グラマーなパートのおばちゃんと車の中で

この体験談は約 3 分で読めます。

俺、36歳独身。
先日、会社帰りに駐車場に行くとき、43歳のグラマーなパートのおばちゃん・寛子と出会い、「家まで送ろうか」と言うと、ニコニコして助手席に乗ってきた。
家は正反対ではあるが、俺は家に帰ってもしょうがないので良い時間潰しになると思い、気軽に乗せてやりました。

しばらく走っていると、「どこかドライブに連れて行って」と言うので行きました。

寛子はしばらく走っていると、寄り添ってきましたので、俺は肩に手を廻しました。
そうすると、彼女は俺の手を自分のバストに持っていきました。
寛子の胸はEカップで揉み心地は最高です。
しばらく胸を揉み、次にスカートの中に手を入れていきますと、少しずつ股を広げていきます。
股まで指が届き、ゆっくり触っていると、もうマン汁が出ています。
パンティの上から擦っているとだんだんべちょべちょになってきました。
パンティの横から指を滑らせてオマンコに指を当てると、寛子は自分で腰を動かし、自分の気持ちのいい場所に持っていこうとしています。
クリに当てて腰を振っています。
もうオマンコは大洪水です。

俺は近くの駐車場に車を入れ、寛子に「ここでいいか」と聞くと、「どこでもいいから早く入れて」と言います。
寛子の顔は硬直して、わけがわからない状態になっていました。

指を1本から2本にしてオマンコの穴にするすると収めました。
オマンコの中も上気して熱くなっています。
俺は2本の指でオマンコの中を掻き回してやりました。
だんだん発情して腰を激しく動かしています。

寛子は腰を振りながら俺のズボンのジッパーを下ろし、俺のチンポと金玉を引き出し、チンポは口に咥え、片方の手は金玉を手のひらで撫で回します。
寛子はもう周りのことは何もわからないくらい興奮しています。
チンポはジュポ、ジュポと音をさせて出し入れをし、舌で裏筋を擦ります。
さすが人妻のテクニックです。
俺は寛子のオマンコに指を入れているのもすっかり忘れていましたが、寛子はいやらしく卑猥に腰を動かしています。

俺はついに寛子のテクニックに負けてしまい、1週間ぐらい抜いていない濃い黄色味の帯びた精子を寛子の口の奥で出しました。
寛子はおいしそうに喉を鳴らして飲んでいます。
寛子は俺の顔を見てニコニコしていました。
まだぴくぴくしている俺のチンポをお掃除してくれています。

今度は寛子のオマンコをM字開脚させ、アナルからクリまで舐めあげてやります。
何度も何度も繰り返してやるとオマンコはぐちょぐちょいつでも準備OKでしたが、俺は突っ込んでやらず舐め続けました。
寛子は「もう入れ」てと叫んで腰をいやらしく振ります。

体勢を入れ替え、正面座位の格好で始めました。
寛子は腰を上下に振り、俺は寛子の尻を持ちぐるぐる廻してやりますと「だめ、だめ、だめ、イク、イク、イク」と言って俺に倒れこんでイキました。
しばらくそのまま突っ込んだままいました。
寛子は失神状態になっているので、俺が後始末をしてやりました。
寛子のオマンコはまだパクパクしています。

15分ほどしてから気が戻ったようで、寛子は恥ずかしそうな顔をして下を向いて「また逢ってくれますか」と俺の肩にもたれかかってきました。
すばらしい女であるのになぜ浮気をするのか俺にはわかりませんが、「また、逢おう」と約束をして熱いキスを交わしました。