軽い冗談の一言で

この体験談は約 3 分で読めます。

登録した派遣会社のお姉さんとやった。

12月23日の午後くらいに登録に行って、登録後にちょっと雑談してた。

女「明日のクリスマスはどなたかと盛り上がられるんですか?」

俺「いゃ~、金もあんまないし彼女もいないんで家族とケーキ食ってすごしますよw◯◯さんは彼氏と美味しい物でも食べに行かれるんですか?」

女「彼氏いないんですよ~(苦笑)それに年末忙しくて、最近毎日残業ばっかりなんで、明日も~」

俺「へぇ~、大変っね。じゃあ仕事終わったら、一緒にお祝いしますか?」(100%冗談)

女「えぇ~、・・・イイですよ。(超笑顔)でも、仕事終わるの9時過ぎとかですよ」

メルアドと携番交換して、翌日とりあえず、大型パチ屋の駐車場で待ち合わせをした。
遅くなるかもって言葉通り、会えたのは、午後9時45分頃だった。
(正直途中でバックレようかとオモタ)

・・・が、逆に遅かったのが良かった。

女「お待たせしました(超笑顔)なにか食べましたか?」

俺「えぇ、ちょっと(吟上肉まんとエビチリまん)」

女「良かった~、私も会社で弁当&ケーキ食べちゃったんですよぉ」(超笑顔)

俺「じゃー、飲みにいきますか~」

女「えぇ?◯◯さん車じゃないですか、だめですよ飲酒運転は」

俺「・・・じゃー・・・(どーしろっーんだよ)」

女「・・・落ち着ける所で飲みましょうよ」(表情が変わる)

・・・で、コンビニで酒とおつまを買ってホテル探し。
ちょっと手間取って、ホテルに入れたのは、午後10時30分過ぎ。
最初二人ともギクシャクしてたんだけど、酒飲んだからか、30分もしないうちにイチャイチャ開始。
ソファーの上でキス、乳愛撫、でパンツ脱がせたら、もうグショグショでした。

俺「◯◯って、こういうまんこしてたんだ」(いつも言います)

M字開脚させてクンニしようとすると、女「シャワー浴びてないから、ダメですよぉ」(エロい笑顔)

気にしてるようだったけど、とりあえずクリから攻めてみたクリ舐めるとかやっぱりマン臭が濃かった・・・。
でもお姉さんはイイ感じになってなので一回逝かせてみようと思って中を指いれてみた。
かなりキテたみたいでぬるぬるだった。
これは吹くんじゃ?とチクビやクリと同時に思いポイントを攻めまくると・・・。

女「・・・んん~ぅぅぅぅ・・・、あっ!」

お姉さんはやっぱり吹きました。
っていうか、濃いめの汁がドロッって感じで流れ出てきた。
お姉さんは気持ちイイけど、恥ずかしいと言うんで風呂場に移動。
風呂に入る前、俺もかなりタッテたんで脱衣所で即尺させてみた。
断るかと思ったけど、快くかつ恥ずかしそうにしゃぶってくれた。

けど、フェラはイマイチだった(オキニの風俗嬢と比べたら)・・・。

湯船を作る間風俗みたいに会話しながら、ボディーソープで体(後にまんこ中心)を洗ってあげた。
やっぱり気持ちイイけど、恥ずかしいらしい。
その時聞いたんだけど、年は俺の1つか2つ上の27歳で、夏頃、彼氏と別れてそれ以来やってなかったらしい。
潮(汁?)も、自分では吹いた事は無いって言ってた。
潮の話題が出た所で綺麗になったしってことで、またクンニ+指マンで吹かせた。
その後、一応フェラさせてから風呂場でハメました。

立ちバック、バック、座位、また立ちバックで初イキ。
その後、二人で湯船に入ってまた会話を交してベッドへ移動。
でまた・・・結局、風呂場、ベッド、寝起きにもう一回のと、会って二日のお姉さんと一日三発やっちゃいました。

その後も日曜に買い物デート+ホテル、月曜も仕事の紹介と説明するって呼ばれて、会社終わった後にまたやる。
今日仕事納めで明日から休みらしいから、たぶん年末年始は派遣会社のお姉さんとやりまくると思います。

軽い冗談で言った一言でセフレができるなんて、何でも言ってみるもんだと思い書き込んでみました。

タイトルとURLをコピーしました