制服&ルーズソックスの女子高生と中出しセックス

この体験談は約 4 分で読めます。

最近、超可愛い女子高生に中出ししてしまいました。
寛子ちゃん(16歳)とはアルバイト先で知り合いました。
とても可愛くて性格の良い娘です。
いつも学校帰りに制服で職場まで来ます。
制服&ルーズソックスで、身長157cm。
足もスラッとしてナイスなスタイル、自分的にもとてもお気に入りの女の子です♪

ある日、寛子ちゃんが職場で転んで膝を擦りむいて怪我をしてしまったんです。
職場に手当てができる物が無く、「ちょっと待ってて!」と近くの薬局まで行き、塗り薬と包帯を買ってきて手当てしてあげました。
寛子ちゃんはとても照れていました。
それから今まで以上に寛子ちゃんと会話するようになり、仲良くなっていったんです。
何度か仕事帰りに食事して、帰りは寛子ちゃんのアパートまでクルマで送ってあげていました。

そんなある日、寛子ちゃんが、「寄って行きませんか?」と言ってきたんです。

ちょっと焦ってしまって、「えっ!いいの!?」と言うと、「ちょっと・・・聞いて欲しいことがあるんですぅ~」とのこと。

そんなこんなで彼女のアパートに行くことになりました。
彼女の部屋に入ると何とも言えない良い匂いがプンプン漂っていて、とても可愛らしい1Kの部屋でした。
コーヒーと、昨日買ってきて余ったというミスドのドーナッツをご馳走になりました。
寛子ちゃんは自分が食べ残したドーナッツを、「ハイ、あ~んして♪」と自分に寄り添って来ました。
制服のミニスカートから見える太ももとチラッと見えるパンティに興奮して、理性を保つのがやっとでした。

オレ「と、ところで聞いて欲しいことって何?」

そう聞くと、寛子ちゃんは下を俯いたまま恥ずかしがりながら、「・・・恋愛に歳の差って関係ありますか!?」と聞いて来た。
自分もかなり緊張しながら、「お互い好きで愛しあっていれば歳の差なんて関係ないんじゃない・・・どうして?」と聞き返すと、寛子ちゃんが自分にもたれかかってきて、「す、好きなんです」と頬をちょっと赤くして言ったんです!

自分も寛子ちゃんの目を見て、「オレも・・・好きだよ・・・」と、そのまま自然な流れでディープキスをしていました。

そして、キスをしたまま寛子ちゃんのベッドへ。
まずブラの上から優しく愛撫し、ブラを外しました。
ブラを外すと未成熟の綺麗なオッパイと乳首を目の当たりにして、すでに息子はギンギン状態。
とにかくオッパイにしゃぶりつき、乳首を舌と指でコロコロと愛撫すると、寛子ちゃんは可愛く切ない声で・・・。

寛子「あぁぁ~ん」

その喘ぎ声もさらに燃えてきて、制服とルーズソックスはそのままで、パンティだけを脱がせて寛子ちゃんのマンコに手をやると、もうグチャグチャに濡れていました。
無我夢中で寛子ちゃんのマンコに顔を埋めると・・・。

寛子「いゃ~ん、シャワー浴びてないから汚いから・・・」

オシッコの匂いとマン汁の匂いで自分は大興奮!
マンコにむしゃぶりついてクンニしまくると、寛子ちゃんの喘ぎ声とベチャベチャというイヤラシイ音と臭いで部屋中が一杯になりました。
処女と思われる寛子ちゃんのピンクのキレイなマンコにもう我慢ができなくなり・・・。

オレ「コンドーム無いから生でいいよね」

寛子「生でいいです・・・」

オレ「じゃ、入れるよ」

・・・と正常位で挿入。
とにかく温かくて息子に吸い付いてくるほどの締まりの良さに感激し、がむしゃらに腰を振って振りまくりました。
寛子ちゃんはどうやら処女ではなかったらしく物凄く感じていました。

俺「寛子ちゃんのマンコ気持ちいい・・・生のオレのチンチンどう?」

寛子「生って・・・すごく・・・気持ちいいですぅ」

寛子ちゃんは声にならない声で答えました。
もう喘ぎ声と切れ切れの息で感じまくる寛子ちゃん。
高速ピストンしていると、「イクッ、イクッ・・・あぁぁぁ」と痙攣しながらイッてしまいました。

乱れた制服とルーズソックス姿を見てたら寛子ちゃんが回復するのを待てず、イッて即にも関わらずまた高速ピストン開始。
(こんな可愛い女子高生と、それも制服とルーズを着せたまま生ハメでSEXをしているんだ)という興奮が最高潮に達して・・・。

俺「寛子ちゃん、オレもうイキそうだよ・・・どこに出せばいい・・・」

寛子「す、好きにしていいです・・・またイキそう・・・」

俺「じゃ、寛子ちゃんのマンコに中出しするよ・・・いいの・・・」

寛子「う、うん・・・」

JKの膣内へ2週間以上溜めてあった臭い精子をドバッと一気に放出すると、同時に寛子ちゃんもイッてしまいました・・・。

そのまま息子を抜かず抱き合いながらディープキス。

オレ「好きだよ、愛してる・・・」

寛子「わたしも・・・」

その言葉と可愛らしさに2ラウンド目に突入。
もう寛子ちゃんマンコの中は凄い状態で、ピストンしているだけでグジョグジョと精子と愛液が漏れ出す光景を見て、再度中出し。
息子をマンコから抜くと寛子ちゃんの膣に溜まっていた精液がドロッと出てきました。
制服&ルーズ姿のカワイイ女の子のマンコから流れ出す精液を見て満足感で一杯でした。

それからは寛子ちゃんの登校時間2時間前まで一晩中、中出しSEXをヤリまくり、計4発もの精液を女子高生の膣内に射精しました。
終わった後、妊娠したら・・・と心配しましたが、彼女の方が落ち着いていて、「赤ちゃんできたら産むよ!」と。
ちょっと焦りましたが、運良く妊娠はしませんでした。

寛子ちゃんは自分の前に同級生の男子と付き合っていたので、自分で男性経験は2人目だそうです。
処女だったら申し分なかったのですが・・・。

その後、彼女は生SEXに目覚めてしまったので、ピルを常用させて毎日中出しオンリーのSEXをしています。
最近では体操着&ブルマプレイでの中出しにお互い燃えています。
卒業したら彼女には妊娠してもらって可愛い子を産んでもらおうと思っています。