セフレの部屋のクローゼットに隠れて その2

この体験談は約 5 分で読めます。

チョットした(でも過激です)出来事を話しますね。

私のセフレである彼女は美容師であるため、従業員がいます。
また、取引先(機材の販売営業マン)等の飲み会も年に3~4度行われている様です。
私も友達という事で、この会に誘われ、のこのことついて行きました。
飲み会が始まると、従業員も営業マンも先程まで私に敬語を使っていたのに、いつの間にかタメ口になっている始末です。
良い意味のタメ口であり、私も年甲斐もなく大はしゃぎしてしまいました。

会が始まって3時間ぐらい経ったのでしょうか。
私も酔っていたのですが、周りはベロンベロンに酔っていて、みんなどうやって帰って行くんだろうかと心配になるくらいです。
彼女の方を見ると営業マン2人に囲まれバカ話を楽しんでいる様子です。
私もそろそろ、酔いを覚ますつもりで場を少し離れ彼女らの様子を見ていたのですが、彼女の側に居た営業マンの1人がなにやら酔った勢いで、口説いているようなのです。
このような光景は良く見るものですから私は、さほど気にしませんでした。

しばらくたって、私も自宅に帰るつもりで、彼女を捜したのですがその場にいないのです。
近くにいた従業員の女の子に聞いたらトイレじゃないですか~~~とのこと。
飲み会の支払いがあるため帰ってはいないと思ったのですが、私も催してきたのでトイレに立ちました。
すると、トイレの前で彼女と先程の営業マンがなにやら話していたのです。

聞き耳を立てていると、営業マンは彼女に最近会ってもらえないんですね・・・最近のお気に入りは私のことをさしているのでしょう、今日つれてきた男ですか?と問いつめていたのです。
彼女は、そうじゃ無いけど・・・ご免なさい・・・。
今度時間が空いた時にねチュッと営業マンにキスをしたのです。

こ、こ、こ、こいつもセフレなのかと思った次第です。

彼女が戻って来ると、私を見つけ「家に来るんでしょ」と耳打ちして来たのですが、私は「ごめん・・・。今日は帰らないといけない」と言いました。
彼女はがっかりしたようですが、それを聞いていた営業マンはニヤリと笑っていたのを私は見逃しませんでした。

私は期待に胸ふくらみ、タクシーを拾い自宅へ・・・。
違います・・・彼女の自宅へ直行したのです。
彼女の自宅付近で待機・・・。
40分ぐらい経ったでしょうか、一台のタクシーが近づいて来ました。
停車場所は、彼女の自宅前です。
案の定・・・彼女と営業マンの2人が降りて来ました。

さ~て、お待ちかね・・・。
ここからが本番です。

彼らが部屋に入って10分ぐらい経った頃に私も、預かっていた鍵を使い静かに部屋に入ります。
聞き耳を立てていると、どうやらバスルームにいるようです。
階段の影に隠れ出てくるのを待つ小心者でした。

バスルームから出てきた2人・・・。
営業マンの声が聞こえてきました。
今日来た男にどんなエッチをしてもらっているのか?とか何回ぐらいしたのか?チンチンは大きいのかとか聞いています。
彼女は、いや~~~ね~~~と言いながら笑っています。
営業マンは、私に嫉妬しているのでしょうか・・・?
やたらと、私のことを聞いているのです。

彼女の笑いが、だんだん喘ぎ声になって来ました。

(くそ~~~~!私が居る階段の影からは、状況が見えない~~~~!早く寝室に行ってくれ~~~~~~!)

しかし、彼らは居間でエッチをしている様です。

彼女が営業マンの息子を、しゃぶって居るのでしょう。
いやらしい音が聞こえてきます。

「んんんん~~」

チュパ・・チュパ・・チュポ・・ジュル・・ジュルルルル~!

「ああああ~~~大きくなって来たよ~~~」と、彼女の声が聞こえてきます。

営業マンはベッドへ行こうと促したようです。
寝室に向かう2人の様子が窺われます。

やった~~~!
これで私が覗ける。
ドキドキワクワクである。

寝室での彼らを覗くと、まだ彼女が営業マンの息子を丹念にフェラッチしています。
愛おしそうに、優しく、イヤらしく、時折営業マンと目を合わせながら、嬉しそうです。

営業マンは彼女のフェラテクを官能したあと、ゆっくりと息子を口から離し、彼女を寝かします。
彼女の両足首を持ち大きく広げクンニの始まりです。
彼女のアソコは大洪水のようです。
ジュルジュルジュルとアソコを吸われる音が何とも言いようがありません。
営業マンは彼女のアソコをじっくり見ながら、凄いぞお前のアソコはと言っています。
彼女もなりふり構わず営業マンの息子を掴み口を近づけます。

69の始まりです。
彼女が上になり凄い勢いで、むさぼり合う2人です。
私の息子も、はちきれんばかりに大きくなっています。

(仲間に加わりた~~~~い!)

そろそろ挿入の様です。
彼女を仰向けに寝かせ左足を営業マンの左肩に乗せ彼女の右足の太股に営業マンが乗っかる様にして、一気に営業マンの盛り狂った息子が彼女のマンコに突き刺さります。

「あああああああああ~~~~~~~~!すご~~~~い!いつもと違う処にあたってる~~~~!気持ちいいいいいいいい~~~~~~~!もっともっと突いて~~~~~~!」

彼女の哀願する声が聞こえます。

営業マンはパワフルな腰使いでピストン運動を続けます。

「ああああああああ~~~~~~~~!だ、だめ~~~~~!イッちゃう~~~~~~!」

営業マンは体位を替え、次は彼女の状態を起こし、ダッコちゃんスタイルになり下から彼女を攻めます。
営業マンの年齢は27歳凄い勢いです。
時間を忘れひたすら腰を動かす営業マン・・・。
24時間戦えますか・・・。
ごめんなさい。

疲れてきたのでしょう、そのまま営業マンは後ろに仰向け状態に。
女性が上の騎乗位となりました。
彼女の腰使いも凄いの一言です。
前後・左右・上下と動き周ります。
これだけ動いているのに営業マンの持続力は凄いの一言です。
なかなか、イキません。

営業マンは下から彼女を見ながら、片手で胸を触り、もう片手は彼女の腰に添え動きに合わせてバランスを取っている様です。
じっくり楽しむタイプとお見受けした次第です。
彼女は何度も何度もイッた様です。

最後は、正常位でガンガン攻められ、彼女の奥深くに営業マンの精液が注ぎこまれた様です。
ぐったりとなる2人・・・。
満足感に浸る2人・・・。
妊娠は気がかりじゃ無いのだろうか?

そう、彼女はピルを常用しています。
過去に一度私との関係で失敗しているのです。
営業マンも知っているのでしょう。
気にも留めていない様です。
彼女はゆっくり起きあがりティッシュを取り、営業マンから注ぎ込まれた精液が外に流れ出ているのを拭いています。
そして、営業マンの息子に顔を近づけ、自分の愛液でテカッているそれを、愛おしく口で拭き取ります。
これは、一生私のモノよとニッコリと笑い営業マンと見つめ合う2人でした。

彼女のセフレは何人居るのでしょうか?
不思議でしょう。皆さん・・・。

今現在の確認では、あと2人居る様です。
私を含めて5人。1人は私の部下。
そして今回登場の営業マン。

後2人については後日投稿致します。

お楽しみに~~~~~!