とみちゃんの相性テスト

この体験談は約 5 分で読めます。

先週、入院しました。

1、2日間は、熱があり、死にそうでしたが、3日目から絶好調。
個室だったので話相手といえば見回りに来る看護婦だけ。
ナースステーションに用があったので行ってみると、そこにはお気に入りだが、名前のわからない看護婦さんが。

ここの病院は、白衣の上にエプロンをしていて、なぜかみんな名札は伏せてあり、名前がわかりません。
お気に入りの看護婦は、顔はどうってことないんだけど、腰周りが悩ましい。
俺には嫁さんがいるんだが、「いただきてー」と思っていた(不謹慎だが)。

まあ、名前がわからないので、「あのー、氷枕交換お願いしたいんですけどー」と他人行儀な俺。

「あれーSさん。ナースコールで呼んでくれればいいのにー」

「TVカード買う都合があったから」

「ちょっとー、とみちゃーん。いいかしらー」

「ごめんSさん。あとで持ってくね」

「OKー(おおーチャンスじゃなーい)」

安易な俺。

とみ「おまたせーSさん。だいぶ元気になったねぇー」

俺「そうだねーだいぶいいよー」

とみ「朝、体温計りにきたとき、Sさんまだ寝てたでしょうちょっと、元気な部分があったよー」

(こいつなんだ???妙にシモネタいけるな)

俺「まいったなー、とみちゃんがくるから、スタンバってたんだよ」

とみ「なにいってんのー、エッチ」

俺「ところで、とみちゃん、とみちゃんって名前もナースステーションで初めて知ったんだけどフルネームは?」

とみ「富◯っていうのよ。よろしくね」

俺「俺さー、とみちゃんって結構ツボっていうか、ぐっとくるっつーか、とみちゃん結構患者から誘われねー?」

とみ「えーだってこの病院、おじいさん、おばあさんばっかりでしょー。若い人ほとんどいないし、出会いのチャンスなんてないよー」

(おおーーーー!)

俺「今度さ、どっか飯でも行かない?彼氏にちゃんと話してさ」

とみ「彼氏今いないから大丈夫だよー。っていうかSさん奥さんいるじゃん」

俺「まじめだからある程度OKだよ。焼き鳥でもいっしょに」

とみ「わーいやったー焼き鳥大好き、でもSさんその後、朝元気なもので刺さないでね」

俺(なんか俺が誘ってるのに、逆転してない?脈ありか?)

俺「じゃあさ、メアド交換しよ」

とみ「いいよー」

・・・ということで、その日はメアド交換のみに終わった。
とみちゃんは『日勤→夜勤→休み』とローテだったらしいが、夏休みをとっていなかったということで、『日勤→休み』になったらしい。

メールを出してみる。

俺「仕事お疲れ様、気をつけて帰ってね」

とみ「今、駐車場の車の中、ちょっと疲れちゃった」

俺「そっかーまじ入院してなきゃ送ってくのに」

とみ「えー送っていきながら何すんのー」

俺「へへへっ」

とみ「ナースステーションで許可得てくれば、表に出られるよね」

俺「ん?」

とみ「駐車場まで来れない?」

俺「いいけど」

早速外出許可を得て、駐車場へ。
外出理由は、『飽きたから、コンビニまでモーニングを買いに』(あほか俺)。

俺「やー来ちゃった。で、今7時だから、おいら2時間の命でござるよ」

とみ「2時間でなにする?」

俺「お話しよー!」

とみ「あのさーSさん。ちょっといい?」

俺「ん?」

とみ「私が外来に用があって降りて行ったとき、ずっと見てなかった?」

(ドキッ!)

俺「・・・見てました。ああ見てましたとも。とみちゃん(のお尻に)に興味がありまして・・・いいなーと」

とみ「そうなんだ、私もSさんのことが・・・ね」

俺「まじでー、相思相愛ジャン」

とみ「あはは」

時間が経過し・・・。

俺「じゃあそろそろ戻るわ」

とみ「あのさSさん、別館の2Fに来てくれる?」

俺「今?」

言われた通りに向かいました。
別館2Fに行くと、とみちゃんが居た。

とみ「ここ夜は人来ないの」

俺「へー、内部の人しかわからないね」

とみ「トイレ行こ」

俺「えーなにすんのー?」

とみ「相性チェック」

俺「おおー」

トイレに入ると、身障者用で、かなり広い。
ただ使用されていないようで、中には使われていないストレッチャーやベッドマットが置いてあった。
掃除はされているようで小綺麗だ。

とみ「服脱いで・・・」

俺黙って半袖半ズボンを脱ぐ。

とみ「誰にでもするわけじゃないよ」

俺「わかってる」

とみちゃんはしゃがみ込んで、起立姿勢の自分の股間の起立しているジュニアをパクっと・・・。
嫁さんのフェラに不満足な俺だが、とみちゃんテクはすばらしく・・・ジュルーと吸ってくれて・・・まさに天国。

(やばい、病院で天国に行くのはどうも・・・)

俺「ああーやばいよ、やばい。ちょっと・・・」

とみ「いいよ」

とみちゃんは結局、口をジュニアから一切離さず、すべて吸い尽くしました。
俺は、ヘナヘナという表現がまさにぴったりの状況で、ストレッチャーにもたれました。

とみ「相性テスト本番があるんだけど。平気?」

(2回戦って!ここ7、8年やってねーよ)

俺「ちょっと無理かなー」

とみ「まだ元気あるか見てみるね」

・・・と言いつつ、もう一回ジュニアがとみちゃんの口の中に・・・。
とみちゃんの口にて、再度起立状態になりましたよマイジュニア。
びっくりでした。
というのも嫁さんとは、レビトラ飲まないと起立しないぐらいのEDな30歳なりたてほやほや。

俺「また、やばいよ、ちょーでけー」

とみ「わたしのも見て。見学していって」

ストレッチャーの上に腰を掛け、M字開脚状態に。

俺「すげーヌルヌルだよ、ちょっとお試し期間つーことで掻き回しちゃっていいかしら」

とみ「おねがいします」

俺はちょっと指を挿入してみる。
通路は、ヒダですごいことになっている。

(すげー!もしかしてこれが名器ってやつか?)

俺「とみちゃん、締めてみてくれる?」

とみ「・・・んっ・・・」

俺「おっおおおおーすげー」

そう、すごいことになっちゃうんですよ。
通路が変形するというか、指折れるっつーのって感じで・・・。

俺「ちょっと入れるね。(すげー楽しみ)」

とみ「ゆっくりね」

ジュニアはギンギンでとみちゃん通路に侵入しました。
締め付けでジュニアが動けないぐらいです。
もう腰を動かすたびに、脳髄まで刺激され、生まれて初めての感覚。
いつもEDぎみで遅漏な俺が・・・1分ちょっとで。

俺「やべー行きそう。外で・・・んんー」

とみ「抜かないで、今日平気だから」

俺「っつーか、マジー?やばいよーああああぁぁぁぁぁぁ」

中出し、しました。
とてもじゃないけど耐えられないです、あの通路には。

とみ「いっぱい出た?すっきりした?」

自分の通路を開き、ストレッチャーのマット部分に俺の液を出してます、俺のジュニアを見ながら。

俺「はぁはぁテストは?」

とみ「合格かも」

時間も遅くなったので、その日はジュニアを綺麗にしてもらい解散しました。

で、月曜日に入院し、日曜日に退院したのですが、その間、特にエッチな行為はなかったのですが、メールではちょくちょくやり取りをしてて、退院後初エッチは昨日行いました。
病院裏側にある書庫で。

俺は現在でも2日に1度通院していて、昨日は、朝9時に病院へ。
丁度、夜勤明けのとみちゃんが帰るところでした。

俺「おはよー」

とみ「ちょ、ちょっと」

腕を引っ張られ、裏の方へ。
書庫に引っ張り込まれました。
そして、立ちバックで1回再テスト。
またもや合格らしいです。

外来に戻ると、救急車が・・・交通事故のようです。

看護婦A「長身者用のストレッチャー持ってきて」

看護婦B「どこですかー」

看護婦A「2Fにあるわー、急いで!」

看護婦B「なんかティッシュが置いてあって汚れてますがー」

看護婦A「ちょっと持ってきて。確認するから。あらなんのシミかしら?」

看護婦B「ちょっと匂いますね・・・」

(あのときのストレッチャーか?)

もちろん、そんなこと言えませんでしたが・・・。