メル友のり子との思い出

この体験談は約 3 分で読めます。

のり子と知り合ったのは、かれこれ3年前。

某出会い系サイトで、もうすぐ結婚の掲示板に『来月から埼玉⇒山梨へ嫁ぎに行きます。仕事を辞めたので、しばらくは暇になりなりますので、メールだけで話しませんか?』に惹かれて、メールを入れてみました。

自分もメールだけのつもりでしたので、旦那との出会いとか、世間話をしていました。
彼女の自宅は自分の職場から1キロだったのですが、会うことは出来ませんでした。

1ヶ月後、無事山梨に引越しました。
メールは少なくなっていたけど、引越ししてからでも一日に1回ぐらいはメールしていました。

2ヶ月過ぎたある日、突然、『明日実家に帰りますが。夜は忙しいですか?』ってメールが来ました。

『空いてるよ』ってすぐ返事したら。

『この前話してたワインクーラーの美味しいお店に行きませんか?』って誘い。

即OKですと返事しました。

待ち合わせは19時に大宮駅、豆の木前。
しかし・・・待てども、来ない!
メールや電話をしても返事が来ない!

(そろそろ、帰ろう・・)と思ったら、のり子から電話が来ました!

『前の職場に挨拶に行ったら、つかまってしまった』とのこと。

待つこと30分、汗びっしょりののり子と初対面!!!
ヤイコに似た可愛い子でした。

早速、お店に行って、イタリアンとカクテルを飲みながら、お互いの感想とか、緊張した話をしていました。
翌日彼女は両親と旅行だったので、ほろ酔いだったけど「車で送ろうか?」って言ったら、「うん♪」との事で、手を繋いで車まで行きました。

車に乗った瞬間、なぜかお互いの顔が接近して、キスをしてしまった!
拒まれると思ったら、のり子からもねっとりしたキスが返ってきました。

「なんだかしたくなるよ・・・」

そう言ったら・・・。

「今日は、ダメな日なのもうすぐ終わると思うけど、イヤでしょ?」ってのり子に言われて・・・。

「気にしないよ♪」と即答。

「うん♪じゃ、行こう」って、のり子もノリノリ♪

のり子は自分より8つも下だったので、緊張とアルコールで最初は立たなかったけど、彼女が喜んでパックリと咥えてくれたからビンビンです!
彼女も欲しかったのか、騎乗位で生で腰を沈めてきました。

物凄くきつかったから「キツイ♪」って言ったら、「本当に?♪」って喜んでました。

彼女曰く、いつも腹筋しているそうです。
素晴らしいウェストでした☆

何分経ったのか憶えていません。
お互い汗びっしょりになって、最後は中に大量に出しました!
今までにない長い射精でした・・・。

逆流すると思っていたら、何も出てきません!
なぜ(?_?)

そのあと一緒にお風呂に入り、二回戦へ・・・。

「もう立たないんじゃないの?」ってのり子が聞いてきた時には、既にビンビンでした。

「どうも、のり子が欲しいみたいだよ♪」

そう言ったら、嬉しいそうな顔で頬張ってきました(^^♪
最高です!!!
もう死んでもいいと思った(笑)

彼女の携帯はガンガン鳴っていたけど、お構いなしにお互いに燃えました!
二回目も彼女の奥に2度目の中出し!!!
幸せです(^.^)

この時も逆流してきませんでした!
なぜ???(?_?)

余暇に浸っていたら、またまた携帯が。
母親からでした。

「旅行なんだから早く帰ってきなさい」とのこと。

それ以外に旦那さんからも、何回も入ってたみたい。
のり子が旦那さんと電話してるときに、もちろんいたずらしてあげました。
シャワーも浴びずに、急いで実家の近くまで送りました。

長いディープキスの後、彼女は淋しそうな顔をしていました。
その時は気にしてなかったけど、翌日からは彼女からメールは来ることがありませんでした。
なんだったんだろう?と、キツネに摘まれたような感じでした。
あんないい思いをしたのは夢だったのかと思うぐらいでした。

生理って言ってたのに、血は出てなかったな・・・??
真相はなんだったんだろう?
山梨に自分の子が出来てたり?

9月になるとのり子のことを思い出す、今日この頃です。

へたな文章ですみません・・・。
ありがとうございました。