4年ぶりの真由

この体験談は約 2 分で読めます。

自宅の階段から落ちて近所の病院に入院中です。

この病院(整形外科)には、近所に住んでいて何かとお世話になっている方の娘さん(真由・22歳)が勤めてます。
私と真由は、真由がJKの時に何度かエッチした仲です(真由の初体験も自分)。
・・・で入院した1時間後に真由の耳に入り、自分の病室に顔を出してきました。
前から可愛いかったけど、今は美人になっていた。

他愛ない話して、真由の両親も見舞いに来たので真由は仕事に戻った。
夕方仕事終わった真由が遊びに来て「して欲しい事あったら何で言って下さいね」と言ってくれた。
じゃあ遠慮なくと「夜勤の時、久しぶりにエッチしよ」と言ってみたら、照れながら「考えておきます」と返事してもらいました。

夜勤の時も良く顔を出してくれたけど、エッチはしてもらえなく諦めていた。
2週間前の夜勤の時、ゴソゴソ物音がして起きたら真由が来ていて、潤んだ目をしていたからピンときてスカートの中に手を入れアソコに指を入れたら濡れていた。
約4年ぶりの真由のフェラを堪能してから上に乗ってもらいエッチした。

いや~気持ち良かった。

肌蹴たナース服から見える上下に揺れるDカップの胸。
声が出ないよう我慢している顔。
最高でした。

中で果てて、しばらく胸の中で息を整えていた真由は服を整えて見回りに行ってしまった。
さぁ寝よか~と思い、目を閉じてランプを消し30分後。
また真由がエッチしに来た。

「マジ」と聞くと
「お願いします。私4年ぶりのセックスだったんで止まらなくなって」と、ナース服のボタン外しながら言ってくれた。

「朝までヤルか」

頷く真由。

本当に4時までエッチした。
その日から夜勤は必ずエッチ。

日勤の時もおさわりOKだし、真由が休みの時も見舞いがてらにフェラ当たり前の毎日です。
今日も5時近くまでエッチしてました。

退院が早くても2ヶ月はかかるから、楽しい入院になりそうです。