AV女優さんとこっそり・後編

この体験談は約 5 分で読めます。

こんにちは、僕はアダルトビデオ制作会社のADをしています、25歳の男です。

昨日の話では、ちょっと前にAV女優さんに撮影後にエッチさせてもらった話をしました。
それから僕はその人のことが好きになってしまい、同じ現場に入りたくてワクワクしていましたが、なかなかチャンスがありませんでした。
そしてモヤモヤしたまま何週間か過ぎていきました。

僕はこの気持ちを誰かに話したくて、先輩に話してしまいました。
先輩は強面で、性格も気が強いんですが、面倒見が良くて仲良くしていました。

先輩は、「何だよ、イイ思いしてんじゃんお前も!頑張れよ!付き合っちゃえよ!」と応援してくれていました。

その日は凄くいい気分で帰りました。

それからしばらくして、とうとうあの女優さんと同じ現場になることになりました!
当日は早めに現場に入りました。
女優さんが現れて、僕と目が合うと、「あー久しぶりー元気?」と話し掛けてきてくれて、凄く嬉しくなりました!

「この前のは内緒だよ!私もあんな事するの初めてだったんだから!」

耳もとでそう囁かれて、超嬉しくなりました!
絶対に撮影の後、誘おうと決意しました!

そして撮影が始まって、ちょっと嫉妬まじりの気持ちで女優さんを見てしまいました!

唯一話をした先輩も同じ現場に来ていて、「あの女優か?可愛いな!お前すげーな!」と言ってくれました!

そして撮影が終わって、僕はドキドキしながら控え室に向かいました。
すると、さっきの先輩が僕より先に控え室に入って行くのが見えました。
僕はちょっと不思議に思いました。
先輩はあの人とは面識が無いはずです。

僕はドアの前に近付いて、こっそり中の様子を聞いていました。
ドアに耳を当てると良く聞こえました。

先輩「何か飲む?」

女優「えっ、いいです、いいです、おかまいなく」

先輩「何かゴメンねー、お疲れのトコ」

女優「いえいえ、どうしたんですか?なんか・・・面識ないですけど・・・」

先輩「いやー聞いたよ、うちのADがお世話になったみたいで!」

女優「えっ?何ですか・・・それ」

先輩「またまたー、今日来てただろ?あいつだよ!」

女優「えっ、誰から聞いたんですか・・・?」

先輩「本人だよ!決まってんじゃん!何かすげーエロい女だって言ってたよ、オナニー撮りでマジイキだったって?」

女優「そんな事ないですよ!あれは・・・ちょっと気分的なもので・・・」

(何で先輩が!!!!!)

僕はどうしていいか分かりません!
僕はビックリしたんですが、それ以上に、困っている女優さんの声を聞いて、凄く心が苦しくなりました。
とりあえずその場を動けませんでした。

先輩「俺にもやってよ、頼むわ!」

女優「ちょっと!そんなの嫌です!」

先輩「いいじゃん別に、本気でスケベなんでしょ?ちょっと、とりあえずしゃぶって、ほら!」

女優「ちょっ、なんで出してるんですか!やめっ、んぐっ、うっ、うぷっ、うはぁ、うぐっ」

先輩「あああ、ヤベッ、いいわ、気持ちイイぞ、もっと奥まで入れろよ!」

女優「ちょっ、んぐっ、ジュブッ、ジュルッ、いやっ、うっ、うぐっ」

先輩「お前結構イイおっぱいしてんな、ちょっと挟めよ」

女優「ちょっと酷いよこんなの、やだよ、なんで!」

先輩「いいからやれよ!誰でもヤラせてんだからいいだろ?安いクセに高そうにしてんなよ!」

女優「ひどい・・・そんな・・・」

先輩「ほら早く!何だよ乳首ビンビンじゃん、早く挟んでしゃぶれ!」

女優「んぐっ、チュパッ、チュッ、プチュッ、うぐっ、あ、ハァハァ」

先輩「おし、今度はマンコ見せろ、早く!テーブルに手突いて!」

女優「ちょっ、痛い、もう乱暴しないでよ!」

先輩「うるせーよ!ヤリマン女のくせに!便所がしゃべんな!」

女優「さっきからひどいよ本気で!」

先輩「だからうるせーよ、ほら、マンコ見せろ、安いマンコ!あれ?なんだ、やっぱ濡れてんじゃん、スケベな女だなー」

僕のせいで女優さんは便所女扱いされてしまいました。
本当に申し訳ない気持ちでした。
あんな優しい彼女なのに、先輩の対応は酷いです・・・。

先輩「マンコヌルヌル女!手で広げろ!見えねーよ!」

女優「あんっ、もう、見ないで・・・あっ、ダメ」

先輩「スケベなマンコから汁が垂れてるからコレで蓋してやるよ!おらっ!」

女優「えっ、ちょっとまって、ゴムは、ダメよ生は、ダッ、あああああ、ダメ、まずいよ、あああん、あああああ」

先輩「うるせーよ、便所がしゃべるなっていってんだろ!」

女優「やだ、あああん、ああああ、ホントに危ない、あああああん、ああああああ、いやあああああ」

先輩「やだってお前!すげー濡れてんぞ、知ってんのか?さっきから床に垂れてんぞ!」

女優「もう言わないでよ、ああああん、あああああああ、いやあああ、すっごい、ああああ、イイ、はげしい、あああああ」

先輩「気持ちイイだろ?ここだろお前!ここ好きだろ?」

女優「ああん、ああああ、そこイイ、なんで、なんで分かるの?あああ、すっごいイイ、ああああああ、イイ」

先輩「あいつとどっちがイイ?」

女優「あああん、ああ、こっちのが好き、ああああ、気持ちイイ、上手いよ、上手過ぎだよ、あああああ、なんで」

先輩「じゃあお前セフレになれよ!いいか?」

女優「えっ、いいよ!いっぱい虐めてくれる?ああん、ああああ、さっきみたいに虐めてくれる?ハァハァ」

先輩「あたりめーだろ、お前は今日から俺の便所だから!勝手な意見は言うなよ!」

女優「ああん、イイ、そう、あたし便所女なのおおおお、ゴメンなさい、便所なのにイキそう、イッてもいい?イク、イクうううううううう、あああああ、気持ちイイ、あああ」

先輩「勝手にイッてんなよ!」

女優「ハァハァ、ごめんなさい、ハァハァ」

先輩「これからは俺の許可無くスタッフとハメんなよ!」

女優「はいっ」

先輩「今までスタッフ何人とやったんだよ」

女優「えー、覚えて無いけど・・・10人ぐらい・・・」

先輩「なんだよヤってんじゃん!スケベ女!おらああ」

女優「ああああん、ごめん、あああああん、もう昔だよ、あああああ、ダメ、すっごい気持ちイイ、あああ」

先輩「もう出すぞ、いいか?何処に欲しい、イクぞおおおおおお」

女優「何処でもいいよ、あああああん、好きにして、ああああ、怒られちゃうけど中でもいいよ、いっぱい出して、あああああ、気持ちイイ」

先輩「じゃあこのまま出すぞ、いいか、イクッ、中にイクッ」

女優「いいよ、いっぱい出して、あああ、ああああ、出てるよ、いっぱい出てる、ああ、すごい、あああ」

僕は二重三重のショックです・・・。
僕より気持ちイイ、先輩とセフレ、10人のスタッフとセックス・・・。
もう何がなんだか分かりません・・・。

膝がガクガク震えています・・・。
結局僕はただの甘ちゃんでした。

少し大人になれた昔の話です。