只今、友人の奥さんを調教中

この体験談は約 3 分で読めます。

今、1人の女をM奴隷として調教中。
良かったら詳細を読んでくれないか?

まずは周辺の状況から。
俺には20年来の友人がいる。
奴隷はそいつの女房だ。
夫婦ともに離婚の意思あり。
子供は2人。

女房(仮に『紀美』とでもしておくか)は、友人の愚痴を俺にこぼし、俺はそれを逆手にまずはセフレの関係になった。
一方、友人とは離婚の原因となっている浮気の手助けを同時進行中。
相手はよくある“行きつけの飲み屋のママ”というヤツ。

俺は彼に頼まれ、「飲みに行こう。奥さん、彼を借りるよ」と言わされてママの店に行き、頃合いを見計らって友人とママを置いて退散。
その後、紀美のもとに戻り、「彼?さぁ・・・途中ではぐれちゃったよ」といかにも浮気をほのめかし、悔しさにベソをかいている紀美を慰めるフリをしながらヤッてしまうという、そのパターンを繰り返した。
ついでながら、昼間に買い物中のママに出会った時、ママに「彼の奥さんが云々」と話を持ちかけ、強引にラブホでヤッてしまったのだが、ママ曰く、「彼って小さい上に早いのよねぇ」だと。

元々Sっ気が強く、大のアナル好きの俺は紀美のそれを狙っていたのだが、何回かのセックスの後、いざ行動に移る際、紀美に泣かれた。

「どうしてノーマルじゃダメなの?あたし、普通のほうがいい」
「アナタが好きよ。でも縛ったりする、そんなセックスはイヤ」

泣きながら、そんなことを言われた。
何人かの人妻と付き合ってきた経験上、紀美は間違いなくMだと睨んでいた俺だったが、これはハズレたかなと自信喪失。
攻め方を変えようと俺は無い知恵を絞り、10歳ほど年下の紀美に似た雰囲気の小娘と付き合いだし、その小娘を連れてわざと紀美の家に遊びに行ってみた。
傍目には気の会う友人同士とその家族・・・といった雰囲気だが、紀美の目が明らかに違っていた。
嫉妬していた。

亭主のいる身でありながら不倫相手の恋愛に嫉妬する。
以前にもあったパターンだった。
気づかぬフリをしながら小娘とは1年ほど付き合い、紀美にセックスの内容を事細かに報告した。

「縛ってみた」
「屋外でヤッた」
「浣腸もした」

・・・あることないこと彼女の耳に入れてみた。

「可哀想」
「どうして優しくしてあげないの?」
「やめなさい、ひどすぎる」
「アナタ、彼女を愛してないの?」

俺はヘラヘラ笑いながら、「アイツもそれを望んでるんだよ」と、うそぶいた。
紀美は彼女に同情して目を潤ませていた。

去年の夏、そろそろかなと思い紀美を誘ってみた。

「彼女に申しわけない」
「バレたらどうするの?」

・・・と、一応年上らしい言葉を吐いていたが、飲めない酒を飲ませ、帰り際に飲み屋のエレベーターホールでキス。
胸を揉みまくってやった。

「こんな所で・・・イヤよ、人に見られるから。やめて、お願い・・・」

ちょうどその場に3人ほどの会社員が通りかかり・・・。

「おーおー、こんなとこで」
「羨ましいねぇ」

その途端、紀美はビクっと体を小さく痙攣させ、足をガクガク震わせた。

(なんだ、露出癖もあるんじゃねぇか?)

俺は自分勝手に解釈し、車を人気のない場所に移動した。
田舎の山道に人気はない。
助手席の背もたれを倒し、胸を肌蹴て揉み、ストッキングとパンティを一緒に引き下ろした。

「あ・・・嫌・・・」

「嫌ならやめるけど?」

「いじわる・・・」

マンコに指を滑り込ませる。
久しぶりの感触だった。

「あぅ・・・あん・・・そこ、ダメ・・・」

「こんなに濡らして何言ってんだよ?」

「だぁってぇ・・・」

たまに通る車がヘッドライトの光を投げつけてくる。

「今、見られてたぞ」
「いやだぁ、知ってる人だったらどうしよぅ・・・」

「そんなわけねぇだろ」
「でも・・・あ・・・イキそう・・・イク、イクッ!!」

そう言って紀美はあっさり果ててしまった。

タイトルとURLをコピーしました