彼女は淫乱だったのかも知れない

この体験談は約 2 分で読めます。

近くに住んでる、一人娘がいる。

両親が早くなくなり、祖父母に育てられていて、少しわがままなところはあるけど、まあ普通の女。
年齢差もあまりなかったので、仲の良い友達関係だった。

その女に片思いの人が居るらしく、話すときには必ず、その人の名前が出てきてました。
お互いに話し相手として、色々話していました。
或る夜、散歩しながら河川敷に行き、寝転んで話していましたが、横に居る彼女の手を握ってみると、じっとしている。
引き寄せて見ると、抱きついてきた。

何か理性が吹き飛んでしまった。
キスをして上になり、パンツに手を掛けて、中に手を滑り込ませてみる。
じっとして動かない、抵抗もしない。
俺は益々興奮して、パンツを引き下げて、脱がしてしまった。

股の間に割り込むように身体を入れて、自分も急いで下半身を出して、割れ目に沿ってあてがいました。
パイパンとまでは行かないけど、毛の少ない方で、亀頭を入り口に添える事ができ、そのまま沈めると濡れている膣に、簡単に入った。
痛がらなかった。
もう処女ではなかったのだ。
それでも締まりはよく、あまり動く暇もなく、中にイッてしまった。
何事もなかったように、家に帰った。

その夜、私の部屋の階段に人の気配がするので、見ると彼女が来ている。
どうしたのだと聞くと、さっきはあまり良くなかったので、いっぱい奥まで入れてしたいと言う。
早速ベッドに誘い、今度はゆっくりはじめた。
ビショビショに濡れ、喜んで真剣に抱きついてくる。

そんな事があってからは、私の部屋に彼女がやってきて・・・。
精液が溜まると感じることは殆どなかった。
毎晩のようにやっていた。

彼女の方から誘う方が多く、時には一回やっても離さず、続けて二回戦という事も度々だった。
本当に彼女は好きなほう(淫乱)だったのかも知れない。
お陰で若い時に、あまりマスは掻かなかった。
全て彼女の子宮の中だった。
お陰で二回ほど堕胎しました。

今も時折彼女に会うけど、顔を見合わせてニヤリとするだけです。
いい思い出です。

タイトルとURLをコピーしました