とある中学校の特殊教室棟で

この体験談は約 3 分で読めます。

今週、昨日まで、とある中学校の空調の点検・修理していた。

私は音楽室や理科室といった特殊教室棟を回っていました。
この時間は部活で吹奏楽部のあまり上手くない練習をBGMに仕事していた。
木曜の夕方、誰も帰って静かな音楽室の作業終了の点検をしていたら、誰かの声が。

?・・・と思って楽器準備室を覗いたら、3年の女の子(サエとミナ)が、上半身裸で抱き合ってました。

私が、勢いよく開けたものだから驚いて固まっていた。

「作業済んだから先生に報告したいんだけど・・・」って言ったら、オドオドして「内緒にしてください」って言ってきた。

わたしも、つい「お願いされても、困る」(別に困らないけど)って言ったら、少し考えて「じゃあ、一緒にすればみんな同罪だよね」って言いながら、手を引かれて楽器運搬用のクッションの上へ。

スレンダーなミナが「おじさんも脱いでよ~」って言うのですが、私はつなぎをきていたので、上だけ脱ぐ格好にしていたら2人が乗っかって、一気に膝まで下ろしやがった(笑)
私は驚きながらも、何もしないで展開を楽しんでいたら、オッパイの大きめのサエが、私の汗臭いトランクスを下ろし、チンポを両手で上下させ「ミナもやらない?ピクピクするよ」って誘い、2人が手コキを始めた。

私はサエの身体を後ろから羽交い絞めにして、綺麗な乳首を刺激すると「あっ・・・やん、あ~ん」とかわいい声。
一気にハーパンとパンツをおろすと、すこし薄めの毛が生えてるマンコが濡れてぬめっていた。
クリトリスを刺激すると「んくっ!あ~~~ん」とさらに可愛い声で喘ぐので、少しすっぱいマンコを舌でベロベロすると「ダメ~~!イヤァァァ」って言葉を残して仰け反って早々とイッてしまった。

次にミナを脱がすと、可愛いお尻に似合わないほど生えた毛のマンコ。
でも、サエよりすっぱくなく今度は69に。
ミナのクリトリスを舌で刺激すると、私のチンポを頬擦りしながら喘いでます。
キツく刺激をすると「ぎゃ~~~」って言葉を残してイッてしまいました。

その後、そのまま私のチンポをミナのマンコに。
少し抵抗を感じた後、「グジュッ」って音を残して入りました。

「痛っ!痛っ!あうっ、あーーー」って、喘ぎながらしっかりしがみついてくるミナに興奮して、5分しないうちにイキそうになり、マンコから抜いて、口を開けさせすごい量を放出。

そのままをサエにしゃぶらせ、挿入。
今度は抵抗なく「ニュルッ」って感じで入った。
こっちはキツイのではなく締りのいいマンコで、しばらく感触を楽しんだ後、サエの口に放出。
2回目とは思えない量だった。
二人とも吐き出すところが無く飲んだ。

その後、「出るところが見たい」とダブルフェラ。
3度目だから・・・と言ったが、サエが私の顔にマンコを押し付け、サエが竿を、ミナが玉をパックンしてると、見る見る復活。
そのまま刺激され続け、あえなく3発目。
ミナの顔にいっぱい掛かったようで、「わ~~~」ってハンカチで顔を拭いていた。
一息つく暇も無く携帯が鳴る。
今日の終了だった。

次の日はゴムまで用意してくれていた(笑)
しかし二人に中出ししちゃいました。

もう少し時間が欲しかったな~。

タイトルとURLをコピーしました