ちさとの体は院長先生でなければ・・・

この体験談は約 2 分で読めます。

小さなクリニックに勤務している看護師です。

仕事でミスをしてしまい落ち込んでいました。
皆さんに迷惑をかけた償いにと残業していたら院長先生がやってきて「あまり気にしすぎないでいいよ」と優しく声をかけてくれました。

院長に「ちさとさんどこ見てるの?」と聞かれてしまいました。
だって院長のあそこが白衣の中から突き出しそうになっていて思わず目がいってしまったの。

「仕事のミスは許せるけど、その厭らしい視線が許せないな」といじめられ、そのあと診察室のベッドの上で手足を縛られ、恥ずかしいことをたくさんされ気が変になりました。

院長先生の下半身は年齢の割りにとてもお元気でたくましいものでした。
グチョグチョに濡れて大声を出してしまう恥ずかしいちさとに変貌してしまいました。
院長先生は何度も激しく私を攻め私の中でドクドクっと動きやがて果てていくのがわかりました。
院長先生がその物を抜くと中から白いものが流れてきて・・・私は快感と恐怖で頭が真っ白になりました。
院長先生のご命令に従うしかないちさとです。
ちさとの体は院長先生でなければ感じなくなってしまいました。

院長先生とのプレイはエスカレートするばかり。

昨夜はノーパンで食事に連れて行かれ、テーブルの下で院長先生の指であそこをぐちゅぐちゅにされ、顔が真っ赤になり恥ずかしかった。
帰りは院長先生が運転中フェラさせられました。
あとはホテルで胸とあそこのところだけ穴があいている恥ずかしい網の下着をつけさせられ縛られおもちゃで弄ばれ、また挿入。
どんなにお願いしてもコンドームはつけてくれません。
私の中から先生の液体がいつも流れてきます。

いつもしっかり洗ったはずなのにまだ残っているのか後から下着に流れているときがあります。
もともと生理は不規則。
今はピルを飲んでますが、そういう関係になって1ヶ月くらいは飲んでいなかったので妊娠の不安に怯えています。
検査薬使うのも怖くて・・・。

でも生でHをすることが自分でも快感に変わりはじめています。
やっぱり生の感触のほうが気持ちいいし院長先生のドロドロした液体と私の液体が混ざり合ってすごく厭らしい音がいつも部屋中にあふれています。

院長先生は私のあそこから、混ざり合った白い液体が流れてくるのを見て満足されているようです。

タイトルとURLをコピーしました