先生のアパートで性教育

この体験談は約 6 分で読めます。

あれは、高2の夏のことでした・・・。

俺は生徒会の委員してた。
英語の先生が顧問してました。
先生と親しくなったんだ。
英語が苦手で、先生がみてくれるからアパートにいらっしゃいってことになったんだ。

その日は暑かったよ。
9時ごろアパートに着きました。
部屋、綺麗に片付いてた。
先生は、白のブラウスに薄茶のタイトスカート。

先生、168センチぐらいで大柄。
むっちりグラマーで美人。
おっぱい、お尻ものすごく大きい。
学生時代、バレーボールやってた。
年は、27、8だったかな。

午前中、2時間みっちり英語勉強しました。
先生、俺の横で丁寧に教えてくれたんだ。
顔がくっつきそうなくらい近くで。
先生の甘い匂いと大きな胸には参ったよ。

昼、そーめん作ってくれました。
具も多く、とてもおいしかった。
食後・・・。

「先生、聞いていい~」

「な~に?」

「おっぱい、サイズいくつ」

「えっ、やだ~・・・」

「教えてよ」

「みんなには内緒よ。98センチでブラはF75よ」

「ピンク色でしょ」

「そんなとこ、見てたのね~」

私の股間はびんびんです。

「先生、我慢できないよ~」

俺は、先生の豊かな胸に顔を埋めたんだ。
先生は、優しく頭を撫でてくれました。
そのときです。

ぴゅ、どくどくどく・・・。

パンツの中に、生温かいものが広がりました。

「どうしたの~?」

「いっちゃったみたい」

「えっ」

「お漏らししたみたい」

俺は、ズボンのベルトを緩めティッシュで拭こうとしました。

「どれどれ、わ~すごい。いっぱい出たのね!健康な証拠よ!拭いてあげるから、待ってなさい!」

先生は多めにティッシュを取り、パンツ、そしてブツを拭いてくれました。

「おちんちん、元気ね、随分大きいのね!ちょっと待って、コンビニ行ってくるわ~パンツLサイズよね」

先生は、俺のパンツとコンドームを買ってきました。

「はい、パンツ」

「すみません、ありがとうございます」

「少し、休もうか~」

2人は、冷たいお茶を飲みました。

「いらっしゃい~」

俺は、がむしゃらに先生に抱きついたよ。

「待ってね、お布団敷くから~」

先生は、敷布団を敷きました。

「焦っちゃ、だめよ~」

先生はキスをしてきました。
キスをされ、頭がボーっとなりました。
俺は、仰向けに寝ています。

「おっぱい、見てみる~」

「は、はい。お願いします」

「それじゃ、ブラウスのホック外してちょうだい」

上から順にホックを外します。
ピンクのデカブラが、顔をだしました。
カップに、白と赤の刺繍が施されているおしゃれなブラです。
大きな、乳房が窮屈そうです。

先生は、背中のホックを外し、ブラウスから肩をだしました。
そして肩ひもを外し、カップをぐいっと下ろした。
その瞬間、ボロンと見事なおっぱいが飛び出したんだ。

「おっぱい、すげ~・・・」

乳首はちっちゃめだけど、ピンクです。
乳輪は、大きめです。
俺のブツは一段と硬く、びんびんになりました。
先端から汁が出てるようです。

「さわっていいのよ~、優しくね」

俺は、両手でおっぱい全体を撫でました。
それから、乳首をぺろぺろ舐めたんだ。
先生の乳首、だんだん起ってきたよ。
そして、先生感じ始めたんだよ!

「あっ、あっ、あっ・・・」

先生、目がとろんとしてきたよ。

しばらくして、先生ブラウスとブラジャー脱いだんだ。
ぼろんとした、でっかいおっぱいすごかったよ。
血管が青く浮出てた。

「◯◯くんも、脱ごーか」

俺は、ベルトを緩め、ズボンとパンツを脱いだよ。
先生は、俺のブツを握ったんだ。

「ほんとに、おっきいわ~」

そして、ゆっくり皮を剥き始めたんだ。

「いてっ」

「あっ、ごめんね」

ピンク色の亀頭が頭を出したんだ。

「すごいわ~。◯◯くん、初めて~?」

「は、はい」

先生はコンドームを取り出しました。

「コンドーム、着けるわね!」

ゼリーがついてるようです。
ゆっくりと、根元まで丁寧に被せます。

「これで大丈夫よ」

先生は向こうを向き、スカートを脱ぎます。

次にショーツです。
ピンク色のショーツでした。
両端に手をかけ、ショーツも脱ぎついに丸裸になりました。
真っ白で、大きく骨盤の張ったみごとなお尻です。

(すげ~)

「そんなにジロジロ見ないでよ・・・」

そう言って手では収まりきらない胸を隠しながら僕の傍まで来ると、先生は唇を絡ませてきました。
そこには教室での先生はなく、いつも楽しそうに授業をする先生でもない、一人の魅力的な女性がいます。

永遠のような甘い短い一時を、僕は我慢できずに打ち壊してしまいました。
キスをしながら、先生の下がどうなってるのか確かめたくなったんです。
キスを中断することなく、目を閉じてる先生の茂みに触ろうと手を伸ばしました・・・。
その瞬間、先生は僕の手の上に自らの手を重ね、僕の指を自らの指で操り、自分の滔々たる粘液質の泉を弄んでいきます。

そうして、僕の唇から離れると、「あっ、あぁ~~~~。だめ・・・すごくいいの・・・」と言って、恍惚の表情を浮かべています。

蒲団に移動していた僕らは、自然にお互いのモノを弄り始めます。
ビデオでは見ていたけど、実際にやるとは思っていなかった僕としては戸惑いながらも一生懸命でした。
一方、先生は僕の拙い行為に時折よがり声を上げながらも、慣れた手つきで僕を悦楽の淵に追い詰めていきます。
先生の茂みは多くも少なくもなく、ちょうどいい量のヘアーが黒々と茂ってます。

「恥ずかしいわ~あんまりジロジロ見ないで~。もう、我慢できないわ」

先生の股間は、びちょびちょです。
奥から泉の如く愛液が流れ出ています。
先生は、今にも爆発しそうないきり起ったブツを握り、ゆっくり私に跨がりました。
そして、おまんこのとばくちに当てました。
ゆっくり、ゆっくりと腰を下ろして行きます。

「あ~、入るわ。すごく硬くて、大きいわ~」

ついに先生の奥深く、納まりました。

あの中は、ものすごく熱く、ぬるぬるです。
先生は静止したまま、まぶたを閉じ、感じてるようです。
それにしても見事な身体です。
今にも、こぼれ落ちそうな大きな乳房、そして発達したお尻。

先生は、ゆっくり上下に動き出しました。
大きな乳房が、ぶるんぶるん揺れだします。
ものすごい光景で、堪りません!
俺はもう我慢ができません。

「で、で、でる!」

ぴゅ、ぴゅ、ぴゅ、どく、どく、どく、どく・・・。

大量の精液が放出されてます。
先生は感じとったのか、動くのをやめてます。
先生と一つになってから数分です。

「でちゃったわね~」

「すみません、我慢できなくて」

「ううん、みんな最初はこうよ」

先生はティッシュを多めに取り、股間にあて、私から離れなれました。
先生の股間はおしっこしたようにびちょびちょでした。
先生は股間を拭ったあと、私のブツのコンドームを外してくれます。

「いっぱいでたわね~」

「は~」

そしてブツを拭いてくれました。
先生は冷蔵庫から清涼飲料を持って来てくれました。

「はい、どうぞ。少し、休も~」

「すみません」

「大丈夫、落ち着いた~」

「はい。おちんちん、痛いけど大丈夫です」

「皮、剥いたからよ。男は全部顔出さなくちゃね!でも、もう元気よ。まだ、できるでしょ」

「もちろんです。まだしたいです。えへへ・・・」

「そうよね~、今度は上になってみて!はい、コンドーム。自分でやってみなさい」

袋から出し、先生に言われる通り空気を入れないように被せます。

ところが、途中で止まってしまい根元まで被さりません。

「ちょっと、見せて~新しいの着けたほうが、いいみたい!」

先生は新しいコンドームを取り出し・・・。

「こういうのは、一気に被せるのよ」

先生の言う通り、根元まで一気に被さりました。
先生は仰向けになり、股を開き、膝を立てました。

「いらっしゃい~」

俺は肘で身体を支えます。
ブツを、どこに入れればいいかわかりません。
察した先生は、ブツに手をかけ、あそこの入り口に導きます。

「ゆっくりよ、ゆっくり。そうそう、その調子」

先端の部分が入りました。

「そうよ、あとは身体を任せてみなさい」

俺は、身体全体を先生に沈めました。

ズブズブズブ・・・。

「あ~ん、すごいわ~。奥深くまで入ってるわ~」

「ゆっくり、腰動かしてみて~」

俺は、言われるままにやってみた。

「そ、そ、そうよ。上手よ。あっ、あっ、あっ・・・」

どうやら、先生は感じてきてるようです。
先生、ものすごく感じてるようで、シーツにしがみついてます。

「いっ、いっ、いきそうよ!◯◯くん、いっしょにきて~。もっと激しく、もっと!いっ、いっ、いぐ~・・・」

先生は、白目を剥いていってしまいました。

クーラーが点いてますが、汗でぬたぬたです。
先生の額、おっぱいの谷間、ものすごく汗かいてます。
先生は、しばらく目を覚ましませんでした・・・。

「もう一回いいでしょ!」

「いいけど、ま~もうコンドームつけたのね~」

「自分で着けれた!先生、うつ伏せになってお尻突きだしてよ!」

「え~・・・。こうかしら」

先生は、うつ伏せになり、大きな尻を突き出しました。

「どうしたの?ちょうだい!」

「女の人の、ここ見るの初めてなので~」

私は先生のあそこを、開いてみました。

「すごい、きれいなピンク色だ」

先生のそこは、濡れて光ってます。

「肉厚なんですね」

「男の人の、おちんちんが1人1人違うように、女の人のそこもみんな違うのよ」

「へ~」

「そろそろ、ちょうだい!」

そんな感じでやりまくったのはいいが、妊娠させてしまい散々だった。
センセも辞めてっちゃったし・・・。

俺は鬼畜。