピシュューーーーッ。

妻「キャァーー!ごめんなさい部長さん。私がビール落としたから。脱いで脱いで、タオル持ってくるから」

妻は部長の浴衣を剥ぎ取るように脱がせて、タオルで身体を拭き始めました。
妻の浴衣もかなり肌蹴て、乳房が丸見えでした。
手を動かすたびにプルンプルンと揺れる乳房に部長は眼を奪われていました。

部長「奥さん、おっぱいが丸見えだよ」

妻「いいの!部長さんの方が大事なんだから。おっぱいの一つや二つ。三つ見せてくれって言われたら困るけど、アハハハハ」

部長「ありがとう、ありがとう」

部長の目に涙が浮かんでいました。

妻「あらいやだ、部長さん泣き上戸?そんなしんみりしないでよ。でも身体がベタベタするわね、お風呂入ったほうがいいかしら?」

私「三人でお風呂に入って湯船で飲もうか?」

私は勢いに任せて言ってしまいました。

妻「いやぁーーん、いい男二人に囲まれてお風呂?私幸せすぎかも」

相変わらず乗りのいい妻でした。
今日は最高に機嫌が良いようです。
そして三人で家族風呂に入りました。
タオルで前を隠す妻がまた色っぽくて最高でした。

<続く>